Loading

PHOTO-BLOG

「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞


海外の写真コンテスト「The EPSON International Pano Awards 2017」で、代表・松井の写真が『Special Awards』に入賞しました。

この写真は、パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓で撮影した夕焼けです。暴風の吹き荒れるパタゴニアに訪れた奇跡のような一瞬でした。

オーロラのように揺らめく雲は、パタゴニア独特の高積雲です。夕日の一線が、滑らかに揺れる雲に当たったときに、夕焼け雲は不気味なほどに橙色に輝きました。

光が創り出した一瞬の絶景にたまたま巡り合わせた幸運に、夕焼けを見ながら震えるほどに感動したのを覚えています。

絶景の写真の背後に、撮影している自分の感動を少しは封じ込めることができたのではと思います。

掲載ページ:The EPSON International Pano Awards

●Winners Gallery 2017 : https://thepanoawards.com/2017-winners-gallery/
  *Special Awards/ Sunset in Patagonia

関連ページ

パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地... “嵐の大地”と呼ばれるパタゴニアで、雲一つ無い夜空に、満天の星を望めたなら、それはとても幸運なことでしょう。 フィッツロイ峰は、先住民テウエルチェ族に“チャルテン=煙を吐く山”と呼ばれるほどに、雲はまるで噴煙であるかのように、山頂部に張り付くと離れない山であるからです。 秋のある日、...
天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) キャンプを出発して、いよいよパタゴニア大陸氷床へ最後の登りだ フィッツロイを背にして、前方の視界はさらに開けて行く 雪の白か空の青だけの世界だ 遠く西の彼方に、屏風のようなマリアーノ・モレノ山群が見える。ここに来なければ見る事のできない山々だ。 大陸氷床...
マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。 ...
フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ... パタゴニアの春の象徴:アネモネ まだ冷たい風がアンデス山脈から吹き下ろす早春のパタゴニア・フィッツロイ山麓は、花の季節です。 新緑の緑や花々の生命が一気に芽吹く早春のパタゴニアは、まだツーリストも少ない静かで美しい季節です いろいろな花が咲く春で、パタゴニアの春を象徴するように咲く花と...
パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む... パタゴニアで見るべき景色をいくつか挙げるとしたら、名峰フィッツロイの朝日が一番となるだろうか ペリトモレノ氷河の大氷壁や大草原パンパ、そしてパタゴニア独特の雲「レンズ雲」も見るべき景色だが、フィッツロイ峰の朝日は次元が違う美しさだからだ パタゴニアの名峰フィッツロイとは パタゴ...

季刊・会報誌「ポコ・ア・ポコ」第9号の見出し

ネパール・トレッキングの魅力:ヒマラヤ・エベレスト街道

関連記事

  1. 謹賀新年2017:悠々と舞うコンドルに寄せて

    2017.01.01
  2. パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー

    2015.09.05
  3. 映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動

    2018.07.30
  4. 前進するペリト・モレノ氷河が作る氷のアーチ

    2015.04.20
  5. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
  6. パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

    2015.10.05
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP