Loading

PHOTO-BLOG

【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング

パイネ国立公園の名ルート「Wトレック」

アルゼンチンとチリの両国にまたがる“風の大地 パタゴニア”地方で、アルゼンチン側ではフィッツロイ山麓。チリ側ではパイネ国立公園が最も展望の優れた名所です。このパイネ国立公園の小屋泊の縦走トレッキングの名ルート“Wトレッキング”を写真と動画を織り交ぜてビデオにしました。

このトレッキング・ルートは、パイネ国立公園の多様な風景をすべて望めることから人気があります。パイネ山群の名峰、グランデ、クエルノ、トーレス・デル・パイネの3座を様々な角度から望みます。トレッキング初めは、まずパイネ山群の全景を望み、それから山塊の懐深く入っていきます。見上げるほどに迫力の山群は、絶え間なく山容を変化させていきます。朝日・夕日・星空をも楽しみながら、最後は3本の岩塔で有名なトーレス・デル・パイネの直下、いわばパイネ山群の核心部へと辿り着きます。

下記、You Tubeでご覧いただけます。

◎パイネ国立公園

パタゴニア関連ページ

◎【動画】名峰フィッツロイ(エル・チャルテン村)

◎【動画】パタゴニア南部氷原・フィッツロイ1周トレッキング

関連ページ

パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて... 嵐が訪れると、フィッツロイの天候はそう簡単には変わらない。 フィッツロイもセロトーレも厚い雲に覆われて、姿を現す気配は全くないのだ。 山麓は強風で歩けないほどになり、這う這うの体でチャルテンに撤退することもある。 チャルテン近くの森に入ると、風は、“突然”、というように止む。 強風が吹き...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...
パイネ国立公園でグアナコを撮影するために... グアナコを撮影するには、パイネ国立公園が最も適した場所と言えるでしょう。 グアナコは、南米に生息する4種のラクダ科の一つです。 有名なラクダといえば、リャマ、アルパカ、そしてビクーニャです。これらの3種類は、標高約3,500m以上の高地アンデス山脈に生息しています。グアナコも含めた4種類には...
パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む... パタゴニアで見るべき景色をいくつか挙げるとしたら、名峰フィッツロイの朝日が一番となるだろうか ペリトモレノ氷河の大氷壁や大草原パンパ、そしてパタゴニア独特の雲「レンズ雲」も見るべき景色だが、フィッツロイ峰の朝日は次元が違う美しさだからだ パタゴニアの名峰フィッツロイとは パタゴ...
パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...

「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

関連記事

  1. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  2. フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

    2015.05.28
  3. セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤

    2014.09.25
  4. パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

    2014.03.27
  5. 紅葉とフィッツロイを撮影する(パタゴニア)

    2016.02.05
  6. パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」

    2015.08.21
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP