Loading

“カリブ海の真珠” キューバ旅行

“カリブ海の真珠”と形容される美しい島・キューバは、アメリカのフロリダ半島からわずか140キロに位置する細長い島です。日本の本州の半分の面積のキューバは1600ほどの岩礁から成るカリブ海最大の島でもあります。キューバの魅力は、レトロな車が走る街並み、美しい海岸線のリゾート、ビニャーレス渓谷をはじめとする緑豊かな自然、陽気なラテンのリズムなど、キューバは多様な表情を併せ持ちます。そして何よりも、人々の陽気な笑顔が魅力ともいえるでしょう。
カストロによるキューバ革命以後、独自の社会主義を貫いていましたが、いまキューバは変化の時を迎えようとしています。
現地キューバでは、専属ガイドが同行して、キューバの魅力をお伝えします。

エリア紹介

◎ハバナ
首都ハバナは、スペイン統治時代の古い街並みを残す古都でもあります。旧市街には今も石畳の道とコロニアル調の建物が残ります。その古い街並みには、レトロな車が走ることも、キューバならではの風景です。
また、ヘミングウェイゆかりの地として、ヘミングウェイの足跡をたどるのも魅力です。
キューバ革命にちなむ博物館や広場、スペイン統治時代の遺物巡りなど、ハバナの街歩きには余裕のある時間をもちたいものです。

◎バラデーロ
キューバ屈指のビーチ・リゾートして知られるバラデーロに行けば、カリブ海の真珠と形容されるキューバの美しさを堪能できるでしょう。ハバナとは異なる華やかさに満ちたビーチで過ごします。

◎サンタクララ
キューバ中部のサンタクララは、チェゲバラに開放された都市として有名です。市内のチェゲバラ霊廟が有名です。

◎トリニダー
キューバの古都として有名なトリニダーは、キューバ中部の人口が約4万人の小さな町です。16世紀にスペイン人に統治されたのが始まりで、今も当時の雰囲気が濃厚に残る小さな町です。町はユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

◎サンティアゴ・デ・キューバ
キューバ東部にある第二の都市・サンティアゴは、キューバ最高峰トゥルキノ峰がそびえるシエラ・マエストラ山脈の近くに位置します。16世紀のスペイン時代から続く古い街並みという魅力とともに、キューバ革命においては「革命の里」と呼ばれ親しまれた町でもあります。

宿泊先にこだわる「ホテル」「民宿」

キューバでは、宿泊先は「国営ホテル」、または「カサ・パルティクラル(民宿)」の2つに分かれます。
ハバナでは、新市街のリゾート地区を始め、旧市街の雰囲気の良いホテルなど手配可能です。

カサ・パルティクラル(民宿)の勧め

ハバナを始め、トリニダーなどでは、「カサ・パルティクラール(民宿)」もお勧めです。家族経営で営む民宿はキューバ中にある人気の宿泊となっています。アットホームで親切なキューバ人の家に、ホームステイのように泊まるのもキューバを満喫する方法です

こだわりの食事
国営ホテルと異なり、民宿では少人数の宿泊者のために、オーナーたちはキューバ料理を用意してくれます。民宿ならではの家庭料理がまさにキューバ料理なのです。

モデルプラン「キューバ周遊 8日間(ハバナ発着)」

キューバの一番の魅力は、首都ハバナの旧市街です。世界遺産にも指定されている歴史地区では、生活感あふれるハバナの町歩きにたっぷりと時間を取りたいところです。映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の世界観をそのままに体験できます。

ハバナ観光の後には、世界遺産に登録されているビニャーレス渓谷へ。雄大な渓谷とキューバの田舎の生活風景を望み、葉巻農家の見学などをします。

旅の後半は、スペイン統治時代の古い街並みが残るトリニダーへ。そしてカリブの真珠と呼ばれるシエンフエゴスに立ち寄り、キューバ一のリゾート・バラデロへ。

<日程表>
1日目:
午後、ハバナ着。専用車でホテルへ
ハバナ泊

2日目:
ハバナ旧市街観光。アルマスヒロがや代栄道カテドラル周辺を散策します。また、ヘミングウェイゆかりのバー「フロディリータ」も訪れます。チェゲバラの肖像画で有名な革命広場など。
午後、ご希望の方には、キューバらしいオープンカーを用意します。海岸沿いのマレコン通りをドライブします。
ハバナ泊

3日目:
ビニャーレス渓谷観光。世界遺産にも指定されている美しいビニャーレス渓谷へ。キューバの田舎らしい生活風景を望み、タバコ農家の訪問などをします。
ハバナ泊

4日目:
専用車で、キューバ革命の聖地サンタクララへ。かつてキューバ革命において、カストロ軍が決定的な勝利を収めたサンタクララには、チェ・ゲバラの霊廟もあります。
午後、キューバの古都トリニダーへ。
トリニダー泊

5日目:
トリニダード近郊の世界遺産インヘニオス渓谷へ。スペイン統治時代には、サトウキビの大産地として、多くのプランテーションがありました。その時代の名残りとして、小さな遺跡が残ります。インヘニオス渓谷で有名な展望台の塔は、かつて黒人奴隷を監視する目的で建てられました。現在はツーリストが訪れる観光地です。
午後は、静かな街並みを散策します。古く静かな街並みは、ハバナとは異なるキューバらしい一面です。石畳の町並みでのんびり滞在します。
トリニダー泊

6日目:
専用車でシエンフエゴスへ。スペイン統治時代の古い街並みを散策します。
その後、キューバ一のリゾート地であるバラデーロへ。
着後は、ビーチ歩きやシュノーケリングなどをお楽しみください
バラデロ泊

7日目:
午前、自由行動
昼、専用車でハバナへ。着後、自由行動。ご希望があれば、お土産の購入などにガイドが同行する手配も可能です。
ハバナ泊

8日目:
専用車で空港へ。

関連ページ

チチカカ湖を望む絶景のロッジ:インカ発祥「太陽の島」... 天空の湖チチカカと“太陽の島” 標高3800mに広がるチチカカ湖は、まるで海のように広大です。インカ時代の雰囲気を今も残す島々が点在するチチカカ湖で、特に有名なのが「太陽の島」でしょう。 兵庫県と同じくらいの面積のチチカカ湖は西半分の6割がペルー領で、東半分の4割がボリビア領です。「太陽の島...
秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)... 雪が降るたびに、秋は一段と深まる 晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。 降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく ...
【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏... 乾季アンデスの収穫祭 ペルーのアンデス山脈は5月から乾季を迎える。赤道から少し南に位置するために季節は日本と真逆で、秋に当たるこの季節は、アンデス各地でお祭りが催される。5月から6月の冬至にかけて、農作物の収穫を大地の神様・パチャママに感謝するための祝祭だ。年に一度の祭りを祝うために、ペルー先...
ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック... 世界的に注目される発展を遂げた“ペルー料理”を、アウトドアでも味わいたい ワスカラン展望の後は、高山病の影響を低くするために、早々に標高の低いウルタ谷に下りた ルピナスの花畑の中に、テーブルを広げて、専属コックによる昼食だ 人数が少なければ少ないほどに、コックも調理に手をかけることがで...
パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場... アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。 カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い...
オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日... パタゴニア・フィッツロイ峰に舞うオーロラのような雲 南極がもたらす暴風は、パタゴニアのフィッツロイ山麓に幻想的な「雲」という魅力を授けました。 高度の高い高積雲はレンズ雲として、高度の低い雲はフィッツロイ山群を取り囲む雲海として、どちらもうねるように、パタゴニアの上空に浮遊します。 か...
PAGE TOP