Loading

風景写真家・松井章のブログ

オアシスの畔に生きる砂漠の民:ブラジル・レンソイス

レンソイス砂漠に生きる人々

レンソイス砂漠は無人の荒野に見えますが、砂漠にも人々が生活しています。

その歴史は、一説にはブラジルがポルトガルから独立した頃に始まるそうです。

砂漠を縦断する河川に沿い点々と見える緑の染みは、砂漠のオアシスです。
レンソイスのトレッキングでは、砂漠の人々の協力を得るのが必須となります。

荷を運ぶロバの馬方は、トレッキングのロジスティックを担っています。
オアシスの人々は親戚関係であったりと家族ぐるみで、トレッキングをサポートしてくれるのです。

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間



白い砂漠の夕景:レンソイス縦断トレッキング(ブラジル)

レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

関連記事

  1. ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡

    2015.04.07
  2. 【動画】空撮絶景:レンソイス・マラニェンセス国立公園の幻想風景

    2020.03.18
  3. 「イグアスの滝」の歩き方/ブラジル側&アルゼンチン側

    2017.07.30
  4. 「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化

    2015.04.06
  5. 本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲

    2017.09.06
  6. レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

    2016.07.20
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP