Loading

PHOTO-BLOG

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第12号:11月6日発行

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第12号

エクアドル コトパクシ&チンボラソ名峰展望+ペルー・レインボーマウンテン 12日間

赤道直下のエクアドルには、標高2500m~3000mの高原が南北に細長く広がります。富士山のような円錐形の火山が林立する展望は、エクアドル・アンデスならではでしょう。エクアドルの名峰、コトパクシ山とチンボラソ山は、エクアドルを代表する名峰です。円錐形の山に張り付く氷河の迫力は、アンデスでも屈指です。ツアーでは、この2峰を展望するロッジに宿泊します。

 ◎出発日(乾季):2019年8月~10月。詳しくはお問い合わせください。

●滞在する標高の目安:宿泊高度は2500-2800mのキト周辺部で徐々に高度順応します。高度順応の後で富士山の山頂とほぼ同じ高所に宿泊します。
●歩行難易度:簡単な軽ハイキング。エクアドルのアンデス地域は道路網が発達していますので、約2~3時間ほどの軽いハイキングです。標高は高いですので、2~3時間ほどの歩行が体への負荷としては適度です。

ペルー・レインボーマウンテン

エクアドルで高所順応をした後は、国際線でペルーに移動して、クスコ近郊のレインボーマウンテンへ。
地層に含まれる鉱石の反射で七色に輝くことから、近年は非常に人気のあります。約6時間のトレッキングですが、標高が高いので丸一日かけて、ゆっくり歩きましょう。 山麓では、聖なるアウサンガテ山群を遠望できます。途中ではリャマやアルパカ、そして希少種のビクーニャなどのラクダを見る機会もあるでしょう。
※緊急時には馬で降りることもできます。

2月5日発『パタゴニア山岳写真撮影 パイネ国立公園とフィッツロイ山群 14日間』

2019年2月5日~18日の14日間で、パタゴニアの名峰を撮影する山岳写真専門のツアーです。朝日・夕日・星空の撮影まで時間を十分に確保して、添乗員・松井が撮影にお付き合いします
★旅行代金①+②: ①陸上費用:US$5,900 ②国際線・国内線チケット:220,000円~250,000円
※パーソナルポーター(キャンプ間のカメラ機材搬送:フィッツロイ):US$420
  ※専用パンフレットはご請求ください。
<ツアーのポイント>
①パイネ国立公園:絶景のロッジ連泊で撮影するグランデ峰とクエルノ峰
②フィッツロイ山群(1):テント泊3泊4日で撮影するフィッツロイ峰とセロトーレ峰
③フィッツロイ山群(2):専用車で撮影ポイントへ
④ペリトモレノ氷河と大草原パンパ、暴風を撮影
⑤朝日・夕日・星空の絶景ポイントと少人数催行の撮影メリット

①パイネ国立公園:絶景のロッジ連泊
チリ側のパタゴニアを代表するパイネ山群では、名峰を間近に展望するロッジに2連泊します。約3時間ほどの軽ハイキングで、絶景の撮影ポイントにお連れします。時間に応じたベストな撮影ポイントを熟知しています。朝日・夕日・星空の撮影もそれぞれベストなポイントにお連れします。また、野生動物の撮影チャンスもあります。コンドルやラクダ科のグアナコも撮影しましょう。

②フィッツロイ山群(1):テント泊3泊4日
パタゴニアを代表するアルゼンチンのフィッツロイ山群では、3泊4日のテント泊で撮影に臨みます。快適な設備と抜群の展望のベースキャンプでゆったり過ごしながら、山岳写真に集中しましょう。キャンプは、10名前後の宿泊者のみが入域できる特別な撮影ポイントです。ドーム型の食堂テントの窓からもフィッツロイを望めるので、椅子とテーブルのある環境で歓談しながら、撮影チャンスを狙えます。1日当たりの歩行時間は約4時間ほどで、撮影しながらゆっくりと歩きます。
また、カメラ機材を運ぶポーターを専属で雇うこともできます。歩行中も必要なときにカメラ機材を下ろして撮影できるように、ポーターはアシスタントのように荷物を運びます。
フィッツロイ峰のベースキャンプ2泊の後は、名峰セロトーレのベースキャンプにも1泊します。

③フィッツロイ山群(2):専用車で撮影ポイントへ
テント泊トレッキングの前後には、山麓のチャルテン村を基点に、朝日・夕日の撮影ポイントへ専用車でお連れします。山群からあえて少し離れることで、フィッツロイ峰とセロトーレ峰の両方をセットにした、フィッツロイ山群全景を撮影することができます。

④ペリトモレノ氷河と大草原パンパ、暴風を撮影
高さ60m・幅約5kmのペリトモレノ氷河では撮影にたっぷりと時間を確保します。地平線まで広がる草原や暴風を象徴するような対象物を見つけて、山以外にもパタゴニアらしい風景を撮影します。

⑤朝日・夕日・星空の絶景ポイントと少人数催行の撮影メリット
朝日・夕日・星空を無駄なく撮影するためには、現地を知り尽くしたガイド(添乗員)が非常に重要です。太陽・月の出没時間や角度を踏まえて、撮影のベストポイントにご案内します。また、撮影に全ての時間を費やし、添乗員も撮影にとことんお付き合いします。最少催行人数4名・最大6名の少人数限定のツアーで、撮影専門ツアーだからできる特別な内容です

7月11日発 「ピレネー山脈 2大山群展望トレッキングと、バスク地方“サンティアゴ巡礼路”ハイキング 11日間」

★旅行代金①+②: ①陸上費用:4,500ユーロ ②国際線・国内線チケット:160,000円~200,000円
※一人部屋追加料金:520ユーロ(山小屋を除く)
  ※専用パンフレットはご請求ください。

<ポイント>
①フランス側:ビニュマール峰展望トレッキング2日間(美しい山小屋に宿泊します)
②ガヴァルニー圏谷ハイキング
③フランス・スペイン国境越え:ローランの峠トレッキング2日間(美しい山小屋に宿泊します)
④バスク地方「サンティアゴ巡礼路」ハイキング
⑤スペイン料理の象徴「バル」巡り

<関連ページ>
中世スペインとアラビア文明の衝突:ピレネー山脈トレッキングの魅力
スペイン専用ページ


①ビニュマール峰展望トレッキング2日間
ピレネー山脈の特徴は、フランス側とスペイン側で、山容が大きく異なることです。フランス側は花崗岩の派手な岩峰群が林立しています。この北側を象徴する名峰が、ピレネー最高峰ビニュマール(3298m)です。人の少ない静かな草原を歩き、岩峰の懐深く入ります。宿泊はビニュマールを間近に展望する山小屋です。ヨーロッパらしい快適で美しい山小屋滞在を楽しみましょう。

②ガヴァルニー圏谷ハイキング
ピレネー山脈のフランス側を代表する景色といえば、世界遺産でもあるガヴァルニー谷です。円形劇場のような壮大な谷は、標高差約1000mの岸壁が圧倒的です。ヨーロッパ最大の滝“ガヴァルニーの滝”を往復します。

③フランス・スペイン国境越え:ローランの峠トレッキング2日間
ピレネー山脈のフランス側から歩き、フランスとスペインの国境の峠「ブレッシュ・ド・ローラン(2,807m)」“ローランの裂け目”を越えます。フランス側の急峻な岩峰の景色は、スペイン側に入ると巨大な渓谷の風景へと移り行くのが分かるでしょう。“ローランの裂け目”は、かつてスペインがまだイスラム教徒に占領されている時代は、ヨーロッパとイスラム世界を隔てる壁であり、関所のような役目を果たしました。スペイン側へ入ると、広大なオルデサ谷を望む大展望が広がります。
オルデサ谷を望む大絶景の山小屋に宿泊します。

④バスク地方「サンティアゴ巡礼路」ハイキング
ピレネー山脈を歩いた後は、バスク地方へ。バスク地方は、言語や文化がスペイン本国とは異なる特殊な地域です。バスク地方に2連泊して、「サンティアゴ巡礼路」を歩きます。スペインを横断するサンティアゴ巡礼路の一部は、バスク地方を通っています。田舎の小道を歩き、スペインらしい農村風景を見ながら歩きます。お昼ご飯は途中にある食堂で地元の料理を楽しみます

⑤スペイン料理の象徴「バル」巡り
スペインの食文化を象徴するのが「バル(バー)」です。夜はバルで、スペインのワインを飲みながら、無数のスペイン料理のメニュー「タパス」をつまみましょう。田舎町で地元の人が集うバルを探し、本物のスペイン料理を味わいます。

9月上旬発「チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園 10日間」


3~4年に一度、わずか10日間だけ砂漠に出現するアタカマ砂漠の花園。砂漠一面が地平線まで紫色に覆われる奇跡の絶景です。
2019年は周期的に出現の可能性が高いので、ツアー催行の予定です。
出発日は、花が確実に花が現れる時期を特定してからの決定となります。8月末~9月下旬のいつ頃現れるか具体的な日付は、一カ月半ほど前に、現地の状況を踏まえて決定となるでしょう。

出発日はなかなか決定しませんが、弊社のツアーでは、ピンポイントに満開の時期にお連れします。
アタカマ砂漠の奇跡の花園:専用ページ

スペイン語教室:アンディーナトラベル阿佐ヶ谷

◎トラベル・スペイン語
アンディーナトラベルのスペイン語教室では、旅行で実際に使うためのスペイン語を学びます。スペインを始め、中南米各国の訪れる国に合わせて、ベストな単語や発音を教えます。また、中南米・スペイン専門の旅行会社として培った広い経験とともに、スペイン語教育では、語学の学びだけではなく旅行の事前知識、スペイン文法の基礎教育、そして旅行や留学まで、スペイン語にまつわる全てをトータルコーディネートします。

◎学生の基礎スペイン語
基礎から文法を体系的に教えるのが、学生向けのスペイン語教室です。定期的な受講で長い目で勉強しましょう。中学生・高校生でスペイン語に興味をお持ちなら、ぜひ勉強してみましょう。基礎から学ぶスペイン語は細かい文法を学ぶ必要がありますので、日本人講師による授業が最もお勧めです
弊社で基礎を学び、スペインや中南米への留学も弊社で一括手配しています。留学を中期的な目標として、弊社でスペイン語教室を受講するのも良いでしょう
スペイン語教室:専用ページ

ヒマラヤの手配もお任せください:ネパール、ブータン、インド

アンディーナトラベルでは、ヒマラヤ山域の手配もしています。ネパール、ブータン、インドの山岳エリアで、トレッキングや秘境訪問ツアーを手配します。
日本から往復1週間で行ける場所もあります。南米の次はぜひヒマラヤを訪れてください。
オーダーメイドの専属ガイド同行ツアーで、ヒマラヤの名峰を望みましょう

関連ページ

会報誌「ポコアポコ 第3号」:目次 (10/21発行)... 季刊で発行している「アンディーナトラベル・クラブ」の会報誌『ポコ・ア・ポコ 第3号』(10月20日発行)の目次は、こちらとなります。 【目次】 ①会員特典:2017カレンダー『南米の一望千頃(いちぼう せんけい)』 ②「レンソイス縦断トレッキング」ツアーレポート ③2017年6月2...
会報誌「ポコ・ア・ポコ」第11号の見出し... アンディーナトラベル季刊会報誌「ポコ・ア・ポコ」第11号を発行いたしました。 下記、会報誌の見出しです。 ====== ・《改定・新企画》エクアドル・アンデス回廊縦断 コトパクシ&チンボラソ名峰展望の旅 10日間 ・ツアーレポート 『紅葉のパタゴニア周遊 フィッツロイ&パイネ国立公園...
秋のブータン:ツェチュ祭と秘境ブムタン地方、素朴な生活体験の旅... ヒマラヤの桃源郷:世界で最も幸福な国「ブータン」 世界で最も幸福度が高いと言われるブータン王国は、長く鎖国することで独自の文化と経済を守ってきました。 行き交う人々は本当に笑顔で、ブータンの人々にどれだけ癒されたことでしょう。 ブータンは、地政学的にはインドと中国に挟まれた厳しい環境で...
トラベルクラブ特典2017カレンダー「南米の一望千頃」... 「アンディーナトラベル・クラブ」の会員特典の卓上カレンダーを作成中です。 テーマを『南米の一望千頃(いちぼう – せんけい)』として、月ごとの写真をセレクトしています。 “一望千頃”とは、“広々としていて遠くまで見渡せる美しい景色”を意味します。 南米のいたる所にある「...
信州②:塩の道「千国街道」小谷村から糸魚川起点まで歩く4日間... 糸魚川から松本城下まで約120㎞を結び、かつて塩の輸送路として栄えた「塩の道」を、地元のガイドさんと歩く特別企画を作りました この「千国街道」は、信州側では「糸魚川街道」、越後側では「松本街道」と呼ばていました。この街道の一番の難所である、小谷村から約40㎞と糸魚川起点から約15㎞の間は、唯一...
会報誌「ポコ・ア・ポコ」第6号の見出し... 新年度(2017/2018)のクラブ会員の更新と「会報誌」発行に合わせて、新しい会員ページを解説しました。 今回の会報誌から全8ページにて、掲載内容・レイアウトともに充実しています。 冊子として、よくここまでできたものだと感慨深いです。WEB版、冊子版、どちらも時間をかけて作りましたので...

雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第12号の見出し

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 会報誌「ポコアポコ 第3号」:目次 (10/21発行)

    2016.10.21
  2. 会報誌「ポコ・ア・ポコ 1月号」目次 -1/12発行

    2017.01.11
  3. 会報誌「ポコ・ア・ポコ」第8号:7月12日発行

    2017.07.11
  4. 会報誌「ポコ・ア・ポコ」第6号:4月6日発行

    2017.04.06
  5. 信州②:塩の道「千国街道」小谷村から糸魚川起点まで歩く4日間

    2018.01.19
  6. 会報誌「ポコ・ア・ポコ 4月号」目次 -4/6発行

    2017.03.30
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP