Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場

アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ

パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。
カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い青空の広がるステップ気候です。

名峰フィッツロイを目指すのであれば、陸路約3時間でチャルテン村を目指し、ペリトモレノ氷河へ行くのなら陸路約2時間で西のアンデス山中へと入ります。
そして、カラファテ周辺でもう一つの名所と言えば、ウプサラ氷河を望む「クリスティーナ牧場」です。

クリスティーナ牧場は、その敷地が広大で、アンデス山脈や氷河をも含みます。映画「不都合な真実」で有名となったウプサラ氷河を望むには、クリスティーナ牧場から高台の展望台へ行く必要があります。

ウプサラ氷河を目指す氷河クルーズ

クリスティーナ牧場へはカラファテからクルーズ船で約2時間かけてアクセスします。
このクリスティーナ牧場へ向かうクルーズ船での移動は、氷河クルーズも兼ねています。エメラルド色の巨大なアルゼンチン湖を出港してしばらくすると、青く輝く氷塊や氷山がいくつも漂うのを目にするでしょう。

クルーズ船は徐々に速度をゆるめて、氷塊の間を縫うように前進します。西側はアンデス山脈の氷河を抱く峰々がずらりと並びます。この氷塊が漂う細いフィヨルド「ノルテ水道」を北上します。
無数の氷河には有名・無名も含めて、約20もの氷河をノルテ水道から望めます。前方には鋭鋒ノルテが見えてきます。この鋭い峰の山麓が、目指すクリスティーナ牧場です。

ノルテ水道の北で、フィヨルドは3つに分岐します。水道の北の奥には、ウプサラ氷河をかすかに望めます。しかし、水道はびっしりと氷塊に埋め尽くされているので、クルーズ船は進めません。西の水道の奥には、スペガツィーニ氷河も見えます。東の水道を進み、クリスティーナ湾で上陸します。

氷河やアンデス山脈を所有する「クリスティーナ牧場」

クリスティーナ牧場はかつてパタゴニア開拓時代に、探検家の基地としても利用された牧場です。近年の羊毛価格の低迷により、今は「観光牧場」として開放されています。
このクリスティーナ牧場の専売となっているウプサラ氷河展望台は、クリスティーナ牧場のハイライトでしょう

急速に後退する「ウプサラ氷河」の真実

ウプサラ氷河は、源流部から約60キロも伸びる細長い氷河です。この氷河の源流部は、巨大な氷の塊「パタゴニア南部氷原」です。その面積は、山梨県と長野県を合わせたほどの規模です。この氷原からは200以上もの氷河流れ出します。その氷河の一つが、ウプサラ氷河であり、ペリトモレノ氷河なのです
わずか百年の間に約40キロ近くも氷河が後退したことから、地球温暖化の象徴として有名です。わずか100年前は、その分厚い氷河は、クリスティーナ牧場の裏山の谷も覆い、周囲を圧倒するほどの迫力でした。氷河に覆われていた谷は、あまりにも氷河が急速に消失したので植物もまだ生えないほどです。

ウプサラ氷河を望む展望台に登ると、そこには小さな小屋があります。約100年前に氷河探検で築かれた小屋ですが、今では周囲に氷河全くないので、なぜそこに小屋があるのか不思議に思えるでしょう。この小屋には当時と現在のウプサラ氷河の比較写真が置かれています。
氷河が一気に消失してしまったことに驚愕することでしょう

豪華ホテル「クリスティーナ牧場」

クリスティーナ牧場は、アルゼンチンで有名な豪華ホテルでもあります。部屋数わずか6部屋で、広大な自然にたっぷりと浸かります。食事やオプショナルツアーは全てオール・インクルーシブで、2・3日過ごせるアルゼンチンの憧れのホテルなのです。
あるいは、このクリスティーナ牧場には、日帰りツアーで訪れることもできます。

下記は、ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場をテーマにした「1泊2日」、「日帰り」の2つのモデルプランです。

モデルプラン①:ウプサラ氷河クルーズとクリスティーナ牧場1泊2日

1日目:午前、陸路とクルーズ船にて、クリスティーナ牧場へ。無数の氷河やウプサラ氷河を望む氷河クルーズです。クリスティーナ牧場着後、午後は、乗馬やハイキングなど。食事は、昼食と夕食を含みます。
2日目:午前、ウプサラ氷河展望台からのハイキング、乗馬など。午後、クルーズ船と陸路にてカラファテに戻ります。食事は、朝食と昼食を含みます。

モデルプラン②:日帰りウプサラ氷河クルーズとクリスティーナ牧場

早朝、陸路とクルーズ船にて、クリスティーナ牧場へ。無数の氷河やウプサラ氷河を望む氷河クルーズです。クリスティーナ牧場着後、アルゼンチン伝統料理の昼食。
午後は、ウプサラ氷河展望台へ、4WDで目指します。希望者は、「化石の谷」をハイキングで徒歩で下山できます。(中級者向け・約14キロ歩行)
カラファテ発着約13時間の長い終日ツアーとなります。

関連ページ:クリスティーナ牧場&ウプサラ氷河

関連ページ

フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村... 3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く 少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた 夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた ...
パタゴニアの草原に宿泊-クリスティーナ牧場(エスタンシア)... 大草原に宿泊する牧場ホテル:エスタンシア パタゴニアの大きな空や草原の中で丸一日いるために、牧場ホテル(エスタンシア)に滞在する。 広大な敷地は地平線、山、氷河に及び、数部屋の宿泊者で独占するようなものです。 誰にも邪魔されずに、パタゴニアの強風に気が済むまで打たれることもできます...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...
オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動... パタゴニアの針峰群の上空に現れたオーロラのように揺らめく雲を、夕日の一線が幻想的な「色」に染め上げた。世界そのものが異次元に迷い込んだかのような息を飲むような瞬間。同じ場に立ち会わせた人々も言葉を失い、じっと空を見上げていた。 パタゴニアに訪れる朝日や夕日は、世界を一瞬だけ別の次元に変えて...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...

本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

関連記事

  1. パタゴニアの花:マメ科の薬草「パラメーラ」-ワイルドフラワー編

    2015.09.07
  2. フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

    2015.05.29
  3. 【アルゼンチン・パタゴニア】クリスティーナ牧場で、急速に後退するウプサラ氷河を望…

    2012.09.14
  4. 【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没

    2016.08.15
  5. 大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

    2014.09.18
  6. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美

    2015.10.23
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP