Loading

PHOTO-BLOG

丘の上から望む南極の絶景と、雪の華“氷雪藻”


ダンコ島の標高300mほどの山頂に登ると、南極大陸の氷河と海が織りなす絶景が広がっていた。

山頂部にもやはり多くのペンギンがいる。
小さななペンギンがこの山頂にたどり着くには、いったい何時間歩いて来たのだろうか。

大変な苦労をしてペンギンが山頂を目指す理由は不明そのものだ。
一つ言えることは、上に登れば登るほど、景色は良くなるということだろう。

山頂部の小さな雪原に、一羽だけポツリとペンギンが立っていた。
もくもくと湧いてきた霧とともに、どこか物憂げに遠くを見つめているかのようだ。

雪面を見ていると、赤や緑の染みが見える。
赤、緑、黄色など、南極半島ではあちこちの雪面に、うっすらと色がついていることに気づくだろう。

これは氷雪藻と呼ばれる藻類の一種のコロニーが出している、命の色だ。

多くの野生動物を始め、藻類や地衣類など、実は多くの生き物が南極を拠り所に生きている。

関連ページ

専用ページ「探検船で行く南極クルーズ」リニューアル... 専用ページ「探検船で行く南極クルーズ」をリニューアルしました。 探検船ヘブリディーンスカイ号の2017/2018シーズンの料金表も掲載しています。 弊社では、損他の南極クルーズも手配可能ですので、お気軽にお問い合わせください。 南極クルーズのタイプ 南極クルーズの片道を航空便...
南極サウス・シェットランド諸島:ジェンツーペンギンの楽園②... サウスシェットランド諸島にて -探検船で行く南極クルーズ- 南極の最初の一歩として上陸する、サウスシェットランド諸島のリビングストン島では、ジェンツーペンギンが出迎えてくれる。 ペンギンの撮影に一満足した頃に、いよいよゾウアザラシのコロニーを目指し歩き始める。 遠く湾の対岸には、巨大な氷河...
デセプション島のナンキョクオットセイ/南極サウスシェットランド諸島... サウス・シェットランド諸島にて -探検船で行く南極クルーズ- サウスシェットランド諸島のデセプション島は、かつて南極大陸への前線基地として栄えた島だ。 そのリング状の特殊な島の形が、南極大陸からの氷山も流れて来ない天然の良港であったからだ。 内湾に繋がる唯一の水路の幅はわずか240mほどで...
ヒゲペンギン:南極サウス・シェットランド諸島にて... サウス・シェットランド諸島にて -探検船で行く南極クルーズ- 最初にヒゲペンギンを見たのは、やはり南極の入口であるサウスシェットランド諸島のリビングストン島であった。 その姿を見るにつけ、“言い得て妙”であると思う。 喉下に通る帯模様をあごひげに見立てて、「ヒゲペンギン」と名付けられたわけ...
イギリス基地ポート・ロックロイの郵便ポスト... イギリスの基地・ポートロックロイは、静かな湾に守られるようで周囲の海は凪いでいる。 1944年にイギリスの最初の基地として建てられ、南極半島における捕鯨船の前線基地の役目を果たした。 現在では基地は観光スポットとして有名となり、お土産屋がある。 ここにはポストがあり、約1ドルほどでハガ...
南極トレッキング:ダンコ島の山頂から望む絶景とペンギン... ダンコ島の展望台から、南極の絶景を一望する ネコハーバーでキャンプした翌朝は、厚い雲に覆われて完全に曇りであった。 低く下がってきた雲から一日の天候を示唆されているようであったが杞憂に過ぎなかった。 朝6時にはキャンプを撤収して、クルーズ船に戻ると、ミンククジラが船の横に現れた。 ま...

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第6号の見出し

世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)

パタゴニア

関連記事

  1. パラダイスハーバー②:単独航海の冒険家とヨット

    2017.05.03
  2. 専用ページ「探検船で行く南極クルーズ」リニューアル

    2017.04.30
  3. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  4. 秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

    2018.10.29
  5. 南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ

    2017.03.18
  6. 探検船クルーズで行く南極大陸:中型アドベンチャー船の魅力

    2019.04.26
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP