Loading

パタゴニア旅行:フィッツロイ&パイネ国立公園トレッキング

風の大地・パタゴニア

パタゴニアとは、南米大陸の南端部、アルゼンチンとチリの両国にまたがる広大な地域の総称です。
南米大陸の南端部に位置するパタゴニアは、アルゼンチンとチリにまたがる日本の約3倍の広さを持つ土地です。1520年にマゼランが目撃した先住民に由来したと言われます。“pata”は「足」、“gon”は「大きい」を意味するので、「大きな足の人々が住む土地」として「パタゴニア」と呼ばれるようになったと言われています。また、当時ヨーロッパで有名な小説の登場人物の名前に由来するとも言われます。実際に、先住民が大きな足を持つわけではなく、グアナコ(ラクダ科)の毛皮を靴にしていたからです。

南米の北端ベネズエラから始まるアンデス山脈はマゼラン海峡で沈み込み、再び隆起するのがフエゴ島です。まさに。パタゴニアは南米の尻尾に当たります。アンデス山脈を境に、パタゴニアは、アルゼンチンとチリに分かれます。山脈を境に気候や地形も変わります。チリ側は、氷河の浸食によるフィヨルドが複雑に入り組み、山と湖の景観の美しい土地です。アルゼンチン側は、ゆるやかに太平洋に斜面は下り、果てしない大草原(パンパ)が延々と広がります。アルゼンチンとチリの双方で、西風がとても強く、南極ブナの木が風向きに育つほどの「風の大地」です。

個人旅行で楽しむトレッキング

パタゴニアの自然を体感するためには、「歩く」ことをお勧めします。トレッキングをすることで、有名な景勝地を巡るだけの観光よりも、より深くパタゴニアの自然を感じることができます。
海外トレッキングは敷居の高いアウトドアスポーツとして認識をされがちですが、それぞれのお客様のご経験に合わせてコーディネートすれば、それぞれのお客様の体力・経験に合わせたトレッキングを体験することができます。個人旅行だからできるオーダーメイドのトレッキングです。

パタゴニアの基点カラファテ町と「ペリトモレノ氷河」

カラファテは、アルゼンチン・パタゴニアの基点として栄える小さな町です。アルゼンチン湖の湖畔に位置します。ペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河、そしてクリスティーナ牧場やチャルテン村へ行く場合の拠点となります。中心部のリベルタドール通りに沿って繁華街が並びます。
ここからチャルテン村へは、片道約3時間の距離です。また、チリのプエルト・ナタレスへも国境を超えるバスが運行しています。

ペリトモレノ氷河

先端部の幅が約5km、高さ60mを誇る巨大なペリト・モレノ氷河は、南部パタゴニアの観光名所となっています。夏には平均2m前進して、大砲のような轟音をだして崩れ落ちます。豊富な降雪と絶妙な流速により、森の中に氷河が流れ込むという絶景が見れる場所です。4月には、付近の南極ブナが紅葉で赤くなり、さらに美しい景観を楽しめます。
基点の町は、南部パタゴニアの玄関となる、「カラファテ」です。

エル・チャルテン村

エル・チャルテン村は、パタゴニアの名峰・フィッツロイとセロトーレの山麓にある小さな村です。エルチャルテン村をベースに、体力や経験、趣向に合わせて、フィッツロイ朝日展望ツアー、テント泊トレッキング、日帰りハイキングなどを手配可能です。

この村が建設されたのは1983年です。それまでは数家族のみが牧場経営で暮らしていた辺境地区でした。近年、パタゴニアのペリトモレノ氷河(起点:カラファテ町)が観光地として大きく発展する中で、チャルテン村も注目を集めるようになりました。まだ住民が2000人ほどの小さな村で、素朴なパタゴニアの雰囲気に浸れます。

名峰フィッツロイとセロトーレを望むには、トレッキングの豊富なコースがあり、車で山々を展望するコースもあります。

《現地サポート・デスク:チャルテン事務所》
現地チャルテン村にサポート・デスク(英語)がありますので、現場のサポート体制も万全です。また、日本の弊社とも24時間体制で連携しています。


フィッツロイ朝日・夕日展望/専用車利用

フィッツロイ峰の朝日と夕日を望むために、専用車で展望台にご案内します。日の出・日の入りの時間に合わせて、チャルテン村発着で催行可能です。
●モデルプラン:「フィッツロイ朝日展望・夕日展望」

【モデルプラン:フィッツロイ展望ドライブ+ペリトモレノ氷河 6日間】
専用車からのフィッツロイ展望にこだわり、ハイキングなどで体力を使うことなく、フィッツロイ峰を展望します。フィッツロイ峰の朝日や夕日を展望するコースも手配可能です。

1日目:
夜、ブエノスアイレス着
専用車でホテルへ。
ホテル泊 食事(-・-)

2日目:
専用車で空港へ。
国内線で、 カラファテへ。
午後、カラファテ着
専用車でホテルへ
ホテル泊 食事(朝・-・-)

3日目:
カラファテ 滞在
「混載・終日ペリトモレノ氷河観光(クルーズ付き)」
※昼食は、ランチボックス
※国立公園入場料は含まれておりません
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

4日目:
フィッツロイ山麓のチャルテン村へ(所要約3時間)
着後、レストランでアルゼンチン家庭料理
夕刻、専用車で「フィッツロイ峰・夕日展望」
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

5日目:
早朝、「フィッツロイ峰・朝日展望」
専用車で空港へ(所要約3時間)。
国内線でブエノスアイレスへ。
着後、「混載・タンゴディナーショー」
ホテル泊 食事(朝・-・夕)

6日目:
出発まで自由行動
専用車で空港へ。
夜、国際線発。
食事(朝・-・-)

日帰りハイキング

チャルテン村発着で、あるいはカラファテ町発着にて、フィッツロイ峰とセロトーレ峰を望むハイキングを手配します。ガイドは現地英語ガイドがご案内します。
フィッツロイ峰展望ハイキングは、3種類から選択可能です。
①トレス湖往復ハイキング:フィッツロイ峰直下のトレス湖を、休憩を含めて約9時間の行動時間で往復します。
②フィッツロイ・ベースキャンプ往復ハイキング:フィッツロイを望む展望台を往復します。休憩を含めて約6~7時間の行動時間で往復します。途中でピクニックをしながら、最も美しいアングルの展望台を往復する「お勧めコース」です。
③カプリ湖往復ハイキング:フィッツロイ峰を望むカプリ湖を往復する、休憩を含めて約5~6時間の行動時間の軽いハイキングです。カプリ湖ではのんびりとピクニックをします。

【モデルプラン①:フィッツロイ展望ショート・ハイキング+ペリトモレノ氷河 6日間】
1日目:
夜、ブエノスアイレス着
専用車でホテルへ。
ホテル泊 食事(-・-)

2日目:
専用車で空港へ。
国内線で、 カラファテへ。
午後、カラファテ着
専用車でホテルへ
ホテル泊 食事(朝・-・-)

3日目:
カラファテ 滞在
「混載・終日ペリトモレノ氷河観光(クルーズ付き)」
※昼食は、ランチボックス
※国立公園入場料は含まれておりません
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

4日目:
フィッツロイ山麓のチャルテン村へ(所要約3時間)
着後、専属ガイドと合流して、ハイキング開始
「フィッツロイ展望ハイキング(往復約4時間)」
※フィッツロイ峰を展望できる小さな丘へ。
※昼食は、ランチボックス

5日目:
専用車で空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ。
着後、「混載・タンゴディナーショー」
ホテル泊 食事(朝・-・夕)

6日目:
出発まで自由行動
専用車で空港へ。
夜、国際線発。
食事(朝・-・-)

【モデルプラン②:フィッツロイ展望ハイキング+ペリトモレノ氷河 6日間】
フィッツロイ峰の山麓で、少しハードなハイキングを含めたハイキング中級者向けの充実プランです。

1日目:
夜、ブエノスアイレス着
専用車でホテルへ。
ホテル泊 食事(-・-)

2日目:
専用車で空港へ。
国内線で、 カラファテへ。
午後、カラファテ着
専用車でホテルへ
ホテル泊 食事(朝・-・-)

3日目:
カラファテ 滞在
「混載・終日ペリトモレノ氷河観光(クルーズ付き)」
※昼食は、ランチボックス
※国立公園入場料は含まれておりません
夕刻、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ(所要約3時間)
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

4日目:
専属ガイドと合流して、ハイキング開始
「フィッツロイ展望ハイキング(往復約9時間)」
※フィッツロイ峰の直下トレス湖へ。
※昼食は、ランチボックス
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

5日目:
専用車で空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ。
着後、「混載・タンゴディナーショー」
ホテル泊 食事(朝・-・夕)

6日目:
出発まで自由行動
専用車で空港へ。
夜、国際線発。
食事(朝・-・-)

パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング+ペリトモレノ氷河7日間
1日目
ブエノスアイレス着。
専用車で国内線空港へ
国内線に乗り換えて、カラファテへ
専用車でホテルへ
カラファテ泊

2日目
「ペリトモレノ氷河観光」
※希望者は、氷河ハイキングのアレンジも可能です
カラファテ泊

3日目
専用車でフィッツロイ山麓のチャルテンへ
専属ドライバーがフィッツロイを望む展望ドライブにご案内します
お昼は、アルゼンチンの家庭料理
チャルテン泊

4日目
「フィッツロイ展望ハイキング」
チャルテン泊

5日目
ご希望があれば、「フィッツロイ朝日観光」
朝食後、専用車でカラファテへ

6日目
専用車で空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ
専用車でホテルへ
「タンゴディナー・ショー」
ブエノスアイレス泊

7日目
専用車で空港へ

テント泊トレッキング(常設プライベート・キャンプ利用)

フィッツロイ峰を望む展望台でキャンプをします。約20人使用できる食堂テント、キッチン・テント、トイレを完備しています。テント、マット、食事は現場でスタッフが用意・設置していますので、個人装備だけを担いで行けるのが魅力です。
また、トレス湖を往復する場合にも、このキャンプに宿泊することで1日当たりの歩行時間を短縮できるので、より体力を節約できるでしょう。
キャンプからは、朝日や夕日のフィッツロイ峰を展望することができます。
※チャルテン村発着で、専属ガイドが同行します。キャンプのみの利用は不可です。
①フィッツロイ峰ベースキャンプ2泊3日プラン
天候の変化の激しいパタゴニアでは、2連泊することで、フィッツロイ展望の確立は大きくなります(お勧めプラン)。トレス湖往復にも適しています。復路では、健脚向けですが、セロトーレを展望するコースを歩くことも可能です。
②フィッツロイ&セロトーレ縦走2泊3日プラン
フィッツロイ峰ベースキャンプ、セロトーレ峰ベースキャンプ、それぞれ1泊する縦走プランです。
③フィッツロイ峰ベースキャンプ1泊2日プラン
④デルビエント峠トレッキング2泊3日プラン(トレッキング上級者向け)
⑤デルビエント峠+ウエムル峠トレッキング4泊5日プラン(トレッキング上級者向け)

◎カメラ機材ポーター:チャルテン村とキャンプ間のトレッキング用に、カメラ機材を運ぶポーターを手配することも可能です。弊社のポーターは一緒に歩きますので、必要な場所で機材を広げて、トレッキング中も写真撮影のアシストします。

【モデルプラン:テント泊フィッツロイ展望トレッキング+ペリトモレノ氷河 8日間】
フィッツロイ峰を展望するプライベートキャンプでのテント泊2連泊をするトレッキングです。山麓キャンプに滞在することで一日当りの歩行時間を縮小してより楽に歩けます。

1日目:
夜、ブエノスアイレス着
専用車でホテルへ。
ホテル泊 食事(-・-)

2日目:
専用車で空港へ。
国内線で、 カラファテへ。
午後、カラファテ着
専用車でホテルへ
ホテル泊 食事(朝・-・-)

3日目:
カラファテ滞在
「混載・終日ペリトモレノ氷河観光(クルーズ付き)」
※昼食は、ランチボックス
※国立公園入場料は含まれておりません
夕刻、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ(所要約3時間)
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

4日目:
専属ガイドと合流して、トレッキング開始
「フィッツロイ展望トレッキング 1日目(徒歩約4時間)」
※昼食は、ランチボックス
※キャンプでは、スタッフがテント設置して、食堂テントで暖かい紅茶を用意してお待ちしています。
テント泊 食事(朝・昼・夕)

5日目:
フィッツロイ展望キャンプ滞在
「フィッツロイ展望トレッキング 2日目(徒歩約4時間)」
フィッツロイ直下のトレス湖を往復
※昼食は、ランチボックス
テント泊 食事(朝・昼・-)

6日目:
「フィッツロイ展望トレッキング 3日目(徒歩約4時間)」
フィッツロイを展望しながら、チャルテン村に戻ります。
※昼食は、ランチボックス
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

7日目:
専用車で空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ。
着後、「混載・タンゴディナーショー」
ホテル泊 食事(朝・-・夕)

8日目:
出発まで自由行動
専用車で空港へ。
夜、国際線発。
食事(朝・-・-)

山岳写真撮影プラン

フィッツロイやセロトーレの写真撮影に特化したプランニングも可能です。
①テント泊:機材運搬のポーターを同行させて、フィッツロイ・ベースキャンプで朝日や夕日、そして星空を撮影しましょう。チャルテン村発着で専属ガイドが同行します。
②日帰りハイキング:フィッツロイとセロトーレの撮影に日帰りハイキングでアプローチします。希望の構図や山に合わせて、お勧めのコースをアレンジします。
③専用車利用:車両の移動のみでの撮影。専用車を駆使することで、歩行無しでの撮影も可能です。

ビエドマ氷河

チャルテン村を起点にアクセスできるビエドマ氷河は末端部約5キロの巨大な氷河です。近年は急速な後退をする氷河として有名で、年間で100メートル以上も後退しています。そのために、ビエドマ氷河を展望するツアーは、毎年コース内容が変わっています。
①ビエドマ氷河クルーズ
チャルテン村発着で所要約3時間の観光です。上陸は無く、クルーズ船からだけの展望です。
②ビエドマ氷河散策観光
チャルテン村発着で所要約5時間の散策観光です。氷河を展望する陸地に上陸して、簡単な散策をします。※氷河上は歩きません。
③ビエドマ氷河アイス・トレック
チャルテン村発着で所要約8時間の終日ハイキングです。 専属ガイドがご案内する混載ツアーです。アイゼンを付けての歩行となります。ビエドマ氷河の形が変わったことで、ザイルで確保して、アイゼン着用で氷上を4時間ほど歩ける体力のある中級者向けのコースです。

パタゴニア南部氷原

専用ページをご覧ください。
パタゴニア南部氷原

カグリエロ氷河:パタゴニアの原初の風景を歩く

カグリエロ氷河は、フィッツロイ山麓とチリ国境の間にある原初の山中の氷河です。チリ国境側へと車で移動して、フィッツロイ峰の北東面を望みながら、南極ブナの鬱蒼とした原生林を歩きます。氷河に到着後は、アイゼンに履き替えて、フィッツロイを望みながら、氷河を歩きます。(トレッキング中級車向け)
終日カグリエロ氷河アイス・トレッキング

パイネ国立公園(チリ)

チリ側のパタゴニアを代表するのが、パイネ国立公園です。基点となる町は、車で約2時間ほど南のプエルト・ナタレスです。巨大な山群は大阪府と同じくらいの面積に広がり、パタゴニア大陸南部氷床の南端に位置するグレイ氷河を始め、パイネの名峰が集まります。各名峰を望むロッジやホテルの設備は充実していて、ショート・ハイキングから小屋泊の縦走トレッキングまで、様々なコースがあります。
※縦走トレッキングは、基本的には、グループ向けです。2名様の手配では、ロッジ(又はエコ・キャンプ)を基点とした日帰りハイキングか、終日で巡る観光が一般的です。

山岳写真(専用車利用・軽ハイキング)

パイネ国立公園で山岳写真の撮影に集中したい場合には、トレッキングよりも、専用車を利用して巡る方が、効率よく、良いアングルで撮影することができます。特に、ペオエ湖周辺を始め、南麓・東麓など、弊社が手配するフォト・ガイドは、一般観光客の来ない撮影ポイントにもご案内します。

山小屋泊・縦走トレッキング 3~4日間 《Wトレック》

パイネ山群の南麓を小屋泊で歩く縦走トレッキングです。グランデ小屋、クエルノ小屋、チレーノ小屋、ラストーレス小屋に宿泊します。
このコースでは、グランデ峰、クエルノ峰、トーレス・デル・パイネ峰の全てを間近で望むことができます。
※一日当り歩行時間は約5~7時間です。
※最小催行人数:2名様以上。

◎動画:パイネ国立公園 小屋泊縦走トレッキング

野生動物:ラクダ科グアナコ、ダーウィンレアなど

専用車を利用することで、野生動物の撮影や観察ができます。パイネ国立公園では、グアナコの群れを専属ガイドが探します。

チリ最南端の町プンタアレナス、ペンギン・コロニー

チリ最南端の町プンタ・アレーナスは、マゼラン海峡に面する小さな町です。周辺には広大な草原が広がり、世界的に有名な羊毛の産地です。市内のサレジオ博物館の収蔵品は、パタゴニアで一番規模の大きな博物館」です。中心部のアルマス広場には、マゼラン像があります。マゼランの足もとに座るオーナ族の足を触ると幸福になると、言われています。
付近には、ペンギンのコロニーがいくつかあり、パイネ山群に向かう途中でペンギンのコロニーに立ち寄ることも可能です。

関連ページ

旅創りのコンセプト “南米アンデス”の専門旅行社として、「秘境探訪」「トレッキング」「写真撮影(山岳写真)」などの「体験型」の旅をオーダーメイド手配しています。手配地域は、パタゴニアを中心に、ペルー、ボリビアなど、中南米全域をカバーしています。 南米アンデスの秘...
ジェンツーペンギンの雛鳥の生死/南極・クーバービル島... クーバービル島にて-探検船で行く南極クルーズ- ペンギンのルッカリー(集団営巣地)に、ひときわ騒がしい鳴き声が聞こえて来た。 その方向を見ていると、ペンギンの雛鳥の群れが、押し合いへし合いしながら一目散に駆けて来る。 数十羽の雛鳥が一斉に鳴き声を上げながらやって来たのは、きっと親鳥を探すた...
《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット... パタゴニアを代表する山といえば、フィッツロイ山群とパイネ山群です。 フィッツロイ山麓へは、日帰りハイキングでも十分往復できる距離にあります。 朝早く出発して、山麓でのんびりして戻っても時間が余るほどです。 日が長いので、夜9時ころまで明るいです、1日が長い場所です。 そんなフィッツロイ山麓で、テン...
【雨季・ウユニ塩湖】年末年始「塩のホテル」のお部屋、確保しています!... 大人気の雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」は、確保がとても難しい状況です。3軒しかないので、部屋数に限りがあるからです。12月~3月末まで続く雨季の中でも、特に混むのは年末年始です。 弊社では、「塩のホテル」で数部屋を確保しています。 宿泊するだけでも貴重な体験とも言える「塩のホテル」、ご興味のある...
写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品... 国際写真コンテスト「International Photographer of the year 2017」にて、弊社・松井の2作品が入選しました。 パタゴニアでは、フィッツロイ峰と星の軌跡、南極では圧倒的な迫力の氷河をテーマにしています。 ●パタゴニア:Star Trail in Pa...
パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊... パタゴニアだけに自生する草「コイロン」が羊の牧草に適していることが、パタゴニア中に羊牧が大発展した理由です。こうしてブランドとも言えるパタゴニア産の羊が誕生します。 しかし、外来の羊はパタゴニアの生態系には順応していません。羊の歯形は、コイロンを根こそぎにしてしまいます。一度裸になった土地にコ...
PAGE TOP