Loading

風景写真家・松井章のブログ

スペイン・バスク地方:ビルバオ名物の厚底グラス「チキート」

700gの厚底グラス「チキート」

スペイン・バスク地方のビルバオ名物「チキート」は、重さ700gもあるワイングラスです。手が震えない程度に重く作ってあります。かつてはビルバオの「バル」ではこのグラスが使われていたそうです。一杯飲んだら他のバルへと巡る様にわざと重く設計されたそうです。バスク地方のバル巡り「チキテオ」の語源はこのグラスにあります。

チキートは一見すると高価には見えませんが、このグラスを作ることができる機械は今一台しかないそうで貴重なグラスです。
高さ10cmですが、ワインが入る部分はわずか4cmで、残りは分厚い底となっていて、重さは700gもあります。

チキートの起源

チキートがビルバオで使用されるようになって約100年ほどです。言い伝えによれば、その起源は1920年のビクトリア王妃の訪問に遡るそうです。
王妃の訪問を歓迎するために、ビルバオの町中が多面体のガラス製のランプで飾り付けがされました。訪問後にそのランプの使い道のとして、バルでグラスとして使い始めました。

バル巡り「チキテオ」とは

バスク地方の「バル巡り」または梯子酒のことを「チキテオ」と呼ぶのは、最近は日本でも知られています。
このチキテオはチキートに由来します。
かつてはビルバオのバルではこのチキートが使われていたからです。バスクの人が好むバル巡りでは、陽気に合唱をするほどに盛り上がりながら何軒もはしごするのですため、多くのワインを摂取することになります。
ワインを続けて飲む人は、少なくとも「重いグラスを持ち上げることができる人」だけが飲めるようにと重く細工されたとも言われます。

関連ページ:バスク地方

南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

南米の美食「ペルー料理」おすすめ13選

関連記事

  1. アンダルシア地方の古都・グラナダの歴史

    2023.07.23
  2. スペイン・ピレネー山脈の奥地へ:オルデサ渓谷のトルラ村

    2022.11.22
  3. 動画:『旅ラン@スペイン:バスク地方の古都サンセバスチャン』

    2019.10.23
  4. スペイン・サンティアゴ巡礼路:歩いて目指す聖地巡礼の歴史と魅力

    2020.07.27
  5. 「ホアキン・イバルス展」開催/インスティトゥト・セルバンテス

    2024.02.29
  6. スペイン・バスク料理「ピンチョス」と「タパス」の違いとは?

    2020.01.08
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP