Loading

風景写真家・松井章のブログ

パイネ国立公園のアマルガ湖畔からトーレス峰を望む

パイネ国立公園の絶景ポイント:アマルガ湖

東西に分かれるパタゴニアで、西側のチリで最も有名なのがパイネ国立公園です。

花崗岩の2000m級の岩峰がひしめきあっています。
正式名称は「トーレス・デル・パイネ国立公園」です。トーレスとは「塔」を意味します。
パイネ山群の山々はまさに塔と形容されるような峰が集まります。

パイネ国立公園を巡るときは、山群の懐に深く入り込むので、なかなか遠望することができません。

展望地によって、パイネ山群の形も全く異なるのですが、アマルガ湖畔はお勧めです。

アマルガ湖の「アマルガ」は「苦い」を意味するスペイン語です。高濃度の塩湖で、岸辺にはびっしりと塩の結晶が積もっています。
おそらくこの湖に生息する藻の影響ですが、うっすらと緑色で、晴天の日に、空の青と混ざると、何とも言えない美しさになります。

水深が浅いことから、朝は鏡のように凪いでいることが多いです。
この藻を食べるために、フラミンゴがいることもあります。

アマルガ湖からのパイネ山群の展望では、右奥に国立公園の名の由来となったトーレス・デル・パイネ峰が見えるのが特徴です。3本の岩塔が見えるポイントは少ないので、こうして美しいアマルガ湖とともに素晴らしい絶景となります。

デメリットがあるとすれば、その他のクエルノ峰やグランデ峰は、左側の前衛峰アルミランテに隠れてしまっていることでしょう。

とはいえ、訪れるツーリストも少ないので、パイネ山群の絶景を満喫できる場所です。

パタゴニアのラクダ「グアナコ」と過ごすひととき

ペルー大使館にて

関連記事

  1. 狂おしい“地球の鼓動”⑥:“一瞬に燃える”アタカマ砂漠の花畑

    2019.10.13
  2. 野生動物を撮るコツ:パタゴニアのグアナコ

    2019.08.07
  3. BA Styleコラム2月号:アルゼンチンの郷土料理「エンパナーダ」

    2022.02.07
  4. 暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」

    2015.09.16
  5. 【動画】富士山と星降る空を望むin本栖湖・浩庵キャンプ場

    2020.12.21
  6. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
パタゴニア
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP