Loading

PHOTO-BLOG

南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

ヒマラヤ並みの迫力の山岳展望:ブランカ山群

ペルー・アンデス山脈のワラスは、5000~6000m峰に囲まれた“南米のスイス”と呼ばれる風光明媚な町です。町のすぐそばには、ペルー最高峰ワスカラン(6768m)が聳えます。
このブランカ山群は主峰ワスカランを始め、6000m峰が約40座、5000m峰が約500座、南北200㎞の山群に集まる広大な山群で、南米で最も氷雪峰が集中するエリアです。その奥深さと迫力は、ヒマラヤに匹敵する規模です。

旅の目的:日帰りハイキング、テント泊縦走トレッキング、山岳写真撮影

ブランカ山群の特徴は、道路網が発達していることでしょう。約5000mの峠まで車道がいくつも通ることから、日帰りハイキングや山岳写真撮影を希望であれば、車道での移動を駆使して、抜群の山岳展望の展望台にアプローチできます。
また、トレッキング前日には、日帰りハイキングをすることで、高所順応もスムーズに行えます。

ブランカ山群の核心部を歩く縦走トレッキング

大展望のヤンガヌコ谷を車で抜けて、テント泊トレッキングでサンタクルス谷を歩きます。ブランカ山群の核心部とも言えるサンタクルス谷を望むには、テント泊トレッキングで歩く必要があります。
トレイル入口へ向かう専用車での移動ではでは、ヤンガヌコ谷を抜けて、ワスカラン、チョピカルキ、チャクララフ、キタラフ、ワンドイなどの名峰を望みます。そして、トレッキングではピラミデ、タウリラフ、キタラフ、アルパマヨ、サンタクルスなどを望みます。前後左右を氷雪峰で囲まれるような大展望のトレッキングです。

快適なキャンプをサポートするトレッキング・システム

トレッキングでは、ベテランの現地山岳ガイドが同行します。また、専属コックは美味しいペルー料理を振舞ってくれるでしょう。レストランでの修行経験のある本格的なコックが同行するので、食事も楽しみとなります。
そして、キャンプ装備の全てを運ぶ荷役のロバ(またはリャマ)を管理する馬方も同行して、快適なキャンプ運営をします。

効率の良い高所順応日

アンディーナトラベルの山岳トレッキングでは、高所順応に最適なプログラムを用意しています。基本的な高山病予防の注意事項を守ることで、快適なトレッキングができるようにサポートします。
下記のモデルプランは最短期間のトレッキングです。通常では、このトレッキングの前日に1・2日間を高所順応日として、日帰りハイキングにお連れしています。日帰りハイキングでも名峰を望む大展望台にご案内します。

モデルプラン:3泊4日テント泊トレッキング

トレッキング1日目:
専用車でヤンガヌコ峠へ。最高峰ワスカラン(6768m)を始め、ワンドイ(6395m)、チョピカルキ(6354m)、ピスコ(5752m)、チャクララフ(6112m)を望みながら、4900mの峠を越えて、トレッキング入口・バケリア(3700m)へ。
地元ケチュア族の生活風景を見ながら、トレッキング・スタートします。
キャンプ:パリア谷(3800m)、徒歩約4時間・歩行距離約8km

トレッキング2日目:
インカ以前の時代の古道を歩き、ウニオン峠(4750m)へ。峠から、雄大な山容のタウリラフ(5830m)と美しい氷河湖を望むトレッキングのハイライトと言える絶景です。
キャンプ:タウリパンパ(4100m)、徒歩約8時間、歩行距離約7km

トレッキング3日目:
世界で最も美しいともいわれるアルパマヨ(5947m)やキタラフを望みながら、見事な氷河谷であるサンタクルス谷を歩きます。
キャンプ:ヤマコラル(3600m)、徒歩約5時間・歩行距離約9km

トレッキング4日目:
谷をさらに下り、小さな村カシャパンパ村でトレッキング終了です。トレッキング・スタッフともお別れをして、専用車でワラスへ。

関連ページ:ブランカ山群

関連ページ

ブランカ山群の山岳展望:ペルー・アンデス山脈の大地創生の成り立ち... 壮麗な氷雪峰が集中する、ペルー・アンデス山脈 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈で、ひときわ絢爛豪華な山岳展望を持つ山域は、ペルーのアンデス山脈に集中している。 南北約7000kmに及ぶ山脈の中で、ペルー周辺部が最も激しく高く隆起しているからだ。 太平洋岸からわずか100kmほど...
ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈... (写真)ブランカ山群の南端部・カウジャラフ(主峰:5,686m)を、コノコーチャ峠から望む ペルー・アンデスの中で最も山岳展望の良い山群の一つは、ブランカ山群です。リマから北に400㎞にある、ワラス(標高3,090m)が基点の町となります。ワラスの東側には、ペルー最高峰であるワスカラン(6,7...
マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー... マチュピチュの日の出は少し遅い。 周囲はもっと標高の高い山々に囲まれて、マチュピチュは深い谷の中腹に位置するからだ。 早朝の夜明けの後、太陽が東の山の端から顔を出すまでは、少し静かな時間がある。 ひとたび陽光がワイナピチュ峰の山頂を照らすと、遺跡に陽が届くのは早い。 斜光線に照らされ...
ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁... ブランカ山群の名峰:ワンツァンの大氷壁とラフコルタ谷 南米随一の山岳展望を誇るブランカ山群。 大氷壁をたたえるワンツァンの迫力は、ブランカ山群でも群を抜く山岳写真の撮影には最適な絶景だ。 ワンツァン(6395m)の氷壁は圧巻だ。 左右に屏風のように広がる氷壁は見事なアンデス襞をたたえ...
雲間から現れるチョピカルキに舞うコンドル... 山の写真を撮るためには、待てる時間を作ることがとても重要だ。 高所順応を兼ねて、つづら折りの道を約4,900mの峠まで一気に上がる。 車道が年々良くなっていくので快適だ。 標高3,000mのワラスを基点に、大展望の峠まで車で行けるのは、ブランカ山群の強みだろう。 ワスカランとチョピカルキ...
ペルー・アンデス:ブランカ山群のワラスから、秘境ワイワッシュ山群へ... ペルー・アンデス山脈の秘境・ワイワッシュ山群へ ブランカ山群の山中でじわじわと宿泊高度を上げる時間をかけた高度順応を経て、弊社オーダーメイド手配の撮影行はいよいよワイワッシュ山群を目指します。 ブランカ山群の拠点ワラスから、豪華キャンプのスタッフとともに、丸一日の悪路を経て、ワイワッシュ...

「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

    2012.07.29
  2. ペルー・インカを象徴する花:国花カントゥータ(ハナシノブ科)

    2018.04.16
  3. ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望

    2017.04.29
  4. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
  5. 【ペルー】豪華小型客船で行く「アマゾン川クルーズ」

    2013.11.06
  6. マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

    2015.08.04
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP