Loading

PHOTO-BLOG

黄昏時のレンソイス砂漠を包む、淡くシンプルな世界の色彩

色彩が変化するレンソイス砂漠

レンソイス砂漠に現れる青や緑の湖と白い砂丘、二つの鮮やかなコントラストはレンソイス砂漠の大きな魅力です。
そのコントラストが映える時間帯は、太陽が真上に位置する時間帯です。
太陽が傾き始めると、鮮やかなレンソイスの色彩は徐々に、〝淡い”美しさに変わっていきます。

世界を包む色はよりシンプルとなり、周囲は白だけに、あるいは淡い金一色に包まれるような瞬間があります。
情報過多な文明社会とは対極的で、究極ともいえるシンプルな色彩の世界に身を置いてみる、その時間帯もレンソイスならではの過ごし方となるでしょう。
朝と夕方の一瞬に訪れるかもしれない、レンソイスの神聖な時間帯です。

ブラジル:エリア紹介ページ

関連ページ

ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩く「縦走トレッキング」とは... レンソイス砂漠トレッキングの魅力 ブラジル・レンソイス砂漠の砂は、“水晶”の細かい粒でできている。 乾いている時には、その砂漠の表面は真っ白になり、順光の下では眩しいほどだ。 大西洋を目指すテント泊トレッキングでは、この砂漠を縦断する。または、オアシスのロッジを宿泊して、2~3泊で縦断...
レンソイス砂漠の湖沼群がたたえる無限の色彩美... 最大2万個ともいわれる湖は、全て色が異なる。なんてワクワクすることでしょう。 ブラジルのレンソイス砂漠に、乾季の初めに現れる湖の数です。 光線の角度や水位だけではなく、発生する藻の量によっても、色が異なってきます。そんな意味では、たとえ同じ湖であっても毎年・毎月で色が異なり変化を続けていると...
レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)... レンソイス砂漠に生きる先住民族 ブラジル・レンソイス砂漠のトレッキングでは、水からテントや食糧までの一切を馬が運ぶので、馬方の役目はことのほか重要です。彼らはオアシスに暮らす先住民で、レンソイス砂漠を知り尽くす砂漠の民だ。 寡黙な馬方はガイドとともに道案内も兼ねて、要所要所で私たちが追い...
水晶の白い砂漠レンソイス・トレッキング:オアシスの神聖な夜... レンソイス砂漠のオアシスで過ごす夜 ブラジル・レンソイスのオアシスで過ごす夜は、なんとも言えず心地が良い。 砂漠でありながら、地下には満々と水を湛えるレンソイスならではの夜です。 大西洋から吹いてくる風も、オアシスに入ってくると木々に遮られて、そよ風となります。 トレッキングで宿...
ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡... レンソイス砂漠をの古代の森の痕跡:マングローブの化石 レンソイスを縦断して大西洋へ 砂丘の高台から遠く望んでいた大西洋に歩いて到着するのは、なんとも感慨深いものです。 強風に荒れた大西洋の波が打ち付ける砂浜に沿い、近くの漁村へ向かいます。砂浜は潮の満ち引きで様相が全く異なるため、干潮の時間...
レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)... レンソイス砂漠の畔に群生する「世界一巨大なマングローブの木」 ブラジルのレンソイス砂漠の畔、汽水域に生息するマングローブは、樹高が約30mに達する世界一背の高いマングローブです。汽水域とは、海水と淡水の混ざる水域のことを言います。 樹上から水面に向けて、多くの支柱根と呼ばれる根を下げて、...

会報誌「ポコアポコ 第3号」:目次 (10/21発行)

ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)

関連記事

  1. 黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)

    2015.04.13
  2. レンソイス砂漠をトレッキングで歩く

    2014.08.04
  3. 個人旅行・添乗員ツアー:レンソイス旅行の手配(ブラジル)

    2017.06.26
  4. 白砂の砂漠を歩く、レンソイス縦断トレッキング

    2016.07.11
  5. 風紋と砂丘の幻想:白い水晶のレンソイス砂漠と風の贈り物

    2016.08.19
  6. レンソイス砂漠の2億年の歴史:海風が作る奇跡の絶景(ブラジル)

    2016.07.12
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP