Loading

PHOTO-BLOG

キューバの伝説的なドキュメンタリー映画「コマンダンテ」

comandnate2.jpg
アメリカで上映を禁止された作品といえば、誰もが興味を引くことになるでしょう。

言論の自由が保証されているはずの自由の国・アメリカは上映を禁止して、自由の敵であるはずの独裁者カストロが自分の素顔を世界にさらけ出す。確かに問題作です。

「コマンダンテ」はスペイン語で司令官を意味する名詞ですが、キューバではフィデル・カストロの愛称となっています。映画「コマンダンテ」は、社会派として知られるオリバー・ストーン監督による、インタビュー形式のドキュメンタリーです。撮影の条件として「いつでも撮影をやめることができる」としたが、実際には一度の制止も検閲もなく撮影されたそうです。

キューバ国内に自身の肖像も銅像も飾ることを禁じたカストロは、公式の伝記執筆も許可していません。カストロの素顔を1つの映画で撮った唯一の作品となるでしょう。

キューバに興味のある方には、まさに必見の作品です。
comandante.jpg

関連ページ

キューバ専用ページ

関連ページ

映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン... ロードムービー「モーターサイクル・ダイアリーズ」 映画「モーターサイクルダイアリーズ」は、チェ・ゲバラが南米大陸の抱える矛盾を肌で感じて、行く行くはキューバ革命に身を投じることになる“放浪の旅”を題材にした「ロードムービー」です。 ゲバラが生まれ育った時代は、第一次世界大戦と第二次世界対戦で...
キューバ革命の英雄:フィデル・カストロ... フィデル・カストロの神秘的な確信とは 「これでバティスタの命運は尽きたな。俺たちはきっと勝つ」。「グランマ号」にすし詰めで乗った82人の兵士は、キューバに上陸してすぐに待ち伏せに遭う。革命家フィデル・カストロが、生き残った十数人の兵士を前に昂然と言い放ったセリフである。「神秘的とも呼ばれるほど...
キューバとアメリカの国交正常化、一気に進む... キューバとアメリカの国交正常化は、キューバにいったいどのような変化をもたらすのか これは人の前向きな欲望に関わることなので良し悪しは言えないにしても、思想的にも、世界に与えるインパクトはとても大きいと思う。 特に他の左派系の国としては、置いて行かれた気分ではないだろうか。 国交正...
カリブの真珠・キューバ:古都を巡り展望の山へ大横断... “カリブの真珠”との異名を持つ美しい島国・キューバに、変化の波が急速に訪れています。 昨年のフィデル・カストロの急逝により、キューバ革命は大きく中断した感もあります。“思想の実験場”として始まったキューバは、アメリカによる幾多の圧力を乗り越えて独特な魅力を発するようになりましたが、今は大き...
キューバの英雄:対話するカストロ カストロが多くの知識人を虜にするのは、その対話力にあるのだと思う。 オリバー・ストーンやイグナシオ・ラモネとのインタビューに臨むカストロを見ていて、つくづくそれを感じたのだ。対話というコミュケーションを大切にするカストロは、好まない相手や愚問であったとしても、真摯に応えるらしい。相手の思うこと...
アルゼンチンの情熱の波及:キューバ革命と、チェ・ゲバラ... アルゼンチン人:‟チェ”・ゲバラ サンタクララの戦いで勝利を収めた革命軍によるハバナ進軍は、バティスタ政権の敗北と革命軍の勝利を世界に知らしめる象徴的な行進であっただろう。 その行軍のトップにいたのは、アルゼンチン人のチェ・ゲバラだ。 本名はエルネスト・ゲバラ。「チェ」とはスペイン語の...

キューバ革命の英雄:フィデル・カストロ

発作的評伝① マルコス副司令官 サパティスタ民族解放軍<EZLN>

パタゴニア

関連記事

  1. カリブの真珠・キューバ:古都を巡り展望の山へ大横断

    2017.01.30
  2. 映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン

    2016.02.24
  3. キューバ革命の理想:フィデル・カストロの社会正義と国際主義

    2014.12.03
  4. キューバとアメリカの国交正常化、一気に進む

    2016.02.20
  5. キューバ革命の英雄:フィデル・カストロ

    2011.02.05
  6. キューバの英雄:対話するカストロ

    2011.04.05
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP