Loading

PHOTO-BLOG

黄昏時のレンソイス砂漠を包む、淡くシンプルな世界の色彩

色彩が変化するレンソイス砂漠

レンソイス砂漠に現れる青や緑の湖と白い砂丘、二つの鮮やかなコントラストはレンソイス砂漠の大きな魅力です。
そのコントラストが映える時間帯は、太陽が真上に位置する時間帯です。
太陽が傾き始めると、鮮やかなレンソイスの色彩は徐々に、〝淡い”美しさに変わっていきます。

世界を包む色はよりシンプルとなり、周囲は白だけに、あるいは淡い金一色に包まれるような瞬間があります。
情報過多な文明社会とは対極的で、究極ともいえるシンプルな色彩の世界に身を置いてみる、その時間帯もレンソイスならではの過ごし方となるでしょう。
朝と夕方の一瞬に訪れるかもしれない、レンソイスの神聖な時間帯です。

ブラジル:エリア紹介ページ

関連ページ

貿易風と砂の造形「風紋」/ブラジル・レンソイス砂漠... レンソイス砂漠の砂丘と風紋 レンソイス砂漠の波打つ砂丘に相似するように現れる“風紋”は、時に息を呑むような美しさで迫ります。 特に美しいのが、朝や夕方の斜光線が射す時間帯です。 波打つ“風紋”が、斜光線により影とともに浮き立つように、視界に現れてきます。 何らかの偉大な規則性を感...
レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)... ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係性 レンソイスという巨大な砂漠を作り上げたのは、大西洋から吹き付ける貿易風です。 微細な砂を吹き上げ続けて、いったい何十万年が経ったのか 周辺の自然のリズムは、全て風に支配されています。カシューナッツやマングローブの林も、人の暮らしも、全てが風に大きく影響...
ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡... レンソイス砂漠をの古代の森の痕跡:マングローブの化石 レンソイスを縦断して大西洋へ 砂丘の高台から遠く望んでいた大西洋に歩いて到着するのは、なんとも感慨深いものです。 強風に荒れた大西洋の波が打ち付ける砂浜に沿い、近くの漁村へ向かいます。砂浜は潮の満ち引きで様相が全く異なるため、干潮の時間...
レンソイス砂漠トレッキング:異世界的な絶景が広がる... 一年に数ヶ月だけ現れるエメラルド色の湖は数百におよび、それらの湖と白砂の砂漠が織りなす景色には、「異景」という言葉がぴったりです。 地平線まで真っ白な砂漠はまるで雪原のようで、サングラスが無ければ“雪焼け”ならぬ“砂焼け”してしまうような場所です。 風の音以外に何も聞こえない砂漠を歩き、湖畔...
レンソイス砂漠の冷却:地下に貯まる膨大な水とは(ブラジル)... レンソイス砂漠の膨大な地下水 レンソイス砂漠は、他の砂漠に比べると、歩きやすい砂地です。 石英の細かく砕かれた真っ白い砂漠の地中には、水が深くしみこんでいます。そのために、砂地は割と固いからです。 地下には、雨季に貯めこまれた膨大な地下水が眠っています。この水が染み出すのが、乾季の初め...
白い砂漠の夕景:レンソイス縦断トレッキング(ブラジル)... レンソイス砂漠で迎える夕日 レンソイスで過ごす時間の中で、最も穏やかな時間帯は夕方です。 陽の高い時間は日差しがかなり強いのですが、陽が傾くと気温も適度に下がり過ごしやすくなります。 大きな空と白い砂丘だけが広がる徹底的に“何も無い世界”で、夕陽を迎える 風音以外には無音の静...

会報誌「ポコアポコ 第3号」:目次 (10/21発行)

ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

    2016.07.20
  2. レンソイス縦走トレッキング:2015年のベストシーズンとは

    2014.12.19
  3. 個人旅行・添乗員ツアー:レンソイス旅行の手配(ブラジル)

    2017.06.26
  4. 水晶の白い砂漠レンソイス・トレッキング:オアシスの神聖な夜

    2017.01.07
  5. ブラジル・レンソイス縦断トレッキングの魅力

    2019.01.12
  6. レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”

    2015.03.26
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP