Loading

会社概要

会社概要

会社名
アンディーナトラベル株式会社
会社名
(英語表記)
Andina Travel co.ltd
代表取締役 松井章
主な事業内容 ・旅行業法に基づく旅行業
・旅行及びアウトドア関連用品の販売
・メディアの海外取材、現地調査
・アウトドアスポーツを目的とするツアーの企画及び運営
・損害保険代理業
設立 平成23年(2011年)11月30日
資本金 360万円
旅行業登録 東京都知事登録旅行業第3種6512号
登録年月日 平成24年(2012年)3月1日
有効期限 平成24年(2012年)3月1日~平成34年(2022年)2月28日
総合旅行業務
取扱管理者
松井 章
所属団体 社団法人 全国旅行業協会(ANTA)正会員
本店所在地 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-35-9 MHビル5F
電話番号 (03) 5305-3788 ※お気軽にお電話ください。
FAX番号 (050) 3737-8047
E-mail info@andina-travel.com
営業時間 月曜日~日曜日 11:00~19:00、<祝日:休み>
ご来店希望の方は、お気軽にご連絡ください。祝日対応可能です
取引銀行 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、東京都民銀行、ゆうちょ銀行

友だち追加

アクセス


【電車でお越しの方へ】
●JR阿佐ヶ谷駅(南口):中杉通りを南へ徒歩約3分。サイゼリヤの3軒隣のビル5階です。一階は雑貨屋さんです。
●東京メトロ(丸ノ内線)南阿佐ヶ谷駅 「2B」出口:中杉通りを北へ徒歩約5分

JR阿佐ヶ谷駅からの道順

JR阿佐ヶ谷駅南口から中杉通りを徒歩3分

雑貨屋さん「Warabi」と同じビルです。

MHビルの入口は、雑貨屋さんの横です。お気軽にお越しください。

経営理念

エコツーリズムを通じて、原生自然の保護に貢献し、体験に基づく国際的な相互理解を促進することで、日本とラテンアメリカの架け橋となる

「エコツーリズム」
エコツーリズムとは、非常に定義が曖昧なものです。国や立場によって定義が異なるので、どれが正しいとも言えない部分があります。しかし、そのようなエコツーリズムという言葉を忌避するのも間違いでしょう。そのエコツーリズムを、弊社はこのように考えます。「原生自然(ウィルダネス)の持続可能性を前提とする(自然体験型
の)ツーリズム」。弊社のエコツーリズムは、『トレッキング』、『秘境探訪』、『山岳写真』の3つに立脚します。“持続可能性を前提とするツーリズム”を実際に突き詰めて実践するためには、謙虚な姿勢で学び続ける必要があるでしょう。

「原生自然の保護に貢献する」
『原生自然』とは、あまり馴染みのない単語であるので、“手つかずの自然(ウィルダネス:wilderness)”と言い換えても良いです。この原生自然の保護に貢献するには、“直接的な貢献”と“間接的な貢献”があります。“直接的な貢献”は法人自らが野山で保護活動を行うことであり、“間接的な貢献”とは保護活動を行う個人または団体に物心両面の支援をすることと考えます。自然保護活動には、多面的な理解と深い勉強が必須であり慎重であるべきです。一方の立場へのバランスを欠く理解は、他方を不利にするか、本質から離れる可能性がないでしょうか。それは持続可能ではないと考えるからです。
アンディーナトラベルは、まだまだとても小さな試みしかできていないのが現状です。様々なご意見をいただきつつ謙虚に形にしていきたいし、なによりも努力が必要です。手伝ってくれる方がいたら大歓迎です。

「体験に基づく国際的な相互理解を促進する」
アンディーナトラベルの旅行は、いわゆる“観光ツアー”ではなく、『エコツーリズム』に立脚します。エコツーリズムにも観光を通した「“静的”なエコツアー」があれば、トレッキングなど「“動的”なエコツアー」もあります。アンディーナトラベルのエコツーリズムとは「“動的”なエコツアー」=「自然体験」です。『トレッキング』、『秘境探訪』、『山岳写真』という3つの「自然体験」に基づきます。この“動的”なエコツーリズムを通して、日本人とラテンアメリカ人が、お互いに仲良く人生で深く関われることになれば幸いです。
日本からお客様が現地に行き「エコツーリズム」を体験することが、アンディーナトラベルのメイン事業です。そして、今後もメインに続ける取り組みです。南米で、上記のエコツーリズムを体験することで、より深く多彩な人生経験を積むことができると信じるからです。また、ラテンアメリカの人が日本に訪問(訪日観光:インバウンド)して、エコツーリズム(上記の弊社の3つの「自然体験」)にご案内することは、もう一つの遠い目標です。それは今はまだとても小さな芽です。弊社に関わるラテンアメリカの友人が訪日した時に、私はトレッキングやアドベンチャーレース参加などに関わったことがあります。その時の日本の自然・文化に感動した彼らの笑顔が原点です。ご協力いただける方がいれば、ぜひご助力を願いたいです。
これらをまとめて、“国際的な相互理解”と表現しています。

「日本とラテンアメリカの架け橋となる」
南米を活動舞台とするアンディーナトラベルは、上記の『エコツーリズム』を通して、日本とラテンアメリカの架け橋になりたいと考えます。ラテンアメリカとは、南米大陸を初めとした、南北アメリカ大陸のラテン文化圏の総称です。では、アンディーナトラベルは、ラテンアメリカ以外にもご案内するのでしょうか。南米のエコツーリズムに、繰り返し再訪していただくのは大きな理想です。一方、地球の裏にある南米は日本から物理的に最も遠く、南米だけを年に何度も行くのは難しいでしょう。いつか南米にまた再訪していただくために、ネパールやブータンなど弊社と深く関わりのある他圏のエコツーリズムにもご案内しています。
そうして、アンディーナトラベルは、お客様との関係性を末長く続けて、南米に再訪していただきたいと考えています。

企業の責任(CR)

企業の責任として、環境保護の中でも特に「原生自然」の保護に実際に貢献することは、弊社の大きな目標です。今この瞬間にも太古から残る原生の風景は破壊されています。中南米の魅力の多くは、その原生自然にあります。これらの原生自然の魅力を伝えるだけではなく、実際に守るために、企業として自然保護にどう貢献できるかを考え、実際の行動に移すこと・発信することを目指しています。

社名の由来

アンディーナ・トラベルの「アンディーナ」は、スペイン語で「アンデス山脈の~」を意味する形容詞です。南米大陸を南北に貫き、山脈からアマゾン川まで、南米の全ての生命の源がアンデス山脈です。南米の自然の魅力を伝える主な舞台がアンデス山脈でもあることから、社名にアンデスを意味する「アンディーナ」を冠することにしました。

弊社のロゴマークも南米に由来します。山のシルエットは、パタゴニアの名峰フィッツロイです。弧を描く3本の線は、インカの太陽神インティの虹であり、パタゴニアのレンズ雲でもあります。山の神アプーと虹に、旅の安全を祈るお守りとしてデザインしました。弧を描く円と色は日の丸であり、社名の緑はアマゾンの緑です。エコツーリズムを基点として、中南米と日本のかけ橋となる弊社の理念を象徴するロゴマークです。

代表からの挨拶(松井章)

19才の時にパタゴニアで初めて山歩きをして以来、中南米への渡航を何度も繰り返して、その度に中南米の魅力の虜になっています。行くたびに新たな発見があり、広大な中南米の大陸には、未知のフィールドが無限にあると感じています。アドベンチャー・スポーツのガイド、海外トレッキング・ツアーの企画・手配・添乗業務を経て、築いてきた経験を活かして、中南米での山岳旅行を通した「体験」の魅力を伝えていきたいと思っています。 海外の山を歩く「トレッキング」や「山岳写真撮影」は、特別な経験が必要とは限りません。それぞれの経験や体力、趣向に合わせて、適切なコーディネートがあれば、誰でも“山歩き”は可能です。そのような理解を広げることで、南米アンデスの山岳旅行を広めたいと思っています。

【略歴】
・神奈川大学外国語学部スペイン語学科卒業
・大手旅行会社勤務(予約・手配・販売)
・山岳旅行社勤務(企画・営業・手配・添乗)

【受賞歴/入選歴】
* The EPSON International Pano awards 2017 /”SPECIAL AWARDS” from film capture
Winners Gallery 2017: Sunset in Patagonia
* International Photographer of the year 2017 /”Honorable mentions”
Star Trail in Patagonia
Glecier Paradise: Antarctica
* Your Shot -National Geographic-: Daily Dozen, Apr 26, 2017
「Your Shot: ナショナル・ジオグラフィック」 “Daily Dozen(今日の12枚)” -2017/4/26: After the tempest

松井章 写真事務所:南米パタゴニアとアンデス山脈の風景写真


松井章 写真事務所
Akira Matsui Photography: English
Akira Matsui Fotografía: Spanish

アンディーナトラベル:インバウンド事業 PIRIKA Japon


PIRIKA Japon – Foto & Trekking tours en Tokio

関連ページ

雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」、残室わずかです。... 雨季・ウユニ塩湖は、“天空の鏡”と言われるほど美しい景観で有名です。 このウユニ塩湖をさらに体験するには、「塩のホテル」に宿泊するのがベストです。ウユニ塩湖の畔にある「塩のホテル」は3軒のみですので、雨季のハイシーズンは、とても混んでいます。 すでに年末年始は、完全に満室です。 そして、4月まで満...
レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ... ブラジル北東岸のレンソイス周辺は、インディオのあまり居住しない土地として、長く無人でした。その無人の土地に人が入り込み始めたのは、16世紀以後のポルトガルによる植民地化の頃からです。サトウキビのプランテーション開発のために、多くの黒人がアフリカ西岸から奴隷として連れてこられた時期が、レンソイス周...
「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家... 「地の果て」パタゴニアとは パタゴニアを東西に分けるアンデス山脈を境に、東側のアルゼンチンには広大な草原が広がります。 南緯40°~55°、南北約1600kmにわたる大草原です。 大西洋からアンデスを越えて吹き付ける偏西風は、時に人が吹き飛ばされるほどの威力で、暴風が吹き荒れます。 常に...
モアイの森から草原ハイキング – イースター島最高峰テレバカ山... ポリネシア文化圏の東端:イースター島 太平洋の孤島イースター島は、南米チリに所属しますが、文化は完全にポリネシアに根差します。 イースター島は南米のラテンではなくポリネシアなのだと、空港を降りた瞬間に五感で感じるでしょう。 太平洋に囲まれたイースター島の空気はどこまでも澄み渡り、一日も...
第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング... 第二のマチュピチュ:密林の巨大遺跡チョケキラオ マチュピチュ遺跡の南西約40kmに位置するチョケキラオ遺跡は、その保存状態の良さと規模の大きさから、第二のマチュピチュ遺跡と言われます。 この遺跡の規模は、マチュピチュの約12倍というとてもつもない大きななのです。 トレッキングが唯一のア...
インカ族の芸術品:織物と染料の文化... ペルーやボリビア、エクアドルを歩くと、カラフルな民族衣装が目を引く。露店に並べられた織物やそれを使った小物は、お土産に最適である。 機械と合成染料を使っている安価なものもあるが、高価なものは今でも手織りで天然染料を使い手間暇かけて作っている。インカの文明圏の国々では、「織物」を旅の一つの目的とできる...