Loading

旅行TOP-国・エリア・テーマ一覧

アンディーナトラベルは、南米・パタゴニアをメインに手配する旅行会社です。秘境探訪、山岳トレッキング、山岳写真撮影など、マニアックな専門旅行は弊社にお任せください。

エリアで選ぶ

国で選ぶ

  

  

 

テーマで選ぶ


友だち追加

関連ページ

八ヶ岳・編笠山から望む富士を撮影する... 日本にも、抜群に景色の良い“山上のロッジ”や山小屋、そして展望地がたくさんある。 富士山の写真撮影に、ほどよく山歩きの要素も入れたい場合には、南八ヶ岳の編笠山はお勧めだ。 東京方面からのアクセスが良く、高速道路を降りて20分ほどの登山口・観音平は便利だ。 編笠山の山頂直下には、...
オーダーメイド個人旅行&現地発着トレッキング・ツアー... 個人旅行の手配(1~8名様) アンディーナ・トラベルの個人旅行:5つの特色 1.安心の専属ガイド同行 現地空港に着後のお迎えから、全行程で現地サポートいたします。専属ガイドと専用車は、各空港から全行程でプライベートな旅にご案内します。 ...
インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ... インカ帝国末裔のケチュア族・アイマラ族は、色彩豊かな民族衣装をまといます。 鮮やかな色の元は、もちろんかつては全て天然でした。 たとえば、サボテンに付く虫・コチニージャ(コチニール・カイガラムシ)からは、“赤”の染料が取れます。 ウチワ・サボテンが白くなっている場所をよく見ると...
パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編... 「サクラソウ」というと、ヒマラヤをイメージしてしまう。 春から初夏のモンスーンにかけて、ヒマラヤの各地で咲くサクラソウは様々だ。 特に印象が強いのは、ブータンだ。 ぼんぼり状に丸く花を付けたサクラソウが、紫色に咲き乱れる。 パタゴニアにも、サクラソウが自生しているのだが、あまり自己主張を...
インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話... 固定概念や発想によって、世界の見え方はトリックアートのように異なって見える。 ユーラシア大陸と新大陸の文明を比較すると、インカ文明がとてもユニークに見えてしまうだろう。 たとえば、日本からヨーロッパまで「車輪」という概念は当然のことだが、インカ文明には車輪がそもそも存在しなかった。「馬」が存...
ギアナ高地・ロライマのワイルドフラワー... ロライマの山上では、食虫植物だけではない山野草も観察できます。実際に見ることができる花のほんの一部ですが、少しだけご紹介します。 Orectante Sceptrum (パイナップル科):ギアナ高地のテーブルマウンテン(テプイ)を代表する植物です。 Stegolepis guia...
PAGE TOP