Loading

風景写真家・松井章のブログ

西表島:マングローブ林の豊かな生態系

原始の熱帯雨林に覆われる西表島

沖縄県の琉球列島で、最も原始の自然が残る西表島では、山と森がシンボルと言えるでしょう。
その他の島々とは異なり、島には山が連なることで雲が発生しやすい地形です。雲がもたらす膨大な降水量は豊かな森を養いました。そして島をぐるりと囲むように、海水と淡水が交わる汽水域には、マングローブ林が広がります。

西表島には日本に生息するマングローブの7種類の全てを見ることができます。日本全体のマングローブ林の面積の約3割が西表島にあります。
マングローブ林は海外線の浸食作用を防止するだけではなく、水質を浄化する機能も持っています。周囲に透明度の高い海と大きなサンゴ礁があることも、西表島の熱帯雨林やマングローブ林と大きく関係しているのです。

また、西表島が急峻な山に覆われているので、雨が降れば一気に川へと流れますが、マングローブ林という緩衝地帯で泥が堰き止められることで、サンゴ礁の海を濁すことなく透明に保っています。

サキシマスオウノキの板根


このマングローブ林において、内陸側に生息するのが、板状の根(板根)が特徴のサキシマスオウノキです。

=

マングローブとは


マングローブとは、亜熱帯地域の汽水域の干潟に形成される植物群落の総称です。世界中に分布していて、70~100種ほどに分かれますが、大半がヒルギ科、クマツヅラ科、ハマザクロ科に3科に分類されます。
マングローブの特徴といえば、干潟の不安定な地面に無数の根を張ることです。

幹からタコの足状に伸びる根は「支柱根」と呼ばれます。また、地を這う根は満潮時には水中に没することから、タケノコのように水上に垂直に値を出して呼吸するための「呼吸根」という根もあります。

マングローブ林は陸上の森と同じく、様々な生物の生息環境となっています。カニやエビの甲殻類や貝類、魚類で言えばハゼやウナギ、そしてそれらの生物を捕食するサギなどの鳥類も集まります。森林と海という2つの異なる環境の緩衝地帯として重要な役目を担う“命のゆりかご”です。

近年では世界中のマングローブが破壊されています。マングローブの木は木炭の材料となり、干潟はエビの養殖場に最適なことから、伐採が進んでいるのです。

フォトギャラリー:日本

パタゴニアの伝説的な探検家 デ・アゴスティーニ神父①

ボリビアの万霊節(死者の日):アンデス文化とカトリックの融合

関連記事

  1. キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

    2018.03.10
  2. 写真展:南米大陸の幻想風景/松井章写真展 ~The Dynamic Earth:…

    2021.04.03
  3. 【日本の絶景】上高地から望む穂高連峰と豊かな森

    2021.06.05
  4. 本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲

    2017.09.06
  5. 【日本の風景写真】「富士山」から辿る日本人の原風景の変遷

    2020.04.13
  6. アルゼンチンで最も愛される女性「エビータ」

    2019.04.13
パタゴニア
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP