Loading

《会員制》アンディーナトラベル・クラブ

★添乗員同行ツアー計画 2018★
・2018年6月9日《国内企画:信州①》水芭蕉フラワーハイキングと『わらび狩り』2日間

・2018年6月11日《国内企画:信州②》塩の道「千国街道」小谷村から糸魚川起点まで歩く 4日間

・2018年10月24日「中部ブータン周遊 2つのお祭り探訪と、秘境ブムタン 10日間」

★ペルー料理お食事会★
ペルー料理お食事会を開催します。世界で注目されるペルー料理を食べながら、ペルーや南米の魅力をお伝えします。
●催行日:※次回の開催は5月~11月で予定しております。

会員特典(入会・年会費:無料)

①年4回の会報誌「ポコ・ア・ポコ」(4月・7月・10月・1月)
クラブの情報発信は、年に4回発信する会報誌とメルマガがメインです。メールにて会報誌をお送りします。郵送希望の方には、実費(年400円)だけをご協力いただきます。

②《会員限定》国内・海外:トレッキング・撮影・秘境ツアーの開催
会員限定で催行する添乗員同行ツアーをご案内します。弊社のツアー企画は、トレッキング、撮影ツアー、秘境ネイチャーツアーなどです。※添乗員無し・現地ガイド同行のツアー企画もあります。

③会員専用ページ
会員の皆様にはパスワードを発行いたします。会員様だけが閲覧可能なWEBサイトにて、会報誌のバックナンバーなどをカラー写真付きの記事でご覧いただけます。また、会員限定ツアーや説明会の情報なども随時アップします。

⑤食事会・スライドショーなどイベント開催、旅行相談など
ペルー料理やブラジル料理など、南米アンデスにまつわる地域の料理を食べる食事会などイベントを開催します。交流を通してお仲間や情報交換の場が増える良い機会にもなります。
<食事会> ペルー料理・ブラジル料理・アルゼンチン料理の食事会など
<出張説明会>団体登録のお客様には、出張説明会の設定も可能です。

入会のご案内

●年会費:無料
 ※団体会員:3名様以上のグループには、1名様分の年会費でグループ登録します。会報誌はグループ代表者の方に発送します

●入会希望の方は、下記の「問い合わせフォーム」か、メールにてお問い合わせください。
 メールアドレス:info(a)andina-travel.com ※(a)を@に換えてご送信ください。

●「アンディーナ・トラベル・クラブ」事務局: アンディーナトラベル株式会社

アンディーナ・トラベル・クラブについて

南米のいたる所、そして地球のいたる所に、この茫漠ともいえる“何もない世界”が広がっています。むしろ、その茫漠とした何もない世界“地の果て”が、地球の大部分を占めている。

今わたしたちがいる世界とは全く異なる、そんなもう一つの世界に身を置いてみる。

その地球を感じてる時間は、きっと生命観に関わる重要なことなんだろうと思っています。パタゴニア、レンソイス、ウユニ塩湖など、南米各地の“地の果て”は、この“何もない世界”をじっくり体感する場所です。

そんな“地の果て”の魅力を伝えることが、アンディーナ・トラベル・クラブの目的です。

お申し込みフォーム

ご加入をご希望の方は、下記のフォームからお申し込みください。

お申し込みフォームに入力いただきました個人情報は下記の目的以外には使用しません。
・イベントなどのお申し込みに対して受付のご連絡を差し上げること
・該当する製品・サービスの関連情報をご案内すること

お申し込みフォームが作動しない場合には、お手数ですが下記までお問い合わせお願いします。
電話:03-5305-3788
メール:info@andina-travel.com

当クラブを何で知りましたか? (必須)
ホームページメールマガジン弊社スタッフからの紹介知人からの紹介ネット検索ツイッター、またはフェイスブックその他

アンディーナトラベル・クラブ:松井章 (アンディーナトラベル代表)

南米アンデスの山岳エリアを中心に世界の山々を歩く機会に恵まれて約20年ほどが経ちます。渡航回数を重ねるほどに、歩きたいエリアも増える一方です。
広大な南米でも、特にお勧めするのは、パタゴニア、ペルー、ボリビア、ギアナ高地、レンソイスです。日帰りハイキングからテント泊縦走、南米アンデスの撮影ツアーなど、参加者の趣向・経験・体力に合わせて企画します。
日本・海外を問わず お仲間作りや情報交換の場にもなればと思っています。

【略歴】
・神奈川大学外国語学部スペイン語学科卒業
・大手旅行会社勤務(予約・販売)
・山岳旅行社勤務(企画・営業・手配・添乗)
Akira Matsui Photography 松井章 写真事務所
インスタグラム -Akira Matsui photography-

既存ユーザのログイン
   

関連ページ

【チリ・アタカマ砂漠】テレビ番組「チキュウノハテ」のご案内... 南米チリの北半分を占める「アタカマ砂漠」は、世界一乾燥した砂漠として有名です。 チリの大西洋岸に沿って南極から北上するフンボルト海流は、数年に一度だけ、この砂漠に奇跡のようなドラマを演出します。 『アタカマの「天」と「地」』。過酷な地にも関わらず咲く「花」と、過酷な地だからこそ見ることができ...
南米の写真をインテリアとして空間演出:アートパネル... 写真一枚で演出される空間 様々な空間を演出するアートパネルは、その場所に望まれる雰囲気へ、写真一枚でガラリと変えることができるでしょう。 額装写真やフォト・パネルなどを、職場の気分転換になるようなインテリアとして、いかがでしょうか。 例えば、エメラルドグリーンの湖と白亜の砂のブラジル・...
マチュピチュ旅行&インカトレイル・トレッキング... モデルプラン集① モデルプラン集② モデルプラン集③ 半日マチュピチュ観光 峻嶮なアンデスの山に守られて、ひっそりとジャングルの密林に埋もれていたマチュピチュ遺跡は、上空からしか見ることができない、まさに"空中都市”です。1911...
「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検... 「嵐の大地 パタゴニア探検 1958~1962」は、エリック・シプトンが後半生をかけることになるパタゴニア探検の前半のものです。 ネパールやインドのヒマラヤ山脈、パキスタンのカラコルム山脈で勇名を馳せたエリック・シプトンが、探検の新たな舞台にパタゴニアを選んだ時、既に彼は50歳でした。 ...
パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)... 暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。 特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。 雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。 ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。 ...
ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間... 南米で山歩きをするとなると構えてしまう方もいるでしょうが、体力や経験や日数に合わせて、ライトな日帰りハイキングから、ハードな縦走トレッキングまで、三者三様の旅を作ることができます。もちろん、遺跡内を中心に歩く観光もお勧めですが、ご希望があれば、マチュピチュを「歩く」プランも手配しています。 ...
PAGE TOP