Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場

アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ

パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。
カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い青空の広がるステップ気候です。

名峰フィッツロイを目指すのであれば、陸路約3時間でチャルテン村を目指し、ペリトモレノ氷河へ行くのなら陸路約2時間で西のアンデス山中へと入ります。
そして、カラファテ周辺でもう一つの名所と言えば、ウプサラ氷河を望む「クリスティーナ牧場」です。

クリスティーナ牧場は、その敷地が広大で、アンデス山脈や氷河をも含みます。映画「不都合な真実」で有名となったウプサラ氷河を望むには、クリスティーナ牧場から高台の展望台へ行く必要があります。

ウプサラ氷河を目指す氷河クルーズ

クリスティーナ牧場へはカラファテからクルーズ船で約2時間かけてアクセスします。
このクリスティーナ牧場へ向かうクルーズ船での移動は、氷河クルーズも兼ねています。エメラルド色の巨大なアルゼンチン湖を出港してしばらくすると、青く輝く氷塊や氷山がいくつも漂うのを目にするでしょう。

クルーズ船は徐々に速度をゆるめて、氷塊の間を縫うように前進します。西側はアンデス山脈の氷河を抱く峰々がずらりと並びます。この氷塊が漂う細いフィヨルド「ノルテ水道」を北上します。
無数の氷河には有名・無名も含めて、約20もの氷河をノルテ水道から望めます。前方には鋭鋒ノルテが見えてきます。この鋭い峰の山麓が、目指すクリスティーナ牧場です。

ノルテ水道の北で、フィヨルドは3つに分岐します。水道の北の奥には、ウプサラ氷河をかすかに望めます。しかし、水道はびっしりと氷塊に埋め尽くされているので、クルーズ船は進めません。西の水道の奥には、スペガツィーニ氷河も見えます。東の水道を進み、クリスティーナ湾で上陸します。

氷河やアンデス山脈を所有する「クリスティーナ牧場」

クリスティーナ牧場はかつてパタゴニア開拓時代に、探検家の基地としても利用された牧場です。近年の羊毛価格の低迷により、今は「観光牧場」として開放されています。
このクリスティーナ牧場の専売となっているウプサラ氷河展望台は、クリスティーナ牧場のハイライトでしょう

急速に後退する「ウプサラ氷河」の真実

ウプサラ氷河は、源流部から約60キロも伸びる細長い氷河です。この氷河の源流部は、巨大な氷の塊「パタゴニア南部氷原」です。その面積は、山梨県と長野県を合わせたほどの規模です。この氷原からは200以上もの氷河流れ出します。その氷河の一つが、ウプサラ氷河であり、ペリトモレノ氷河なのです
わずか百年の間に約40キロ近くも氷河が後退したことから、地球温暖化の象徴として有名です。わずか100年前は、その分厚い氷河は、クリスティーナ牧場の裏山の谷も覆い、周囲を圧倒するほどの迫力でした。氷河に覆われていた谷は、あまりにも氷河が急速に消失したので植物もまだ生えないほどです。

ウプサラ氷河を望む展望台に登ると、そこには小さな小屋があります。約100年前に氷河探検で築かれた小屋ですが、今では周囲に氷河全くないので、なぜそこに小屋があるのか不思議に思えるでしょう。この小屋には当時と現在のウプサラ氷河の比較写真が置かれています。
氷河が一気に消失してしまったことに驚愕することでしょう

豪華ホテル「クリスティーナ牧場」

クリスティーナ牧場は、アルゼンチンで有名な豪華ホテルでもあります。部屋数わずか6部屋で、広大な自然にたっぷりと浸かります。食事やオプショナルツアーは全てオール・インクルーシブで、2・3日過ごせるアルゼンチンの憧れのホテルなのです。
あるいは、このクリスティーナ牧場には、日帰りツアーで訪れることもできます。

下記は、ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場をテーマにした「1泊2日」、「日帰り」の2つのモデルプランです。

モデルプラン①:ウプサラ氷河クルーズとクリスティーナ牧場1泊2日

1日目:午前、陸路とクルーズ船にて、クリスティーナ牧場へ。無数の氷河やウプサラ氷河を望む氷河クルーズです。クリスティーナ牧場着後、午後は、乗馬やハイキングなど。食事は、昼食と夕食を含みます。
2日目:午前、ウプサラ氷河展望台からのハイキング、乗馬など。午後、クルーズ船と陸路にてカラファテに戻ります。食事は、朝食と昼食を含みます。

モデルプラン②:日帰りウプサラ氷河クルーズとクリスティーナ牧場

早朝、陸路とクルーズ船にて、クリスティーナ牧場へ。無数の氷河やウプサラ氷河を望む氷河クルーズです。クリスティーナ牧場着後、アルゼンチン伝統料理の昼食。
午後は、ウプサラ氷河展望台へ、4WDで目指します。希望者は、「化石の谷」をハイキングで徒歩で下山できます。(中級者向け・約14キロ歩行)
カラファテ発着約13時間の長い終日ツアーとなります。

関連ページ:クリスティーナ牧場&ウプサラ氷河

関連ページ

初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて... フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節 季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。 それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。 それはとてもふと瞬間に唐...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...
目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間... フラットボタン-yellow 日本の春の季語「サクラ」は今では国際的にも認知される呼び名です。古来から日本人の心象風景に桜は溶け込み、春の到来を告げる大切な指標となりました。桜の花は春そのものというほどの存在でしょう。 本日はまだ五分咲きながら、中目黒に行き、桜を鑑賞して写真撮影して...
北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③... 名前の通り、デンマーク系の移民が立ち上げたヘルシンガー牧場は、景観がどことなく北欧に似ている。それは、宿舎の立地の選び方や防風林の植え方、家具や調度品から、滲み出ているからだと思う。 全体的に落ち着いたヘルシンガー牧場では、盛大に羊の丸焼き(アサード)を振る舞うことはないようだが、食事は上品で...
パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り 夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。 一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。 数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。 日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニ...
パタゴニアの象徴:羊と牧童(ガウチョ)、そして食文化アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...

本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

関連記事

  1. マテ茶の飲み方

    2010.03.15
  2. パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験

    2014.04.19
  3. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
  4. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  5. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
  6. 「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

    2016.12.23
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP