Loading

“カリブ海の真珠” キューバ旅行

“カリブ海の真珠”と形容される美しい島・キューバは、アメリカのフロリダ半島からわずか140キロに位置する細長い島です。日本の本州の半分の面積のキューバは1600ほどの岩礁から成るカリブ海最大の島でもあります。キューバの魅力は、レトロな車が走る街並み、美しい海岸線のリゾート、ビニャーレス渓谷をはじめとする緑豊かな自然、陽気なラテンのリズムなど、キューバは多様な表情を併せ持ちます。そして何よりも、人々の陽気な笑顔が魅力ともいえるでしょう。
カストロによるキューバ革命以後、独自の社会主義を貫いていましたが、いまキューバは変化の時を迎えようとしています。
現地キューバでは、専属ガイドが同行して、キューバの魅力をお伝えします。

エリア紹介

◎ハバナ
首都ハバナは、スペイン統治時代の古い街並みを残す古都でもあります。旧市街には今も石畳の道とコロニアル調の建物が残ります。その古い街並みには、レトロな車が走ることも、キューバならではの風景です。
また、ヘミングウェイゆかりの地として、ヘミングウェイの足跡をたどるのも魅力です。
キューバ革命にちなむ博物館や広場、スペイン統治時代の遺物巡りなど、ハバナの街歩きには余裕のある時間をもちたいものです。

◎バラデーロ
キューバ屈指のビーチ・リゾートして知られるバラデーロに行けば、カリブ海の真珠と形容されるキューバの美しさを堪能できるでしょう。ハバナとは異なる華やかさに満ちたビーチで過ごします。

◎サンタクララ
キューバ中部のサンタクララは、チェゲバラに開放された都市として有名です。市内のチェゲバラ霊廟が有名です。

◎トリニダー
キューバの古都として有名なトリニダーは、キューバ中部の人口が約4万人の小さな町です。16世紀にスペイン人に統治されたのが始まりで、今も当時の雰囲気が濃厚に残る小さな町です。町はユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

◎サンティアゴ・デ・キューバ
キューバ東部にある第二の都市・サンティアゴは、キューバ最高峰トゥルキノ峰がそびえるシエラ・マエストラ山脈の近くに位置します。16世紀のスペイン時代から続く古い街並みという魅力とともに、キューバ革命においては「革命の里」と呼ばれ親しまれた町でもあります。

宿泊先にこだわる「ホテル」「民宿」

キューバでは、宿泊先は「国営ホテル」、または「カサ・パルティクラル(民宿)」の2つに分かれます。
ハバナでは、新市街のリゾート地区を始め、旧市街の雰囲気の良いホテルなど手配可能です。

カサ・パルティクラル(民宿)の勧め

ハバナを始め、トリニダーなどでは、「カサ・パルティクラール(民宿)」もお勧めです。家族経営で営む民宿はキューバ中にある人気の宿泊となっています。アットホームで親切なキューバ人の家に、ホームステイのように泊まるのもキューバを満喫する方法です

こだわりの食事
国営ホテルと異なり、民宿では少人数の宿泊者のために、オーナーたちはキューバ料理を用意してくれます。民宿ならではの家庭料理がまさにキューバ料理なのです。

モデルプラン「キューバ周遊 8日間(ハバナ発着)」

キューバの一番の魅力は、首都ハバナの旧市街です。世界遺産にも指定されている歴史地区では、生活感あふれるハバナの町歩きにたっぷりと時間を取りたいところです。映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の世界観をそのままに体験できます。

ハバナ観光の後には、世界遺産に登録されているビニャーレス渓谷へ。雄大な渓谷とキューバの田舎の生活風景を望み、葉巻農家の見学などをします。

旅の後半は、スペイン統治時代の古い街並みが残るトリニダーへ。そしてカリブの真珠と呼ばれるシエンフエゴスに立ち寄り、キューバ一のリゾート・バラデロへ。

<日程表>
1日目:
午後、ハバナ着。専用車でホテルへ
ハバナ泊

2日目:
ハバナ旧市街観光。アルマスヒロがや代栄道カテドラル周辺を散策します。また、ヘミングウェイゆかりのバー「フロディリータ」も訪れます。チェゲバラの肖像画で有名な革命広場など。
午後、ご希望の方には、キューバらしいオープンカーを用意します。海岸沿いのマレコン通りをドライブします。
ハバナ泊

3日目:
ビニャーレス渓谷観光。世界遺産にも指定されている美しいビニャーレス渓谷へ。キューバの田舎らしい生活風景を望み、タバコ農家の訪問などをします。
ハバナ泊

4日目:
専用車で、キューバ革命の聖地サンタクララへ。かつてキューバ革命において、カストロ軍が決定的な勝利を収めたサンタクララには、チェ・ゲバラの霊廟もあります。
午後、キューバの古都トリニダーへ。
トリニダー泊

5日目:
トリニダード近郊の世界遺産インヘニオス渓谷へ。スペイン統治時代には、サトウキビの大産地として、多くのプランテーションがありました。その時代の名残りとして、小さな遺跡が残ります。インヘニオス渓谷で有名な展望台の塔は、かつて黒人奴隷を監視する目的で建てられました。現在はツーリストが訪れる観光地です。
午後は、静かな街並みを散策します。古く静かな街並みは、ハバナとは異なるキューバらしい一面です。石畳の町並みでのんびり滞在します。
トリニダー泊

6日目:
専用車でシエンフエゴスへ。スペイン統治時代の古い街並みを散策します。
その後、キューバ一のリゾート地であるバラデーロへ。
着後は、ビーチ歩きやシュノーケリングなどをお楽しみください
バラデロ泊

7日目:
午前、自由行動
昼、専用車でハバナへ。着後、自由行動。ご希望があれば、お土産の購入などにガイドが同行する手配も可能です。
ハバナ泊

8日目:
専用車で空港へ。

関連ページ

【パタゴニア・トレッキング】秋①:紅葉が始まる... 3月下旬のパタゴニア。正確には、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村では、3月下旬から徐々に南極ブナの木々が色づきます。 パタゴニアでは3種類の南極ブナが生息します。常緑のギンドは緑ですが、レンガとニレの2種類は秋に赤く色づきます。 3月下旬は少しづつ色づき始めています。紅葉のピ...
縄文の名残:奥多摩・古里のイヌグスと社... 小丹波のイヌグス 東京・奥多摩町の古里(こり)。 新宿から中央線と青梅線を乗継ぎ約1時間半、御嶽から奥多摩へ続く緑深い渓谷に入ると、日本は山の国である事を実感します。関東平野のような平原はむしろ特殊で、本来の日本の景観は山にあり、日本人に根付く原風景もまた山にあるのだと思うわけです。...
アルミランテ・ブラウン基地に迫る氷河:パラダイスハーバー... アルゼンチンのアルミランテ・ブラウン観測基地は、氷河に取り囲まれた湾の片隅で、迫りくる氷河に飲み込まれてしまいそうな場所にある。 かつて捕鯨基地の要衝として重要な場所であったが、今では観測基地として運営され、ときおり南極クルーズ船が訪れる静かな場所だ。 小さな岬の突端の小屋の屋根は、...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)... レンソイス砂漠の小さな生態系 レンソイス砂漠では、生き物の気配は希薄ではあるものの、やはり生命は逞しく砂漠に適応して生態系を作っています。 レンソイスで一番不思議な生き物は、“魚”です。 体長3cm~5cmほどの小魚が群れを成す湖を時々見受けます。 乾季の後半に湖が枯れてからは、...
《ブラジル旅行 TOP》イグアスの滝、パンタナール、アマゾン、シャパーダ... モデルプラン集① モデルプラン集② ブラジル・ビザ免除:2019/6/17以降の渡航では、ブラジル・ビザの取得が免除されます ~2019/6/17:ブラジル観光ビザ(電子ビザ):オンライン申請の手順 ブラジル:地理と気候 南米大陸の約半分...
PAGE TOP