Loading

PHOTO-BLOG

3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡

1.jpg

広大なレンソイス砂漠で人と出会う奇跡

ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩いていて、一度だけ人とすれ違った。
それは宇宙で星を見つけるように小さな奇跡のような可能性だ。

遠く彼方から、トボトボと歩く人影が見える
砂漠を歩く日々で、最初で最後のすれ違いであった。
オアシスに住む彼は、魚を釣りに昨日から大西洋に出ていたが釣果はなかったそうで、困った顔で肩をすくめながら砂漠に去って行った。
耳と目をじっと澄ませば、砂漠の真ん中でも命の気配はかすかに感じるもので、砂丘の向うにヤギが歩いている。
徐々に砂丘の凹凸はなくなり、景色は平らになっていく。
その分、空はさらに広くなり、大西洋の潮騒がゴォゴォと聞こえてくる。
2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

3.jpg
4.jpg

関連ページ

レンソイス砂漠の湖沼群がたたえる無限の色彩美... 最大2万個ともいわれる湖は、全て色が異なる。なんてワクワクすることでしょう。 ブラジルのレンソイス砂漠に、乾季の初めに現れる湖の数です。 光線の角度や水位だけではなく、発生する藻の量によっても、色が異なってきます。そんな意味では、たとえ同じ湖であっても毎年・毎月で色が異なり変化を続けていると...
レンソイス砂漠の造形美:極小の風紋と極大の砂丘(ブラジル)... 晴れた昼間のブラジル・レンソイス砂漠には、真っ白な純白の砂丘が広がります。白い砂は石英です。高さ20メートル前後の砂丘が延々と波打つように連なり、レンソイスの語源の通り、風に揺れる巨大な“シーツ”をイメージさせます。 乾季の砂漠とはいえ、時には雨が少し降ったりします。雨が染み込むと、真っ白...
水晶の砂粒:ブラジル・レンソイス砂漠の白砂の秘密... アマゾンから運ばれた水晶とレンソイス砂漠 レンソイスの白砂は、純度の高い石英、「水晶」です。 この砂の出所は、レンソイス砂漠から100キロほど南のパルナイーバ川です。 上流から流されてきた土砂の中に、石英が含まれています。 土砂は数万年の年月をかけて波にもまれながら、まるく削られて石英だ...
レンソイス砂漠とオアシスの緑:一進一退の攻防(ブラジル)... レンソイス砂漠に翻弄されるオアシスの森 ブラジル・レンソイス砂漠をぐるりと囲む緑の帯は、南米原産のカシューナッツの森です。 大西洋から吹き付ける風は、石英の砂を内陸へ飛ばし、カシューナッツの森と、常に一進一退のせめぎ合いを繰り返します。 時には数ヶ月で一軒の家を埋めてしまうほどの砂が押し寄...
レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)... 水晶の白い砂漠に湧き上がる入道雲 レンソイス砂漠で大きなもうひとつの存在は、入道雲でしょう。 地平線にとてつもなく巨大な雲がもくもくと迫ることはよくあります。 “砂漠”に“雲”を連想させることは難しいのですが、水分が豊富なレンソイスは大気も割と湿っているのです。 “水”と“砂漠”とい...
貿易風とアマゾンが作る奇跡の絶景:レンソイス砂漠... 水晶の白い砂漠「レンソイス」の成り立ち 白いキャンバスに翡翠を散りばめたような世界。 巨大な砂漠をキャンバスに、湖を翡翠に例えたとしたら、それは荒唐無稽な景色だろうか レンソイス砂漠は水晶の粒で成り立つ白い砂漠だ。その地下に膨大な水を蓄える雨期明けの数ヶ月、砂漠から滲み出た水が、砂漠に...

ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡

レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  2. 《動画》ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」

    2017.12.04
  3. 白い砂漠の夕景:レンソイス縦断トレッキング(ブラジル)

    2016.07.15
  4. ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

    2017.06.10
  5. 奇跡の絶景:水晶の白砂漠レンソイスを歩く

    2018.11.19
  6. 本当は平和なリオデジャネイロの過ごし方(ブラジル)

    2017.08.04
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP