Loading

PHOTO-BLOG

パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)


暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。

特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。

雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。

ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。
パイネ山群の全容を望むのであれば、パイネ国立公園の中で最も良い立地だ。

関連ページ

パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け... フィッツロイBCで迎える朝日の時間は、一日で最も美しい時間です。 僕自身も、神々しいフィッツロイの色彩変化を毎回見るたびに、これでおしまい、という覚悟で見るようにしていますが、幸いにも何度も見ることができています。 朝日で紫色にフィッツロイが染まると、“フィッツロイ劇場”のスタートで...
セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート... マゼラン・キツツキ 秋のトーレ湖、夜明け前の湖面には薄氷が張っています。8時過ぎの夜明け、2,3時間くらい前が一番寒く感じられます。 夏季には6:30頃から始まる夜明けの大劇場も、秋は8:00過ぎに始まります。一日一日とその時間は数分ごとに遅くなっているのでしょう。 この季節は、太陽がだい...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...
パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台... パイネ国立公園の絶景の展望台:ペオエ湖畔 パタゴニアのパイネ国立公園の山々を、ペオエ湖畔で望む。 ペオエ湖畔の良さは、パイネ山群の全景を望むことができることです。 左から、グランデ峰、クエルノ峰、アルミランテ・ニエト峰。 クエルノ峰の右後ろに、トーレス・デル・パイネ峰の先端が顔を出し...
パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>... ナショナルジオグラフィックの写真投稿サイト「Your Shot」のDaily Dozen(本日の12枚)にて、パイネ国立公園の夕景(撮影:代表・松井)がセレクトされました。 一日の中に四季がある、と言われるパタゴニアではめまぐるしく天候が変化します。 パタゴニアを支配する湿った強烈な偏西...

ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア

関連記事

  1. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
  2. アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

    2011.04.21
  3. パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

    2018.07.20
  4. フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア

    2015.06.18
  5. メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア

    2015.10.06
  6. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP