Loading

PHOTO-BLOG

丘の上から望む南極の絶景と、雪の華“氷雪藻”


ダンコ島の標高300mほどの山頂に登ると、南極大陸の氷河と海が織りなす絶景が広がっていた。

山頂部にもやはり多くのペンギンがいる。
小さななペンギンがこの山頂にたどり着くには、いったい何時間歩いて来たのだろうか。

大変な苦労をしてペンギンが山頂を目指す理由は不明そのものだ。
一つ言えることは、上に登れば登るほど、景色は良くなるということだろう。

山頂部の小さな雪原に、一羽だけポツリとペンギンが立っていた。
もくもくと湧いてきた霧とともに、どこか物憂げに遠くを見つめているかのようだ。

雪面を見ていると、赤や緑の染みが見える。
赤、緑、黄色など、南極半島ではあちこちの雪面に、うっすらと色がついていることに気づくだろう。

これは氷雪藻と呼ばれる藻類の一種のコロニーが出している、命の色だ。

多くの野生動物を始め、藻類や地衣類など、実は多くの生き物が南極を拠り所に生きている。

関連ページ

南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ... クールビル島にて -探検船で行く南極クルーズ- 氷河から崩れ落ちた氷塊は、南極の海のあちこちに浮いている。 クールビル島の海岸は静かな内湾に面しているので、氷塊が大量に流れ込み、内湾にぎっしり漂っていた。 このような場所は、アザラシにとって格好の休憩場所となるのだろう。 陽が最も高い...
南極トレッキング:ダンコ島の山頂から望む絶景とペンギン... ダンコ島の展望台から、南極の絶景を一望する ネコハーバーでキャンプした翌朝は、厚い雲に覆われて完全に曇りであった。 低く下がってきた雲から一日の天候を示唆されているようであったが杞憂に過ぎなかった。 朝6時にはキャンプを撤収して、クルーズ船に戻ると、ミンククジラが船の横に現れた。 ま...
青い氷の回廊とアザラシのイビキ/南極クルーズ・クーバービル島にて... クーバービル島にて-探検船で行く南極クルーズ- アザラシの楽園となっている氷塊の間をさらに進むと、氷塊の量もさらに増えて、ゾディアックボートは不思議な空間へと入っていく。 背の高い氷塊はまるで柱のようで、その氷柱は10mほども聳えていたりする。 近くの氷河から崩れ落ち流されてきたであろう氷...
アルミランテ・ブラウン基地に迫る氷河:パラダイスハーバー... アルゼンチンのアルミランテ・ブラウン観測基地は、氷河に取り囲まれた湾の片隅で、迫りくる氷河に飲み込まれてしまいそうな場所にある。 かつて捕鯨基地の要衝として重要な場所であったが、今では観測基地として運営され、ときおり南極クルーズ船が訪れる静かな場所だ。 小さな岬の突端の小屋の屋根は、...
ドレーク海峡を越えて、南極へ -探検船で行く南極クルーズ-... ドレーク海峡とアホウドリ -探検船で行く南極クルーズ- 南米の最南端・アルゼンチンのウスアイアから南極へ向かうクルーズはいくつもありますが、アンディーナトラベルでは「探検船」での旅をお勧めしています。 弊社がお勧めする探検船・ヘブリディーンスカイ号は、乗客は最大で約100人ほどの比較的に...
南極サウス・シェットランド諸島:ジェンツーペンギンの楽園②... サウスシェットランド諸島にて -探検船で行く南極クルーズ- 南極の最初の一歩として上陸する、サウスシェットランド諸島のリビングストン島では、ジェンツーペンギンが出迎えてくれる。 ペンギンの撮影に一満足した頃に、いよいよゾウアザラシのコロニーを目指し歩き始める。 遠く湾の対岸には、巨大な氷河...

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第6号の見出し

世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)

関連記事

  1. パラダイスハーバー②:単独航海の冒険家とヨット

    2017.05.03
  2. 南極サウス・シェットランド諸島:ジェンツーペンギンの楽園②

    2017.03.04
  3. サウス・シェットランド諸島のジェンツーペンギン -南極クルーズ

    2017.03.03
  4. 秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

    2018.10.29
  5. ドレーク海峡を越えて、南極へ -探検船で行く南極クルーズ-

    2017.02.28
  6. ルメール海峡を抜けて:氷塊の楽園に遊ぶアザラシ

    2017.04.22
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP