Loading

PHOTO-BLOG

【3/26更新】中南米・カリブ「新型コロナウィルス」による出入国状況


欧米での感染者が急速に広がる中で、中南米での影響も徐々に出てきています。

国によっては、日本人の入国に大きな制限も生じてきていますので、最新情報は常に確認しましょう。

また、中南米に向かう「経由国」の情報も必ず確認するようにしてください。

下記は3/26現在における最新情報です

南米

アルゼンチン

全ての入国が禁止です。外出禁止令も発令されています。

ブラジル

4/21まで全ての入国が禁止です。外出禁止令は一部の地域と条件で発令されています。
ブラジル国内の感染者は200名を超えましたが、死亡者は出ていません。

また、全ての国立公園も閉鎖されます。

しかしながら、陸路での国境後えには十分注意しましょう。イグアスの滝で、ブラジル側からアルゼンチン側にはアルゼンチン側の入国制限の確認が必要です。

ペルー

全ての入国が禁止です。外出禁止令も発令されています。
旅行会社の団体ツアーのグループを始め、日本人旅行者が250名以上、足止めされています。

ボリビア

全ての入国が禁止です。外出禁止令も発令されています。
2/4にはコロナウィルスの感染が疑われる日本人3人が隔離される事例が発生しました。3人の検査結果は陰性で同日中に開放されています。

チリ

全ての入国が禁止です。外出禁止令も発令されています。

エクアドル

4/5まで全ての入国が禁止です。外出禁止令も発令されています。

コロンビア

4/21まで全ての入国が禁止です。外出禁止令は4/12まで発令されています。

ベネズエラ

中国、韓国、イタリア、日本、イラン、米国、シンガポール、ベトナム、マレーシア、タイ、オーストラリア、ドイツ、フランス、英国、クロアチア、UAEに過去14日間以内に滞在経験のある渡航者は、14日間の自宅またはホテルでの隔離が義務付けられます。症状が確認される場合には隔離され、検査が行われます。

パラグアイ

感染が確認されている国からの渡航者は、14日間の予防措置が義務付けられます。内容は下記となります。
・至近距離での人との接触を避けること
・ホテルや自宅での隔離
・外出をなるべく控える
・マスク着用など

中米

メキシコ

82名の感染者が確認されています。
感染国からの渡航歴の有無に関して質問が行われますが、入国禁止はアメリカからの入国のみで、日本人の入国に制限はありません。
3月23日から4月17日の期間,学校等の休校など感染拡大の防止措置が発表されています。

グアテマラ

下記の国からの渡航者が3/16から当面の間は入国禁止となります。
また、外出禁止令も今月内は発令中です

コスタリカ

4/12まで全ての入国が禁止です。外出禁止令はまだ発令されていません。

パナマ

4/18まで入国禁止です。また外出禁止令も同日まで発令あれています。

エルサルバドル

4/7まで全ての入国が禁止です。外出禁止令は4/19まで発令されます。

ホンジュラス

すべての入国が禁止され、外出禁止令も発令されています。

カリブ海

キューバ

すべての国からの入国が禁止です。4/28まで

トリニダード・トバゴ

中国、日本、イラン、イタリア、韓国、シンガポールからの出発が14日以内の渡航者は、入国禁止となっています。

ドミニカ共和国

すべての国からの入国が禁止です。4/3まで

パタゴニア再訪の象徴:カラファテの実に込める願い

【動画】空撮絶景:レンソイス・マラニェンセス国立公園の幻想風景

関連記事

  1. アンディーナトラベル・クラブ 2017-2018 新年度のご案内

    2017.03.11
  2. 太陽のマテ茶

    2012.03.21
  3. 自立した旅行を応援します【アルゼンチン・パタゴニア】

    2012.05.05
  4. 海外旅行をさらに楽しくする体験:トレッキング

    2014.11.02
  5. マイノリティの世界観を感じる「神話」

    2013.05.14
  6. SNSでの情報発信:各アカウントの紹介

    2017.04.10
パタゴニア
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP