Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニア】旅する気分を感じるために

patagonia1 (4).JPG
途方もない大きな自然を前に、途方にくれる。思うようにいかない。
とんでもない風が吹く。掘立小屋で足止めを食らったりする。
でも、なんだか笑ってしまう。
その途方に暮れた経験はずっと忘れずに、きっと人生の財産になる。
だから、私は旅先で途方に暮れるのが好きです。
今この日本という管理社会の小さな島が一つの世界のようになっているが、地球の裏に行くと、とんでもない世界がある。全然管理してくれない、むきだしの自然と社会がある。
自然は何も言わないし、どっちかと言えば厳しいし、甘えが利かない。
どっちが本当の世界なんだろう。どっちが現実なんだろう。これは愚問であり、どちらも世界であり現実です。
一つ言えることは、もう一つの現実を体感して、すったもんだすることで、人生観はきっと変わる。
思い切った旅、してみませんか。
面白いブログがあります。スペイン語ですが、写真も動画も臨場感があります。
ブログ(La Vida de Viaje): http://lavidadeviaje.com/

関連ページ

パタゴニアの草原を駆けるガウチョの祭:ヒネテアーダ... アルゼンチン開拓が進み、各地が有刺鉄線で区切られて大牧場(エスタンシア)が建設されていった。 その過程の中で、自由に草原を闊歩していた誇り高いガウチョは姿を消していく。 ガウチョの姿を今に残す牧童も、牧場の雇われ牧童として“ペオン”と呼ばれることになる。 春から夏にかけて、パタゴニア各地で...
マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 単調な色彩の岩場では、雄大な山の展望ばかりに目が行ってしまうものだが、目線を下げてじっくり岩を見ていると、化石が点在しているのに気付く 大陸氷床を目前とした標高1300m前後のこの岩場は、かつて海の底であった。 壮大な隆起という造山運動の果てに、3億5000...
パタゴニア-マゼラン海峡の最果ての町、プンタアレナス... プンタアレナスは、チリ最南端部、マゼラン海峡に面する小さな町です。 パタゴニアがかつて羊毛で栄えた時代に、ヨーロッパへの港として開拓されたのが町の始まりです。 プンタアレナスに最初に入植したのは、イギリスの宣教師でした。 キリスト教文明の先兵として宣教師がまず布教に乗り出すのは、そ...
アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ... アルゼンチン開拓のシンボル「牧童ガウチョ」 パタゴニアの大草原の主役といえば、羊を追う「牧童」です。 延々と続く大草原を見ていると、同じように延々と有刺鉄線も延々と続いていることに気づきます。 開拓全盛の約100年ほど前に、パタゴニアの広大な草原は隈なく有刺鉄線で区切られ、大牧場(エスタン...
パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか... パタゴニアのパイネ国立公園では、パイネ・クエルノ、グランデ、トーレス・デル・パイネの主峰を様々な角度から望むことが可能です。 歩く体力に合わせて、どこでどのように宿泊するか、その選択によって大きく内容が異なるので、プランニングは重要です。 そのようなパイネ国立公園を手配すれば、希望通りのトレ...
パタゴニアの大草原に宿泊:エスタンシア(牧場ホテル)とは... パタゴニアの大草原の牧場ホテル「エスタンシア」 パタゴニアの大草原で過ごすために、大牧場「エスタンシア」の宿泊をお勧めしています。 エスタンシアは、アルゼンチンの草原・パンパの牧場です。 かつてパタゴニアで繁栄した羊毛産業が衰退するなかで、ツーリストを受け入れる観光牧場が増えてきて...

【北海道・ニセコ】コンドミニアムに滞在する、スキー旅行

アンデスに生息する4種類のラクダ

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

    2015.08.12
  2. フィッツロイ山麓の氷河トレッキング:新ルート『カグリエロ氷河』

    2017.08.11
  3. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
  4. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
  5. パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

    2018.11.09
  6. 秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

    2018.10.29
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP