Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニア】旅する気分を感じるために

patagonia1 (4).JPG
途方もない大きな自然を前に、途方にくれる。思うようにいかない。
とんでもない風が吹く。掘立小屋で足止めを食らったりする。
でも、なんだか笑ってしまう。
その途方に暮れた経験はずっと忘れずに、きっと人生の財産になる。
だから、私は旅先で途方に暮れるのが好きです。
今この日本という管理社会の小さな島が一つの世界のようになっているが、地球の裏に行くと、とんでもない世界がある。全然管理してくれない、むきだしの自然と社会がある。
自然は何も言わないし、どっちかと言えば厳しいし、甘えが利かない。
どっちが本当の世界なんだろう。どっちが現実なんだろう。これは愚問であり、どちらも世界であり現実です。
一つ言えることは、もう一つの現実を体感して、すったもんだすることで、人生観はきっと変わる。
思い切った旅、してみませんか。
面白いブログがあります。スペイン語ですが、写真も動画も臨場感があります。
ブログ(La Vida de Viaje): http://lavidadeviaje.com/

関連ページ

パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
大草原の小さな花:マリポサ・デル・カンポ/パタゴニアのワイルドフラワー... アルゼンチン湖を望む草原で一休みしようと座った時に、小さな花が砂地から顔を出すように咲いていた。 早春の風は冷たいが、灌木の風下に身をひそめると陽の光が暖かい。 そんな場所に、この花も咲いていたのだ。 ユリズイセンの一種である「マリポサ・デル・カンポ」は、直訳すると「草原の蝶」という意味だ...
フィッツロイ山麓の氷河トレッキング:新ルート『カグリエロ氷河』... フィッツロイ山麓のエルチャルテン発着:カグリエロ氷河トレッキング かつてパタゴニアを覆っていた氷河も、今は縮小する時代です。氷で覆われた原初のパタゴニアを体験するには、南部氷原から流れ出る氷河上を歩く「氷河トレッキング」がお勧めです。 ペリトモレノ氷河の「アイス・トレック」は、氷河の一番迫力...
秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)... 雪が降るたびに、秋は一段と深まる 晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。 降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく ...
パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる... 広大な草原を、どこまでも歩く。視界の大部分を占める大空。 そんな体験は、アルゼンチン・パタゴニアの『エスタンシア(牧場)』に宿泊することの特典の一つと言えるでしょう。 草原をどこまで歩いても誰も干渉しないし、もちろん戻って来れる。何でもない体験のようですが、いつまでも忘れない不思議な思い出に...

【北海道・ニセコ】コンドミニアムに滞在する、スキー旅行

アンデスに生息する4種類のラクダ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  2. レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

    2015.10.21
  3. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  4. パタゴニアの象徴:羊と牧童(ガウチョ)、そして食文化アサード

    2018.08.31
  5. パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

    2015.09.28
  6. ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」

    2018.03.12
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP