Loading

風景写真家・松井章のブログ

「ホアキン・イバルス展」開催/インスティトゥト・セルバンテス

ホアキン・イバルス展「UNO X MIL (1×1000 )」

昨日はインスティトゥト・セルバンテスにて、ホアキン・イバルス展「UNO X MIL (1×1000 )」のオープニングにご招待いただきました。

ホアキン・イバルスは、スペインのマラガで活動する芸術家です。ピカソ財団による第9回ピカソ大賞を受賞したほかに、アンダルシア自治政府からの芸術作品賞を受賞しています。

それだけに、とても難解なアートは脳裏に焼き付く強烈な印象を伴うと思います。

オープニングでは、同氏によるパフォーマンス『赤絨毯の上の虚構』が演じられました。

「ホアキン・イバルス展」は、スペイン大使館の「MIL X UNO(1000 x 1)」とともに、同時開催中です。

ホアキン・イバルス展 『UNO X MIL (1×1000 ) 』/インスティトゥト・セルバンテス

・会期:2024年2月28日(水)18:30~3月28日(木)
・会場:インスティトゥト・セルバンテス東京
・詳細は下記ホームページをご覧ください。
 → https://unoxmil.peatix.com/

ホアキン・イバルス展『MIL X UNO(1000 x 1)』/スペイン大使館

・会期:2024年2月19日(月)- 3月4日(月)
・会場:スペイン大使館
・詳細は下記ホームページをご覧ください。
 → https://unoxmil.peatix.com/

インスティトゥト・セルバンテス東京

「インスティトゥト・セルバンテス東京」は、スペイン語とスペイン語圏文化の普及を目的に設立された、スペイン政府による公的な文化施設です。
スペイン語に興味のある方にお勧めです。

インスティトゥト・セルバンテス東京→ https://tokio.cervantes.es/jp/

パタゴニアのレンズ雲と夕焼け

ワタリアホウドリ:南極ドレーク海峡を彷徨う巨鳥

関連記事

  1. 黎明の富士山を大岳山から望む:東京・御岳

    2019.01.06
  2. インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く

    2017.12.19
  3. アンデス山脈のシンボル:巨鳥コンドルの生態

    2019.12.18
  4. 「南極大陸」氷の国に躍動する生命①:ジェンツーペンギン

    2020.06.12
  5. スペイン・ピレネー山脈:激動の歴史の原点

    2018.09.28
  6. パタゴニア・南極ブナの原生林:名峰フィッツロイがもたらす輪廻転生

    2020.01.21
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP