Loading

PHOTO-BLOG

南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

ヒマラヤ並みの迫力の山岳展望:ブランカ山群

ペルー・アンデス山脈のワラスは、5000~6000m峰に囲まれた“南米のスイス”と呼ばれる風光明媚な町です。町のすぐそばには、ペルー最高峰ワスカラン(6768m)が聳えます。
このブランカ山群は主峰ワスカランを始め、6000m峰が約40座、5000m峰が約500座、南北200㎞の山群に集まる広大な山群で、南米で最も氷雪峰が集中するエリアです。その奥深さと迫力は、ヒマラヤに匹敵する規模です。

旅の目的:日帰りハイキング、テント泊縦走トレッキング、山岳写真撮影

ブランカ山群の特徴は、道路網が発達していることでしょう。約5000mの峠まで車道がいくつも通ることから、日帰りハイキングや山岳写真撮影を希望であれば、車道での移動を駆使して、抜群の山岳展望の展望台にアプローチできます。
また、トレッキング前日には、日帰りハイキングをすることで、高所順応もスムーズに行えます。

ブランカ山群の核心部を歩く縦走トレッキング

大展望のヤンガヌコ谷を車で抜けて、テント泊トレッキングでサンタクルス谷を歩きます。ブランカ山群の核心部とも言えるサンタクルス谷を望むには、テント泊トレッキングで歩く必要があります。
トレイル入口へ向かう専用車での移動ではでは、ヤンガヌコ谷を抜けて、ワスカラン、チョピカルキ、チャクララフ、キタラフ、ワンドイなどの名峰を望みます。そして、トレッキングではピラミデ、タウリラフ、キタラフ、アルパマヨ、サンタクルスなどを望みます。前後左右を氷雪峰で囲まれるような大展望のトレッキングです。

快適なキャンプをサポートするトレッキング・システム

トレッキングでは、ベテランの現地山岳ガイドが同行します。また、専属コックは美味しいペルー料理を振舞ってくれるでしょう。レストランでの修行経験のある本格的なコックが同行するので、食事も楽しみとなります。
そして、キャンプ装備の全てを運ぶ荷役のロバ(またはリャマ)を管理する馬方も同行して、快適なキャンプ運営をします。

効率の良い高所順応日

アンディーナトラベルの山岳トレッキングでは、高所順応に最適なプログラムを用意しています。基本的な高山病予防の注意事項を守ることで、快適なトレッキングができるようにサポートします。
下記のモデルプランは最短期間のトレッキングです。通常では、このトレッキングの前日に1・2日間を高所順応日として、日帰りハイキングにお連れしています。日帰りハイキングでも名峰を望む大展望台にご案内します。

モデルプラン:3泊4日テント泊トレッキング

トレッキング1日目:
専用車でヤンガヌコ峠へ。最高峰ワスカラン(6768m)を始め、ワンドイ(6395m)、チョピカルキ(6354m)、ピスコ(5752m)、チャクララフ(6112m)を望みながら、4900mの峠を越えて、トレッキング入口・バケリア(3700m)へ。
地元ケチュア族の生活風景を見ながら、トレッキング・スタートします。
キャンプ:パリア谷(3800m)、徒歩約4時間・歩行距離約8km

トレッキング2日目:
インカ以前の時代の古道を歩き、ウニオン峠(4750m)へ。峠から、雄大な山容のタウリラフ(5830m)と美しい氷河湖を望むトレッキングのハイライトと言える絶景です。
キャンプ:タウリパンパ(4100m)、徒歩約8時間、歩行距離約7km

トレッキング3日目:
世界で最も美しいともいわれるアルパマヨ(5947m)やキタラフを望みながら、見事な氷河谷であるサンタクルス谷を歩きます。
キャンプ:ヤマコラル(3600m)、徒歩約5時間・歩行距離約9km

トレッキング4日目:
谷をさらに下り、小さな村カシャパンパ村でトレッキング終了です。トレッキング・スタッフともお別れをして、専用車でワラスへ。

関連ページ:ブランカ山群

関連ページ

ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック... 世界的に注目される発展を遂げた“ペルー料理”を、アウトドアでも味わいたい ワスカラン展望の後は、高山病の影響を低くするために、早々に標高の低いウルタ谷に下りた ルピナスの花畑の中に、テーブルを広げて、専属コックによる昼食だ 人数が少なければ少ないほどに、コックも調理に手をかけることがで...
ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する... ペルー・ブランカ山群の魅力は、ヒマラヤ並の山岳展望が望めることに加えて、人々の生活風景を撮影できることも魅力です。 アンデスの山麓の村々では、民族衣装を着た人々が今も街を行き交います。 写真を撮られることに慣れない人々ですので、笑顔を撮るチャンスを作るには、 少し長めの日程を取り...
山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力... ヒマラヤに匹敵する迫力の山岳展望 ペルー・アンデスで最も山岳展望が美しい地域が、ワラスを基点としたブランカ山群とワイワッシュ山群です。 林立する6000m峰の峰々の雪壁に付くアンデス襞の美しさなど、ヒマラヤに匹敵する山岳展望です。 車道が発達するブランカ山群では、専用車をフルに利用...
ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)... カラフルな先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアの先住民ケチュア族とアイマラ族の民族衣装は、とてもカラフルだ。 村ごとにデザインは異なるので、アンデスを旅していると色とりどりの衣装に身を包む人々を目にすることになる。 ペルー・ブランカ山群は、山の氷河がもたらす“水”という恵みのおかげで...
ワスカランとワンドイを望む、ユンガイ村の展望台... 今年のアンデス山脈は全般的に、乾季の始まりが遅れていた 例年では5月には乾季が始まり、すっきり晴れていることが多いのだが 6月にさしかかる頃も、ブランカ山群には雨季の厚い雲が多かった 時に雲は山を覆ってしまい山中では雨をもたらすが、夕陽が当れば美しく染め上がることもある 夕方、ユンガイ村...
【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏... 乾季アンデスの収穫祭 ペルーのアンデス山脈は5月から乾季を迎える。赤道から少し南に位置するために季節は日本と真逆で、秋に当たるこの季節は、アンデス各地でお祭りが催される。5月から6月の冬至にかけて、農作物の収穫を大地の神様・パチャママに感謝するための祝祭だ。年に一度の祭りを祝うために、ペルー先...

「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力

パタゴニア

関連記事

  1. 「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

    2017.11.04
  2. ペルー・インカの都クスコを一望する城塞:サクサイワマン遺跡

    2018.03.25
  3. アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色

    2015.08.08
  4. 南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜

    2016.06.20
  5. ペルー・ブランカ山群:グランピングの快適な宿泊設備

    2016.06.19
  6. 《ペルー・アンデス》ブランカ山群の名峰ワンツァンの大氷壁

    2016.10.28
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP