Loading

PHOTO-BLOG

貿易風とアマゾンが作る奇跡の絶景:レンソイス砂漠

水晶の白い砂漠「レンソイス」の成り立ち

白いキャンバスに翡翠を散りばめたような世界。
巨大な砂漠をキャンバスに、湖を翡翠に例えたとしたら、それは荒唐無稽な景色だろうか

レンソイス砂漠は水晶の粒で成り立つ白い砂漠だ。その地下に膨大な水を蓄える雨期明けの数ヶ月、砂漠から滲み出た水が、砂漠に無数の湖を形成する。
水晶の砂粒は光線の微細な変化を映す万華鏡のように、眩く色彩変化する

わずか数ヶ月の奇跡のように儚い絶景は、壮大な地球のリズムに支配されている
南米大陸で肩のような部分に当たるブラジル北東部の沿岸は、貿易風の影響で東風が吹く。西の内陸のアマゾンから流されて来る土砂が風に撹拌されて、悠久の時を経て硬い水晶の結晶だけを残し砂漠を形成した。
貿易風は恵みの風でもある。雨季には雨をもたらし、地下に水を蓄えていく。地下から水が溢れ出す季節がレンソイスで最も美しい季節なのだ。

《旅の仕方》

レンソイスを半日だけ訪れるツーリストが大半だが、もっと滞在を楽しみたい。
年々、滞在の選択肢が増えているので、旅の仕方も工夫できる
レンソイスに何日滞在できるか、そして滞在中は何をするか、歩くのか、あるいはのんびしたいのかなど、テーマを作ると面白いだろう

歩きたければ、半日、1日、2日、あるいは縦断トレッキングで3日も可能だ。
車とボートをうまく活用すると、1日、2日ほどで体力を使わずにレンソイスの奥地へ行くこともできる。

ブラジル:エリア紹介ページ

関連ページ

レンソイス砂漠をトレッキングで歩く... ブラジルのレンソイスでは、テント泊から日帰りまで、トレッキングをすることができます。 国立公園として厳しく開発が規制されていることから、テントを張れる手配は現地の限られた人に限られています。 レンソイス近郊のバヘリーニャスへの道路が開通して、まだ12年しか経っていないので、これからトレッカー...
レンソイス砂漠トレッキング:異世界的な絶景が広がる... 一年に数ヶ月だけ現れるエメラルド色の湖は数百におよび、それらの湖と白砂の砂漠が織りなす景色には、「異景」という言葉がぴったりです。 地平線まで真っ白な砂漠はまるで雪原のようで、サングラスが無ければ“雪焼け”ならぬ“砂焼け”してしまうような場所です。 風の音以外に何も聞こえない砂漠を歩き、湖畔...
《動画》ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」... 動画で追体験するレンソイス:奇跡の絶景 アマゾン上流から流されてきた水晶の結晶が、気の遠くなるような年月をかけて蓄積して形成されたのが、ブラジルの「レンソイス砂漠」です。 大西洋から吹き付ける風と波に洗われて、純度の高い白い砂漠ができるまでの創生の歴史は、人智の及ばない壮大な「地球のリズム」...
黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)... レンソイスの東の端、プレギサス川を超えると砂の色が変わります。 真っ白であった砂は、東端の“小レンソイス”と呼ばれる地域では、砂の色が黄色です。 なぜ砂の色が違うのか諸説あるようですが、石英の純度の違いで、レンソイス本体よりも“小レンソイス”は黄色であるようです。 小レンソイスは、その名の...
個人旅行・添乗員ツアー:レンソイス旅行の手配(ブラジル)... 一年の内でわずか3ヶ月だけ現れる約2万個の湖が織りなす景色は、世界でも稀な絶景です。 砂漠とはいえ地下には水が溜まることから過ごしやすく、風が吹けば無限の風紋が現れます。朝日や夕日、そして星空まで、レンソイス砂漠が秘める魅力や秘密を感じるためには、なるべく滞在時間を増やす必要があります。 ...
ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々... 拡大と縮小を繰り返すレンソイス砂漠の畔。砂漠と文明の隙間に細長く伸びるオアシスは、上空から望めば緑の帯のように見えます。 緑の帯は、広大で豊かなカシューナッツの林です。乾季は収穫の季節です。カシューナッツの林を開墾して、マンディオカ(キャッサバ)が植えられています。ほとんど世話をする必要もなく...

パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

関連記事

  1. レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ

    2014.08.12
  2. 個人旅行・添乗員ツアー:レンソイス旅行の手配(ブラジル)

    2017.06.26
  3. ブラジル・レンソイス砂漠:旅の3つのポイント

    2015.03.13
  4. レンソイス砂漠を歩く「3つのプラン」:ブラジル旅行

    2017.04.15
  5. レンソイス砂漠の冷却:地下に貯まる膨大な水とは(ブラジル)

    2015.03.31
  6. 世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

    2015.03.16
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP