Loading

PHOTO-BLOG

アンデスの壮麗な峰を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング


南米を代表する高峰が集中するペルー・ブランカ山群は、南米で最も壮麗な山が集中している地域と言ってもよいでしょう。

その迫力はヒマラヤに引けを取らないほどの密度の濃さを誇ります。
車道が発達していることから、日帰りハイキングや、車のみを使っても山岳展望を十分に楽しむことができます。
しかし、やはりテント泊トレッキングで奥に入り込まなければ、見ることができない山や景色があります。

ブランカ山群の核心部ともいえる迫力の展望が続くサンタクルス谷を3泊4日で歩くコースは、南米でも随一の山岳展望を楽しめるコースです。
ハイライトは越える最高地点・ウニオン峠(4750m)です。峠からは、タウリラフを間近に望みます。

アルパマヨ(東面)、チャクララフ、アルテソンラフ、キタラフなど、5000-6000m峰が次々に現れる屈指の山岳展望を誇るコースなので、この「サンタクルス谷トレッキング」をお勧めしています。

トレッキングには、専属トレッキング・ガイドを始め、専属シェフ、アシスタント、共同装備を運ぶロバ(またはリャマ)の馬方が同行します。

キャンプの限られた環境の中で、シェフは知恵の限りを尽くして、ペルー料理や和食などを作ってくれます。

日本人のアテンドに慣れたスタッフが、心の限りに笑顔をサービスを提供してくれるので、ブランカ山群を一度歩くと、スタッフにも再会するために
きっと再訪したくなるものです。

「サンタクルス谷」は随一の展望と、適度な体力の消費で歩ける完成度の高いトレッキング・コースです。

テント、携帯トイレ(テント型)、寝袋、マット、テーブル、椅子は現地で用意して、運搬はロバが行います。
また、衛星携帯電話はガイドが所持しており、起点の町・ワラスの事務所とは定時に交信もしているので、安心してすべてお任せいただけます。

再訪すれば、次にはもっと奥深く「アルパマヨ・ベースキャンプ」や近郊の「ワイワッシュ山群」を歩くコースなど、様々なバリエーションへと興味が向かうでしょう。

手軽に日帰りハイキングや専用車利用で巡るブランカ山群もとても良いのですが、テント泊の縦走トレッキングだから見れる景色があるのです。

関連ページ

●エリア紹介:ペルー・ブランカ山群
●モデルプラン集:ペルー・アンデスの氷雪峰を望む「ブランカ山群トレッキング 9日間」


アンデス山脈を巡礼する/ペルー・ボリビアの原風景

パタゴニア・フィッツロイ峰の奇跡の朝日を見るために

関連記事

  1. 【ペルー・アンデス】「ブランカ山群トレッキング」シーズン、あとわずか!

    2013.08.16
  2. 中南米グルメ・ブログ 「ラテンの台所」

    2015.11.17
  3. 写真展のお知らせ:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  4. インカトレイル③:アンデスと遺跡が織りなす展望の道

    2017.12.19
  5. 雲間から現れるチョピカルキに舞うコンドル

    2015.07.09
  6. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事


PAGE TOP