Loading

PHOTO-BLOG

アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽


アンデスの先住民の女性は、独特の帽子(山高帽)を被っている。

地域によってデザインは大きく異なってくるので、いろいろな帽子を眼にすることだろう。

南米アンデス高地を旅する時には、女性が被る帽子も写真に収めたいものだ。

アンデス系民族のケチュア族とアイマラ族は、南米に広くペルー・ボリビア・エクアドルをメインに分布する、まさにインカの末裔だ

関連ページ

南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜... 冬至の祝祭「インティライミ」:太陽の祭り 毎年6月24日に開催される「太陽の祭(インティライミ)」は、豊穣な収穫への祈りと感謝を込めて、太陽と大地の神様に捧げられる冬至のお祭りです。 南米3大祭の一つに数えられる祭で、南米のみならず世界中から人が集まります。 「太陽の祭」を前に、既...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...
ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景... ケチュア族の生活を見学するために、ミスミナイ村へ。 クスコとウルバンバ谷の中間にあるので、アクセスがとても良い。 村に着くと、入口で村人が迎えてくれる。 笛と太鼓の音を通して、ケチュア族の別世界へ引き込まれる。 ケチュア語とスペイン語の混じる村人の案内は、日本語ガイドのセルヒオが細か...
ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族... アンデス山脈の小さな村・ソラタ ボリビア・レアル山群のソラタ村は、急激に変化するボリビアの中で、ほとんどその景色を変えることのない素朴な村です。 小さな中央広場も町並みも、20年前とほとんど変わっていないような気がするほどです。 巨大な高原アルティプラーノの端から、アマゾンへと切れ落ちるて...
アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明... アンデス先住民のカラフルな民族衣装 アンデスの民族衣装はなぜ心を打つのだろうか。 ケーナやチャランゴのリズムとともに、街を往来するカラフルな民族衣装の人々は、アンデスの文化そのもので、魔力のような魅力を秘めています それはとても普遍的で、何度訪れても目を奪われてしまう インカの都...

ブータン-国交30周年記念「ブータン・日本 親善オファー」

代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. チチカカ湖「太陽の島」に広がる古代の段々畑

    2015.07.22
  2. 【動画】アマゾン・ヤクマ自然保護区のジャングルロッジ

    2015.01.03
  3. ボリビア・レアル山群のソラタ村とイヤンプー峰

    2016.08.08
  4. 代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」

    2016.03.08
  5. 2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近

    2014.12.01
  6. アンデス山脈の黄昏:氷雪峰の魔法の色彩 -ペルー・ブランカ山群

    2017.11.30
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP