Loading

PHOTO-BLOG

雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する

ボリビア・雨季のウユニ塩湖

12月下旬から「雨季・ウユニ塩湖」のシーズンが始まります。

鏡張りのウユニ塩湖を展望するには、連泊が鍵となるでしょう。

雨雲が多いので、天候待ちをできる余裕を持つために、2日間は終日でウユニ塩湖に入れる時間を欲しいところです。

そして鏡張りになるためには、水面が波打たないほどに無風に近い状態も必要です。

雨季は塩湖の中央部は水没するので、塩湖の縁の一部を訪れるのみですので、雨季のウユニ塩湖では基本は車を止めてのんびりと天気待ちをしながら過ごします。

ウユニ塩湖の畔に建つ「塩のホテル」に宿泊すると、すぐそこにウユニ塩湖があるので、絶景に出会える可能性も非常に高いです。夜明けや星空も宿の周辺で望めるからです。


他方、4月から始まる乾季のシーズンは、地平線まで広がる塩湖を縦横断できるので、乾季・雨季それぞれにウユニ塩湖は全く違う景色が広がります。

関連ページ

ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)... 塩の大平原:乾季のウユニ塩湖 乾季のウユニ塩湖では、無限にも広がる塩の大平原を疾走するのが大きな魅力だ。 真っ白な大塩原に凹凸は無く、遠くに見える対岸の山を目印に、車は延々と1時間も2時間も進む。 まるでこの世とは思えないような「白」と青空の「青」だけの世界は、私たちの文明世界とは完全...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ... ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。 フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。 たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...
乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...
乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...

写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

関連記事

  1. 「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

    2018.05.03
  2. 乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④

    2015.06.24
  3. 【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ

    2015.11.07
  4. アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ

    2015.07.03
  5. ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①

    2015.06.20
  6. チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

    2015.07.19
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP