Loading

風景写真家・松井章のブログ

ボリビアの夕景:霊峰イリマニとラパスの街並み

世界最高所の首都ラパスを包む幻想的な夕日

世界最高所の首都ラパスにて、すり鉢状の町の中心部(標高3600m)から、外縁部の街並み(4000m)と霊峰イリマニ(6439m)を夕日を撮影しました。

イリマニ山は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する神聖な山です。ラパスを見守るように聳えるイリマニ山はまさにラパスの象徴でもあります。

乾季のアンデス高原らしい雲一つ無い快晴のある日、昼間は宇宙を感じさせるほどに空の色が黒いほどに深く青い。そして、夕日の時間に空が橙色に染まると、まるで世界の全ても橙色に包んでしまうほどに強烈な夕日でした。

関連ページ:ボリビア

「ボリビア」ブログ関連記事集

フォトギャラリー:ボリビア


ボリビア旅行のエリア紹介:サイト・リニューアルしました

スペイン・サンティアゴ巡礼路:歩いて目指す聖地巡礼の歴史と魅力

関連記事

  1. 【動画】木曽駒ケ岳:厳冬の千畳敷カールの初日の出

    2020.01.29
  2. タンゴ:ブエノスアイレスで生まれた“哀愁と情熱”のリズム

    2021.05.21
  3. フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)

    2017.10.20
  4. 黎明の富士山を大岳山から望む:東京・御岳

    2019.01.06
  5. 《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群

    2017.04.24
  6. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:壮大な地球のリズムと“ムーラン”

    2020.03.20
パタゴニア
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP