Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの名物料理:羊の丸焼きとアサード


パタゴニアの名物料理といえば、羊の丸焼き「パリーシャ(アサード)」が代表料理です。

野趣あふれる豪快な味付けや見かけとは裏腹に、繊細・端麗な味わいに、近年では欧米人から非常に人気があります。

日本では「羊=マトン」として、臭いが気になるようですが、原産地パタゴニアの新鮮な羊肉は、日本では食べられない人でも、パタゴニアでは食べてしまうほどです。

アルゼンチンの名物料理として「アサード」と呼ばれますが、正確には丸焼きは「パリーシャ」と呼ばれます。丸焼きの横にある大きな炉が「アサード」です。「アサード」と「パリーシャ」は同義語に近いほどです。

都市部の小さなレストランでは、丸焼きはできないので「アサード」だけになります。鉄網で肉をじっくりと焼くその姿は無骨ですが、日本の和牛とはまったく異なるアルゼンチン風ステーキには、一度はまると止められない、無骨と洗練が同居する不思議な魅力があります。アルゼンチンは世界一の畜産国ですので、牛肉と羊肉への情熱には並々ならぬものがあります。アルゼンチンの人々にとって、焼肉は文化なのです。

パタゴニアの羊の「パリーシャ」のお店は、年々増加しています。
一番美味しいのは、パタゴニアの基点でもあるカラファテです。周囲に広がる草原で仕入れた子羊のバーベキューは仕入れが重要となります。
お店によって、肉の質は大きく異なりますので、お店選びは大変重要となります。

《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島

水晶の白い砂漠・レンソイスの不思議:極彩色の湖を歩く

関連記事

  1. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
  2. パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ

    2016.04.04
  3. パタゴニア開拓史:大草原に生きる牧童・ガウチョ

    2017.07.03
  4. パタゴニアの3種類の南極ブナ②:ニレ

    2015.09.19
  5. パタゴニアへ、雲を見に行く:フィッツロイ山麓にて

    2017.06.23
  6. アルゼンチンの牧童・ガウチョの騎馬祭にて

    2017.04.25
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事


PAGE TOP