Loading

風景写真家・松井章のブログ

黄昏時のレンソイス砂漠を包む、淡くシンプルな世界の色彩

色彩が変化するレンソイス砂漠

レンソイス砂漠に現れる青や緑の湖と白い砂丘、二つの鮮やかなコントラストはレンソイス砂漠の大きな魅力です。
そのコントラストが映える時間帯は、太陽が真上に位置する時間帯です。
太陽が傾き始めると、鮮やかなレンソイスの色彩は徐々に、〝淡い”美しさに変わっていきます。

世界を包む色はよりシンプルとなり、周囲は白だけに、あるいは淡い金一色に包まれるような瞬間があります。
情報過多な文明社会とは対極的で、究極ともいえるシンプルな色彩の世界に身を置いてみる、その時間帯もレンソイスならではの過ごし方となるでしょう。
朝と夕方の一瞬に訪れるかもしれない、レンソイスの神聖な時間帯です。

ブラジル:エリア紹介ページ

会報誌「ポコアポコ 第3号」:目次 (10/21発行)

ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)

関連記事

  1. 水晶のレンソイス砂漠:世界が白く染まる

    2023.12.26
  2. レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)

    2016.09.23
  3. 写真展(12/20~25)開催中です!

    2022.12.21
  4. 夕日に染まるレンソイス砂漠(ブラジル)

    2024.01.13
  5. アートフォト・ギャラリー「1x」選出作品/東京の夕日

    2023.05.12
  6. レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)

    2015.04.12
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP