Loading

風景写真家・松井章のブログ

アルパカの楽園へ/アンデス高原の原風景

アンデス高原に暮らすアルパカ達

標高3500mを超えるくらいから、ラクダ科のアルパカにとって最も適した気候となります。

その愛らしいモフモフの顔は、アンデス高原の厳しい寒さから身を守るために進化しました。

アルパカと人との共生関係は2000年以上前に遡ります。

インカ文明よりも遥か昔に、アルパカは野生ではなく、人と生きるようになりました。

写真はペルーのアレキパ地方で撮影しました。
標高4500mほどの大草原は、アルパカ、リャマ、ビクーニャなど、高原に暮らすラクダ3種の楽園です。

動画「ペルー絶景旅行ガイド」

ペルー関連ページ

「ペルー」ブログ関連記事集

「ペルー旅行」専用ページ

アルゼンチンの伝統工芸:銀細工の工房へ

「ラテンアメリカ・カリブ映画祭2023」開催中です

関連記事

  1. 【ペルーの風景写真】アンデス山脈の生活風景を撮影する

    2020.05.27
  2. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
  3. 《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ

    2017.11.20
  4. 【悠久の南米大陸】NHKラジオ「まいにちスペイン語」5月号

    2021.06.20
  5. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  6. 国際文化紹介展示「心いやされる場所」in東京ミッドタウン

    2022.09.22
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP