Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場

アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ

パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。
カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い青空の広がるステップ気候です。

名峰フィッツロイを目指すのであれば、陸路約3時間でチャルテン村を目指し、ペリトモレノ氷河へ行くのなら陸路約2時間で西のアンデス山中へと入ります。
そして、カラファテ周辺でもう一つの名所と言えば、ウプサラ氷河を望む「クリスティーナ牧場」です。

クリスティーナ牧場は、その敷地が広大で、アンデス山脈や氷河をも含みます。映画「不都合な真実」で有名となったウプサラ氷河を望むには、クリスティーナ牧場から高台の展望台へ行く必要があります。

ウプサラ氷河を目指す氷河クルーズ

クリスティーナ牧場へはカラファテからクルーズ船で約2時間かけてアクセスします。
このクリスティーナ牧場へ向かうクルーズ船での移動は、氷河クルーズも兼ねています。エメラルド色の巨大なアルゼンチン湖を出港してしばらくすると、青く輝く氷塊や氷山がいくつも漂うのを目にするでしょう。

クルーズ船は徐々に速度をゆるめて、氷塊の間を縫うように前進します。西側はアンデス山脈の氷河を抱く峰々がずらりと並びます。この氷塊が漂う細いフィヨルド「ノルテ水道」を北上します。
無数の氷河には有名・無名も含めて、約20もの氷河をノルテ水道から望めます。前方には鋭鋒ノルテが見えてきます。この鋭い峰の山麓が、目指すクリスティーナ牧場です。

ノルテ水道の北で、フィヨルドは3つに分岐します。水道の北の奥には、ウプサラ氷河をかすかに望めます。しかし、水道はびっしりと氷塊に埋め尽くされているので、クルーズ船は進めません。西の水道の奥には、スペガツィーニ氷河も見えます。東の水道を進み、クリスティーナ湾で上陸します。

氷河やアンデス山脈を所有する「クリスティーナ牧場」

クリスティーナ牧場はかつてパタゴニア開拓時代に、探検家の基地としても利用された牧場です。近年の羊毛価格の低迷により、今は「観光牧場」として開放されています。
このクリスティーナ牧場の専売となっているウプサラ氷河展望台は、クリスティーナ牧場のハイライトでしょう

急速に後退する「ウプサラ氷河」の真実

ウプサラ氷河は、源流部から約60キロも伸びる細長い氷河です。この氷河の源流部は、巨大な氷の塊「パタゴニア南部氷原」です。その面積は、山梨県と長野県を合わせたほどの規模です。この氷原からは200以上もの氷河流れ出します。その氷河の一つが、ウプサラ氷河であり、ペリトモレノ氷河なのです
わずか百年の間に約40キロ近くも氷河が後退したことから、地球温暖化の象徴として有名です。わずか100年前は、その分厚い氷河は、クリスティーナ牧場の裏山の谷も覆い、周囲を圧倒するほどの迫力でした。氷河に覆われていた谷は、あまりにも氷河が急速に消失したので植物もまだ生えないほどです。

ウプサラ氷河を望む展望台に登ると、そこには小さな小屋があります。約100年前に氷河探検で築かれた小屋ですが、今では周囲に氷河全くないので、なぜそこに小屋があるのか不思議に思えるでしょう。この小屋には当時と現在のウプサラ氷河の比較写真が置かれています。
氷河が一気に消失してしまったことに驚愕することでしょう

豪華ホテル「クリスティーナ牧場」

クリスティーナ牧場は、アルゼンチンで有名な豪華ホテルでもあります。部屋数わずか6部屋で、広大な自然にたっぷりと浸かります。食事やオプショナルツアーは全てオール・インクルーシブで、2・3日過ごせるアルゼンチンの憧れのホテルなのです。
あるいは、このクリスティーナ牧場には、日帰りツアーで訪れることもできます。

下記は、ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場をテーマにした「1泊2日」、「日帰り」の2つのモデルプランです。

モデルプラン①:ウプサラ氷河クルーズとクリスティーナ牧場1泊2日

1日目:午前、陸路とクルーズ船にて、クリスティーナ牧場へ。無数の氷河やウプサラ氷河を望む氷河クルーズです。クリスティーナ牧場着後、午後は、乗馬やハイキングなど。食事は、昼食と夕食を含みます。
2日目:午前、ウプサラ氷河展望台からのハイキング、乗馬など。午後、クルーズ船と陸路にてカラファテに戻ります。食事は、朝食と昼食を含みます。

モデルプラン②:日帰りウプサラ氷河クルーズとクリスティーナ牧場

早朝、陸路とクルーズ船にて、クリスティーナ牧場へ。無数の氷河やウプサラ氷河を望む氷河クルーズです。クリスティーナ牧場着後、アルゼンチン伝統料理の昼食。
午後は、ウプサラ氷河展望台へ、4WDで目指します。希望者は、「化石の谷」をハイキングで徒歩で下山できます。(中級者向け・約14キロ歩行)
カラファテ発着約13時間の長い終日ツアーとなります。

関連ページ:クリスティーナ牧場&ウプサラ氷河

関連ページ

北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③... 名前の通り、デンマーク系の移民が立ち上げたヘルシンガー牧場は、景観がどことなく北欧に似ている。それは、宿舎の立地の選び方や防風林の植え方、家具や調度品から、滲み出ているからだと思う。 全体的に落ち着いたヘルシンガー牧場では、盛大に羊の丸焼き(アサード)を振る舞うことはないようだが、食事は上品で...
秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡... ウプサラ氷河の展望台は、クリスティーナ牧場の裏山にある。 往路は車で行き、復路はトレイルを歩いて下りるのがお勧めだ。 車で20分ほど斜面を登ると、すぐに樹林帯を抜けて岩盤がむき出しの荒涼とした風景に変わる。 地球の歴史のスパンで考えれば、ついさっきまで、ここは氷河に覆われていたのだ。 展...
パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配... パタゴニアのチャルテン村オフィスから手配 パタゴニアの名峰フィッツロイ峰を見て、涙を流す人を見たことがあります。 そのくらい人の心を打つような山は、世界にいったいどれほどあるでしょうか。 このフィッツロイ峰を展望するために、弊社は地元の手配会社とともに、日本人ツーリストのための手配に力...
パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁... パタゴニアに自生するイネ科の植物・コイロンが、羊の好物であることを発見されて以来、パタゴニア中のほとんど全ての土地がパッチワーク状に区切り分配されていく。 19世紀後半の開拓時代の初期、最初に羊をもちこんだのはイギリス人であった。当時のアルゼンチン政府はまだパタゴニアの価値に気付かず、手つかず...
ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...

本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

関連記事

  1. クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

    2015.10.29
  2. フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

    2015.05.29
  3. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
  4. 春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②

    2015.09.02
  5. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  6. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP