Loading

PHOTO-BLOG

アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽


アンデスの先住民の女性は、独特の帽子(山高帽)を被っている。

地域によってデザインは大きく異なってくるので、いろいろな帽子を眼にすることだろう。

南米アンデス高地を旅する時には、女性が被る帽子も写真に収めたいものだ。

アンデス系民族のケチュア族とアイマラ族は、南米に広くペルー・ボリビア・エクアドルをメインに分布する、まさにインカの末裔だ

関連ページ

アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族... アンデス高原の主役:ケチュア族とアイマラ族 南米アンデス山脈は、南米大陸を貫く長大な山脈です。地域により住む人種も風景も全く異なるのですが、インカ系の人々が住む地域は、南米で最も広い範囲に及ぶでしょう。 ペルー・ボリビア・エクアドルを中心に、コロンビア、アルゼンチン北部、チリ北部、それぞれ標...
南米三大祭:ペルー・クスコのインティライミ(太陽の祭り)前夜... 冬至の祝祭「インティライミ」:太陽の祭り 毎年6月24日に開催される「太陽の祭(インティライミ)」は、豊穣な収穫への祈りと感謝を込めて、太陽と大地の神様に捧げられる冬至のお祭りです。 南米3大祭の一つに数えられる祭で、南米のみならず世界中から人が集まります。 「太陽の祭」を前に、既...
クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都... クスコの旧市街で散策をしながら一日を過ごせるとしたら、それはとても贅沢なことだ。 マチュピチュへの経由地としてクスコを訪れるが、旧市街の魅力は半日や一日では味わい尽くせない。忙しく通り過ぎることが多いのだが、何日かの時間を取りたいとは毎回思うことなのだ。 中央広場であるアルマス広場沿いの...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)... ウルバンバ谷の小さな村:ケチュア族のミスミナイ クスコから丸一日を使って、ウルバンバ谷を巡ります。 撮影ツアー(フォトツアー)の今日のテーマは、地元の人々の生活風景を撮ることです。 朝少し早くクスコを出発して、ウルバンバ谷へ。 最初に立ち寄ったのは、マラス村です。 朝早く出...
ペルー料理の原点:アンデスの神聖な料理「パチャマンカ」③... パチャマンカの完成 大地の窯で調理した「パチャマンカ」で、いよいよランチです。 バジルのような雰囲気の緑のソース「ワカタイ」で調理した鶏肉・牛肉・ニジマスは、見かけと違い繊細で美味そのもの。 各種お芋とソラマメを食べると、完食できないほどのボリュームです。 サラダも手が込んで...

ブータン-国交30周年記念「ブータン・日本 親善オファー」

代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」

パタゴニア

関連記事

  1. クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都

    2015.07.26
  2. トレッキング前の7つの高所順応プラン:ペルー・ブランカ山群

    2019.04.16
  3. ボリビア・レアル山群のソラタ村とイヤンプー峰

    2016.08.08
  4. 【ボリビア】ウルトラ・ボリビア・レース

    2013.07.12
  5. 【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力

    2017.06.03
  6. ペルー旅行手配:カーボンオフセットの販売

    2015.06.19
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP