Loading

PHOTO-BLOG

【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング

パイネ国立公園の名ルート「Wトレック」

アルゼンチンとチリの両国にまたがる“風の大地 パタゴニア”地方で、アルゼンチン側ではフィッツロイ山麓。チリ側ではパイネ国立公園が最も展望の優れた名所です。このパイネ国立公園の小屋泊の縦走トレッキングの名ルート“Wトレッキング”を写真と動画を織り交ぜてビデオにしました。

このトレッキング・ルートは、パイネ国立公園の多様な風景をすべて望めることから人気があります。パイネ山群の名峰、グランデ、クエルノ、トーレス・デル・パイネの3座を様々な角度から望みます。トレッキング初めは、まずパイネ山群の全景を望み、それから山塊の懐深く入っていきます。見上げるほどに迫力の山群は、絶え間なく山容を変化させていきます。朝日・夕日・星空をも楽しみながら、最後は3本の岩塔で有名なトーレス・デル・パイネの直下、いわばパイネ山群の核心部へと辿り着きます。

下記、You Tubeでご覧いただけます。

◎パイネ国立公園

パタゴニア関連ページ

◎【動画】名峰フィッツロイ(エル・チャルテン村)

◎【動画】パタゴニア南部氷原・フィッツロイ1周トレッキング

関連ページ

フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品... 国際写真コンテスト「International Photographer of the year 2017」にて、弊社・松井の2作品が入選しました。 パタゴニアでは、フィッツロイ峰と星の軌跡、南極では圧倒的な迫力の氷河をテーマにしています。 ●パタゴニア:Star Trail in Pa...
パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁... パイネ・グランデ南面 パタゴニアを代表する山岳展望といえば、チリ側では「パイネ国立公園」です。 パイネ山群の名だたる秀峰の中でも、最も有名なのはクエルノとグランデ、トーレス・デル・パイネです。この前者2つの巨大な山容は、見る角度により全く形が異なり、それぞれの魅力があります。 それらの角度...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...
パイネ国立公園でグアナコを撮影するために... グアナコを撮影するには、パイネ国立公園が最も適した場所と言えるでしょう。 グアナコは、南米に生息する4種のラクダ科の一つです。 有名なラクダといえば、リャマ、アルパカ、そしてビクーニャです。これらの3種類は、標高約3,500m以上の高地アンデス山脈に生息しています。グアナコも含めた4種類には...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...

「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

関連記事

  1. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  2. パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄

    2017.07.10
  3. パタゴニアのダム建設計画が着工延期:チリ

    2014.02.09
  4. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  5. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
  6. パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>

    2017.04.26
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP