Loading

PHOTO-BLOG

コンドルの姿をする、レアル山群の名峰コンドリリ

1.JPG
コンドリリ峰(5,648m)
コンドルが羽を広げたような形から名付けられた、ボリビアの名峰コンドリリは、アンデス山脈のレアル山群にあります。周囲には5,000~6,000m峰がずらりと並びます。
レアル山群の麓には、平均標高が3,600~4,500mのアルティプラーノ(高原)が延々と広がります。山群の西には広大なチチカカ湖があり、チチカカ湖からもレアル山群を展望できます。レアル山群のすぐ南に位置するのが、ボリビアの首都ラパスです。赤道の近く南緯17度ですが、5,000m以上には懸垂氷河をいくつも望めます。ラパスから飛行機で40分ほどの移動で、アマゾンのジャングルに着くとは想像もできない場所です。
コンドリリ峰へは、ラパスから片道2時間ほどの距離にあるため、日帰りハイキングも可能です。草原を徐々にゆったりと上がって行くハイキングですが、登山口の標高は4,200mです。コンドリリ峰の直下の湖、コンドリリBC(標高約4,600m)へは片道2~3時間ほどのハイキングとなります。高所順応をした上でゆっくりと歩けば簡単に行けるハイキングです。
コンドルが羽を広げたような山容には、独特の迫力があります。森林限界をゆうに越えた大草原の中で、アルパカの放牧を見ながら、のんびりとアンデス山脈を望むのも贅沢です。
山歩きに慣れている必要はありますが、プレ・インカ時代から文明発祥の地とも呼べる地域で、コンドルを象徴する山を望むハイキングをしながら、アンデスの自然を感じる。ボリビアでも「歩く」ことで、特別な旅を楽しめます。
健脚向けのコースでは、コンドリリ周辺をぐるりと歩く3日間のトレッキング・ルートもあります。コンドリリ以外にも、もう一つの名峰ワイナポトシ(6,088m)も望めます。
2.JPG
コンドリリBCでは、コンドリリの形も少し変わります。
3.JPG
4.JPG
ワイナポトシ峰
5.JPG
コンドリリ遠望
6.JPG
ラパスのサガルナガ通りにて

関連ページ

アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...
ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景... 市街のどこからも望める霊峰イリマニ山は、ラパスのシンボルのような山だ アンデス山脈の支脈・レアル山群の東端に位置する単独峰で、“イリマニ”は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する。 イリマニ山を背後に配して、ラパス市街の写真を撮りたかった。 旧市街の細い路地を辿り、展望台へ向...
ボリビア・レアル山群のソラタ村とイヤンプー峰... ボリビア「帝王の山脈」:レアル山群 ボリビアの高原地帯アルティプラーノとアマゾンの間、東西にボリビア仕切る屏風のようにレアル山群の山々がずらりと並びます。 そのレアル山群の山中で、山脈を望む絶景のソラタ村を目指します。 レアル山群は、「インカの王様の山脈」=帝王の山脈という意味です。 ...
アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて... 「太陽の島」は、インカ帝国発祥の地と言われる聖なる島だ。 周囲のチチカカ湖沿岸には、プレ・インカ時代からの古い遺跡が多く集中する。アンデス古代文明にとって、チチカカ湖はひとつの核心部であるのだろう。 湖岸のコパカバーナから、ボートで約1時間かけて「太陽の島」へ。 チチカカ湖とアンデス山脈を...
ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ... 峠を越えるたびに、谷を過ぎるたびに、景色は変わっていく。 家畜であるリャマの姿は徐々に減り、野生のビクーニャをよく目にするようになる。 大きな景色の中では、ついつい小さな変化の連なりを見落としてしまいそうだ 長い移動時間では、ガイドと運転手とのコミュニケーションは重要だ。 大変な悪路...
アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ... 早朝の夜明け前、気温はマイナス10度まで下がる。 朝は車内でも完全防備だが、陽が昇ると、車内の気温はぐんぐん上がっていく。 これほど太陽の偉大さを感じることはないだろう。 今日も砂漠を移動するが、同じ砂漠なのに景色は違う 次にどんな景色が待っているのか、常にわくわくできる ラグーナ...

【ボリビア】「太陽の島」を歩き、丘の上のロッジに泊まる

パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

関連記事

  1. アンデス高原のラクダ「アルパカ」

    2019.01.28
  2. ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)

    2017.07.17
  3. ボリビア・ティワナク遺跡と先インカ時代の謎

    2019.01.31
  4. ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)

    2016.10.26
  5. 【雨季・ウユニ塩湖】年末年始「塩のホテル」のお部屋、確保しています!

    2013.05.17
  6. 【ボリビア】アマゾン川の源流から

    2013.06.03
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP