Loading

PHOTO-BLOG

キューバ革命の英雄:フィデル・カストロ

フィデル・カストロの神秘的な確信とは

「これでバティスタの命運は尽きたな。俺たちはきっと勝つ」。「グランマ号」にすし詰めで乗った82人の兵士は、キューバに上陸してすぐに待ち伏せに遭う。革命家フィデル・カストロが、生き残った十数人の兵士を前に昂然と言い放ったセリフである。「神秘的とも呼ばれるほどの確信」、この天性がフィデルをキューバ革命に導く。 

ホセ・マルティに大きく影響を受けたフィデルの思想は、アメリカに搾取されるキューバ国民を解放するという「民族主義」が出発点だ。戦略家としての類まれな能力を発揮して、元弁護士のフィデルは、国をひっくり返す。ラテン・アメリカの人々にとって、「マチスモ」の象徴、それはフィデルであっただろう。 

バティスタを倒し、興奮して喜ぶ民衆に彼は言う、「革命は今から始まるのだ」と。多くの同志が去り、ゲバラも去った。ある意味では、かっこ良く去った。しかし、カストロは革命を続ける。革命のためであれば、どんな犠牲もいとわない。社会正義と民族主義に立脚した理想主義を、冷徹なまでの現実主義で貫く。ソ連が運命的な腐敗の末に崩れ去ったが、キューバは踏ん張る。アメリカにより「悪の枢軸国」に加えられ、不当な経済封鎖をくらう。しかし、平等主義の名の基に教育を広め、世界でもトップクラスの数の医師を国費で育てる。国際主義を唱え、アフリカに多くの医師を派遣する。予防医学に優れ、幼児死亡率はアメリカより低い。強いいじめられっ子である。その平等主義に不満を抱く人もいるだろう。決して理想郷ではない。様々な矛盾を抱える、思想の実験場のような国である。

キューバ上陸時のわずかな生き残りの中には、フィデルをはじめ、弟のラウル、チェ・ゲバラ、カミーロ・シエンフエゴス、フアン・アルメイダがいた。革命の元勲である彼らが、この戦闘の生き残りの中に入っているのは奇跡である。キューバ革命という一つの伝説は、そのまま世界の不可解さ、未知を体現している。

革命から50年以上の時が過ぎた。85歳の巨人は休まない。

「祖国か、死か」
革命は今も進行している。

関連ページ

キューバ専用ページ

関連ページ

キューバの英雄:対話するカストロ カストロが多くの知識人を虜にするのは、その対話力にあるのだと思う。 オリバー・ストーンやイグナシオ・ラモネとのインタビューに臨むカストロを見ていて、つくづくそれを感じたのだ。対話というコミュケーションを大切にするカストロは、好まない相手や愚問であったとしても、真摯に応えるらしい。相手の思うこと...
キューバとアメリカの国交正常化、一気に進む... キューバとアメリカの国交正常化は、キューバにいったいどのような変化をもたらすのか これは人の前向きな欲望に関わることなので良し悪しは言えないにしても、思想的にも、世界に与えるインパクトはとても大きいと思う。 特に他の左派系の国としては、置いて行かれた気分ではないだろうか。 国交正...
映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン... ロードムービー「モーターサイクル・ダイアリーズ」 映画「モーターサイクルダイアリーズ」は、チェ・ゲバラが南米大陸の抱える矛盾を肌で感じて、行く行くはキューバ革命に身を投じることになる“放浪の旅”を題材にした「ロードムービー」です。 ゲバラが生まれ育った時代は、第一次世界大戦と第二次世界対戦で...
キューバの伝説的なドキュメンタリー映画「コマンダンテ」... アメリカで上映を禁止された作品といえば、誰もが興味を引くことになるでしょう。 言論の自由が保証されているはずの自由の国・アメリカは上映を禁止して、自由の敵であるはずの独裁者カストロが自分の素顔を世界にさらけ出す。確かに問題作です。 「コマンダンテ」はスペイン語で司令官を意味する名詞で...
アルゼンチンの情熱の波及:キューバ革命と、チェ・ゲバラ... アルゼンチン人:‟チェ”・ゲバラ サンタクララの戦いで勝利を収めた革命軍によるハバナ進軍は、バティスタ政権の敗北と革命軍の勝利を世界に知らしめる象徴的な行進であっただろう。 その行軍のトップにいたのは、アルゼンチン人のチェ・ゲバラだ。 本名はエルネスト・ゲバラ。「チェ」とはスペイン語の...
キューバ革命の理想:フィデル・カストロの社会正義と国際主義... キューバの平和 「野良犬が幸せそうに昼寝している国は、国の幸福度も高い」ということがある。 その点で言うと、キューバはとても幸福な国であると言えるだろう。公の市庁舎の前であろうと、まさにおかまいなしに野良犬が幸せそうに昼寝をしているのだ。そして、そのような犬の近くには、引退した老人たちがやは...

180°SOUTH

キューバの伝説的なドキュメンタリー映画「コマンダンテ」

関連記事

  1. キューバの英雄:対話するカストロ

    2011.04.05
  2. 「土」を軸に、キューバ革命の意義を考える

    2012.10.14
  3. カリブの真珠・キューバ:古都を巡り展望の山へ大横断

    2017.01.30
  4. キューバとアメリカの国交正常化、一気に進む

    2016.02.20
  5. アルゼンチンの情熱の波及:キューバ革命と、チェ・ゲバラ

    2016.12.05
  6. 映画「モーターサイクルダイアリー」:チェゲバラと母国アルゼンチン

    2016.02.24
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP