Loading

風景写真家・松井章のブログ

黎明の富士山を大岳山から望む:東京・御岳

黎明に浮かぶ日本一の名峰・富士山

1日の中で一番神秘的な時間は、薄明の時間ではないだろうか。特に、夜明け前の黎明は、人に原初的な畏れと希望を同時に喚起させる。鳥たちも息をひそめるように静まり、じっと日の出を待っている時間帯だ。

星が瞬く夜闇は東の空から開け始め、空は紫から橙色へと刻一刻と変化する。地平線に浮かぶ富士山もまた、淡い光に柔らかく照らされる。静寂の中で変化する色彩の美しさは、日の出に照らされた祝祭的な輝きとは対になるようだ。

夜明けの時間、躍動的な東の空に注目するのではなく、あえて静寂に包まれる西の空を望むと、黎明の美しさにも心を奪われるかもしれない。

●撮影地:御岳山塊の大岳山(東京)

関連ページ:東京・御岳

富士山の初日の出「紅富士」を東京・大岳山から望む

富士山の初日の出「紅富士」を東京・大岳山から望む

アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

関連記事

  1. 南米の写真をインテリアとして空間演出:アートパネル

    2017.06.08
  2. 東京の絶景撮影:ビル群と夕日を撮る

    2023.12.25
  3. アートフォト・ギャラリー「1x」選出作品:ボリビアの小さな村で

    2022.08.11
  4. 《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ

    2017.11.20
  5. 早春の北海道:稚内から礼文島へ

    2022.05.31
  6. ペルー文化遺産「プカラの牛」巡回展(東京)開催

    2022.11.04
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP