Loading

PHOTO-BLOG

キューバの英雄:対話するカストロ

カストロが多くの知識人を虜にするのは、その対話力にあるのだと思う。

オリバー・ストーンやイグナシオ・ラモネとのインタビューに臨むカストロを見ていて、つくづくそれを感じたのだ。対話というコミュケーションを大切にするカストロは、好まない相手や愚問であったとしても、真摯に応えるらしい。相手の思うことをじっくりと聴き、大げさなジェスシャーとともに激しさや優しさを込めて全力で応える。断ち切りも押しつけもせず対話をすることは、なんて難しいことだろう。地位が高くなれば、なおさらその我は強くなるだろう。50年も自分を律するのだから、それはもう趣味に近いのかもしれない。

軍服姿で真っ白なスニーカーを履いて歩く巨人からまず学ぶべきは、カストロの真髄とも言える「対話」かもしれない。

社会主義という一種の平等主義の中で、共産圏にありがちな馴れ合いによる腐敗をキューバは最低限に抑えていると思う。それは町を歩いて感じるのだ。日本の中小企業でさえもその腐敗を免れないのに、国がその清廉さを保つのはカストロという巨大な対話者がいるからだろうか。

対話のない短絡的な言動には、本来の善さえも急進的にひっくり返して、ただの迷惑に替えてしまう。指導者が一番大切にすべきなのは、ビジネス力でもビジョンでもなく、思想に裏打ちされた対話力かもしれない。

にじり寄るようなコミュニケーションって大変だ。
でも、そこにしか道はないのかもしれない。

fidel_castro_r.jpg

関連ページ

キューバ専用ページ

関連ページ

「土」を軸に、キューバ革命の意義を考える... 土から離れて、人は生きることはできない。ネットの仮想空間でも、海の上でも、土がなければ人は生きていくことができません。土さえあれば、貧しくても人はきっと生きて行く事ができます。 フィデル・カストロが先導するキューバ革命という事象は、その「土」を取り戻すために引き起こされました。キューバ革命...
映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン... ロードムービー「モーターサイクル・ダイアリーズ」 映画「モーターサイクルダイアリーズ」は、チェ・ゲバラが南米大陸の抱える矛盾を肌で感じて、行く行くはキューバ革命に身を投じることになる“放浪の旅”を題材にした「ロードムービー」です。 ゲバラが生まれ育った時代は、第一次世界大戦と第二次世界対戦で...
キューバ革命の英雄:フィデル・カストロ... フィデル・カストロの神秘的な確信とは 「これでバティスタの命運は尽きたな。俺たちはきっと勝つ」。「グランマ号」にすし詰めで乗った82人の兵士は、キューバに上陸してすぐに待ち伏せに遭う。革命家フィデル・カストロが、生き残った十数人の兵士を前に昂然と言い放ったセリフである。「神秘的とも呼ばれるほど...
カリブの真珠・キューバ:古都を巡り展望の山へ大横断... “カリブの真珠”との異名を持つ美しい島国・キューバに、変化の波が急速に訪れています。 昨年のフィデル・カストロの急逝により、キューバ革命は大きく中断した感もあります。“思想の実験場”として始まったキューバは、アメリカによる幾多の圧力を乗り越えて独特な魅力を発するようになりましたが、今は大き...
キューバの伝説的なドキュメンタリー映画「コマンダンテ」... アメリカで上映を禁止された作品といえば、誰もが興味を引くことになるでしょう。 言論の自由が保証されているはずの自由の国・アメリカは上映を禁止して、自由の敵であるはずの独裁者カストロが自分の素顔を世界にさらけ出す。確かに問題作です。 「コマンダンテ」はスペイン語で司令官を意味する名詞で...
キューバとアメリカの国交正常化、一気に進む... キューバとアメリカの国交正常化は、キューバにいったいどのような変化をもたらすのか これは人の前向きな欲望に関わることなので良し悪しは言えないにしても、思想的にも、世界に与えるインパクトはとても大きいと思う。 特に他の左派系の国としては、置いて行かれた気分ではないだろうか。 国交正...

発作的評伝① マルコス副司令官 サパティスタ民族解放軍<EZLN>

アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

関連記事

  1. キューバとアメリカの国交正常化、一気に進む

    2016.02.20
  2. キューバ革命の英雄:フィデル・カストロ

    2011.02.05
  3. アルゼンチンの情熱の波及:キューバ革命と、チェ・ゲバラ

    2016.12.05
  4. 映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン

    2016.02.24
  5. キューバ革命の理想:フィデル・カストロの社会正義と国際主義

    2014.12.03
  6. 「土」を軸に、キューバ革命の意義を考える

    2012.10.14
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP