Loading

PHOTO-BLOG

パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)


暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。

特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。

雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。

ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。
パイネ山群の全容を望むのであれば、パイネ国立公園の中で最も良い立地だ。

関連ページ

フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)... フィッツロイ山群を遠望する展望台で、夜明けを待つ。 天候がめまぐるしく変わるフィッツロイ山群では、夜明けのわずかの時間の中で、主峰のフィッツロイ峰とセロトーレ峰の両方を望むには、何日も通う粘り強さも必要だが、“運”も重要な要素となってくる。 山や氷河に引けを取らない主役となるのが“雲”だ。 ...
パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」... パタゴニアの名峰:パイネ・クエルノ パタゴニア・パイネ国立公園(チリ)のクエルノ峰は、チリ・パタゴニアを代表する名峰です。 クエルノを始め、グランデ峰、トーレス・デル・パイネ峰などを、どのような角度で望むかにより、訪れる場所や方法も異なります。 「クエルノ」は、スペイン語で「角」を意味...
セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート... マゼラン・キツツキ 秋のトーレ湖、夜明け前の湖面には薄氷が張っています。8時過ぎの夜明け、2,3時間くらい前が一番寒く感じられます。 夏季には6:30頃から始まる夜明けの大劇場も、秋は8:00過ぎに始まります。一日一日とその時間は数分ごとに遅くなっているのでしょう。 この季節は、太陽がだい...
パイネ国立公園:グアナコと食物連鎖の果て-パタゴニア... グアナコの楽園、パイネ国立公園(チリ・パタゴニア) “アンデスのラクダ”といえば、高地のリャマやアルパカをイメージされますが、標高の低いパタゴニア・アンデスでは「グアナコ」が生息しています。 牧羊の発展とともに大草原は大牧場に分割されて行く中で、羊が同じ草を好んでしまったために、グアナコ...
パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント... パタゴニアのフィッツロイ峰を望むにはいくつか良い場所がありますが、ハイキングのトレイルから望むのは一番の定番ながら、やはり一番美しいアングルで撮影することができます。 展望する角度によりフィッツロイ峰の形は少しずつ変わっていくので、フィッツロイ展望のポイントはそう多くはないものです。 仰ぎ見...
パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台... パイネ国立公園の絶景の展望台:ペオエ湖畔 パタゴニアのパイネ国立公園の山々を、ペオエ湖畔で望む。 ペオエ湖畔の良さは、パイネ山群の全景を望むことができることです。 左から、グランデ峰、クエルノ峰、アルミランテ・ニエト峰。 クエルノ峰の右後ろに、トーレス・デル・パイネ峰の先端が顔を出し...

ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:チャルテン村の建設記念日

    2015.10.13
  2. 2011パタゴニア旅行 ①中部パタゴニア

    2012.01.08
  3. パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ

    2015.09.12
  4. 湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

    2016.08.29
  5. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  6. アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

    2017.07.15
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP