Loading

PHOTO-BLOG

貿易風と砂の造形「風紋」/ブラジル・レンソイス砂漠

レンソイス砂漠の砂丘と風紋

レンソイス砂漠の波打つ砂丘に相似するように現れる“風紋”は、時に息を呑むような美しさで迫ります。

特に美しいのが、朝や夕方の斜光線が射す時間帯です。

波打つ“風紋”が、斜光線により影とともに浮き立つように、視界に現れてきます。
何らかの偉大な規則性を感じさせる縞模様の連鎖が、地平線まで続きます。

途方もない大きさの砂漠に、とても小さな風紋が、やはり途方もなく果てなく続く。
レンソイスの白砂の風紋は、レンソイスならではの色彩で浮き立ちます。

砂漠の自然の造形物“風紋”も、レンソイスでぜひ目にしたい光景の一つです。

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

関連ページ

黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)... レンソイスの東の端、プレギサス川を超えると砂の色が変わります。 真っ白であった砂は、東端の“小レンソイス”と呼ばれる地域では、砂の色が黄色です。 なぜ砂の色が違うのか諸説あるようですが、石英の純度の違いで、レンソイス本体よりも“小レンソイス”は黄色であるようです。 小レンソイスは、その名の...
レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)... 水晶の白い砂漠に湧き上がる入道雲 レンソイス砂漠で大きなもうひとつの存在は、入道雲でしょう。 地平線にとてつもなく巨大な雲がもくもくと迫ることはよくあります。 “砂漠”に“雲”を連想させることは難しいのですが、水分が豊富なレンソイスは大気も割と湿っているのです。 “水”と“砂漠”とい...
レンソイス縦走トレッキング:2015年のベストシーズンとは... レンソイスをテント泊で縦断するトレッキングのベストシーズンは、6月中旬~9月中旬のわずか3ヶ月です。 満水の時には、最大で2万個とも言われる湖で砂漠はエメラルド色に輝きます。 その湖を縫うように縦断する。夜は満天の星の元、誰もいない砂漠でキャンプします。 レンソイス縦断トレッキングの手配は...
レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ... ブラジル北東岸のレンソイス周辺は、インディオのあまり居住しない土地として、長く無人でした。その無人の土地に人が入り込み始めたのは、16世紀以後のポルトガルによる植民地化の頃からです。サトウキビのプランテーション開発のために、多くの黒人がアフリカ西岸から奴隷として連れてこられた時期が、レンソイス周...
レンソイス砂漠の造形美:極小の風紋と極大の砂丘(ブラジル)... 晴れた昼間のブラジル・レンソイス砂漠には、真っ白な純白の砂丘が広がります。白い砂は石英です。高さ20メートル前後の砂丘が延々と波打つように連なり、レンソイスの語源の通り、風に揺れる巨大な“シーツ”をイメージさせます。 乾季の砂漠とはいえ、時には雨が少し降ったりします。雨が染み込むと、真っ白...
「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化... ブラジル・レンソイス砂漠の季節とは 日本には四季の移ろいがあるように、ブラジル・レンソイスには雨季と乾季で変化するリズムがあります。 その景色の変貌は「劇的」なものです。 1~6月、砂漠にも雨季が訪れます。 半年の乾季の間に乾ききった砂漠の地中に、水がじわじわと染み込んで行きます。 ...

レンソイス砂漠の2億年の歴史:海風が作る奇跡の絶景(ブラジル)

白い砂漠の夕景:レンソイス縦断トレッキング(ブラジル)

関連記事

  1. 「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化

    2015.04.06
  2. レンソイス砂漠を歩く「3つのプラン」:ブラジル旅行

    2017.04.15
  3. ブラジル・レンソイス縦断トレッキングの魅力

    2019.01.12
  4. ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方

    2017.08.14
  5. レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)

    2016.09.23
  6. 《動画》ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」

    2017.12.04
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP