HOME | 国・エリア紹介 | ブラジル | ブラジル旅行&レンソイス・トレッキング
製品ラインナップ

水晶の砂漠に現れる2万個の湖沼群

レンソイス 

レンソイス・マラニャンセス国立公園

ポルトガル語で「マラニャン州のシーツ」を意味するレンソイス・マラニャンセス国立公園は、約15万ヘクタールにわたり真っ白な砂丘が広がる砂漠です。砂が石英でできていることから真っ白に見えます。
この砂の出所は、レンソイス砂漠から100キロほど南のパルナイーバ川です。上流から流されてきた土砂の中に、石英(水晶)が含まれています。土砂は数万年の年月をかけて波にもまれながら、まるく削られて石英(水晶)だけが残ります。北西に向かう沿岸流に少しずつ流されながら、レンソイス砂漠に面した海岸に辿りつきます。
こうしてレンソイスの海岸に打ち上げられた砂は、大西洋からの強風により、内陸へ内陸へと吹き飛ばされて行きます。気の遠くなるような時間の流れと、川や海流や風の絶妙なバランスにより、レンソイスに白砂が供給されています。
1~6月、砂漠にも雨季が訪れます。半年の乾季の間に乾ききった砂漠の地中に、水がじわじわと染み込んで行きます。
湖が出現するのは、6~9月のわずか3ヶ月ほどです。雨季の最後~乾季の初めにかけて、地中に染み込んでいた水が満水となり、地表に染み出してきます。こうして砂漠の窪みに現れるのが、多い時には約2万個とも言われるレンソイスの湖です。
乾季が進んでいくと、少しずつ水位は下がり、やがて消失していきます。
10月から水はひき始めて枯れてしまいますが、魚やカメや植物が生息しています。乾季の間、どのように動植物が生息するのかは、いまだ謎に包まれています。
レンソイスの東側にあるプレギサス川の小レンソイスを訪れると、砂は黄色く、白いレンソイスとは明らかに色が違うことに驚きます。

レンソイスの楽しみ方

●半日・レンソイス観光・・・混載ツアー<午後に催行>
●終日・レンソイス 軽ハイキング・・・専属ガイド・専用車・砂漠の郷土料理つき
●2泊3日・レンソイス縦走トレッキング・・・専属ガイド・専用車・砂漠の郷土料理・荷役ロバ・テントなどのキャンプ装備つき

 2泊3日レンソイス縦走トレッキング

日帰り観光で往復するのが一般的ですが、山歩きに慣れている方には、テント泊をお勧めします。
※難易度は高くはありませんが、山歩きやテント泊の経験は必要です。
 
世界でも稀な異景の中で、すれ違う人もない無人の砂漠を歩く。これほどの贅沢はここでしか体験できないでしょう。トレッキング終了後には、ボートでプレギサス川を遡りバヘリーニャスへ。途中、小レンソイス観光も行います。
 
現地トレッキング・ガイドから、トレッキングの細部まで弊社が手配することで、安全なトレッキングを楽しめます。
※レンソイス砂漠で、キャンプができるのは、国立公園から指定された特定業者のみです。
グループのお客様には、日本から添乗員が同行して、砂漠トレッキングをご案内可能です。
また、個人旅行では2名様から、トレッキングの包括手配をいたします。
 
◎トレッキング1日目


◎1泊目:キャンプ地

◎トレッキング2日目

◎2泊目:砂漠のオアシス(ハンモック泊)

◎トレッキング3日目

◎トレッキング終了。バヘリーニャスへの帰路、ボートで「小レンソイス」訪問

【動画】レンソイス縦走トレッキング

半日・レンソイス日帰り観光・・・混載ツアー<催行:午後のみ>

バレリーニャスを基点に日帰りで、レンソイスを散策する一般的なプランです。
通常は、「半日・混載ツアー」で、14:00~18:00の半日観光に参加します。砂漠での滞在時間は2時間ほどです。

 終日・レンソイス軽ハイキング…専属ガイド・専用車・砂漠の郷土料理

 午前中はラグーナ・アスール周囲を散策、昼食は民家で郷土料理を食べて、午後はラグーナ・ボニータへ歩きに行きます。夕刻はなるべく日没の時間まで滞在する、レンソイスを丸一日楽しむツアーです。
 ※バヘリーニャス~レンソイスは、砂地の悪路が約1時間続きます。2日間で2回の往復はお勧めいたしません。 

小レンソイス

バヘリーニャスから、終日・混載ツアーにて、小レンソイスを観光します。大レンソイスとは少し色の異なる小レンソイスを始め、サルや野鳥の観察(運が良ければ)、大レンソイスと小レンソイスの両方を望めるマンダカルー灯台、そして大西洋岸での食事などをお楽しみいただきます。
 ※混載ツアーでは、9:00~15:00の終日ツアーでの催行です。
 ※レンソイス縦走トレッキングでは、帰路に立ち寄ります。

リオ・デ・ジャネイロ 

リオ・デ・ジャネイロ海岸地区

 旅の最後にリオ・デ・ジャネイロで滞在するのもお勧めです。イパネマ海岸沿いのホテルで優雅に一日を過ごしたり、キリストの像で有名なコルコバードの丘やリオ・デ・ジャネイロのシンボルである巨岩ポン・ジ・アスーカルを観光したり、都会でありながらゆったりと落ち着ける町です。
治安の悪さというイメージはありますが、観光客が滞在するイパネマ地区などの海岸地区は、観光警察により安全です。基本的な外国での安全に対する認識があれば、夜間の出入りにも問題はないでしょう。
居心地の大変良い場所で、一泊だけの滞在では大半の方が数泊したくなる場所です。
 
 
リオ独特の過ごしやすい空気感の一つが、砂糖パン(ポン・ジ・アスーカル)の名前で親しまれる花崗岩の巨岩です。これらの巨岩がリオ周辺にはたくさんあることで、独特の景観だけではなく空気も換えてしまうほどの影響を与えている気がしてなりません。
 
ブラジルの人懐こい人々の雰囲気、そしてリオが作り出す居心地の良い空気はぜひ味わっていただきたいものです。
 
 
単なる国際線の乗り継ぎのゲートとしてではなく、滞在する場所として訪問をお勧めします。
 

<ハイキング>リオ・デ・ジャネイロ海岸トレイル

リオデジャネイロは、ポン・ジ・アスーカル(砂糖パンの岩)に代表されるような花崗岩の奇岩が無数にあり、湾もまた多くあります。
リオ周辺には、海岸部のビーチや山にいくつものトレイルがあり、ハイキング可能です。
徒歩約3時間ほどの軽ハイキングから、徒歩約8時間のハイキングまで体力に合わせて手配可能です。※専属ガイド同行ツアー

イグアスの滝

滝の幅が4km、最大落差80mに及ぶ世界最大の滝イグアスは、アルゼンチンとブラジルの国境に位置します。ブラジル側には、イグアスの滝を俯瞰するような展望台があります。アルゼンチン側では歩道を歩きながら、「悪魔の喉笛」など、滝のすぐ近くを歩きます。アルゼンチン側とブラジル側では滝の見え方が違うので、終日で両方歩くのがベストです。
 
終日観光では、ブラジル側とアルゼンチン側の両方を散策します。アルゼンチン側では、滝壺の近くを歩くので、水量によっては水に濡れることがあります。ブラジル側では、滝を展望台から俯瞰することができます。また、ジェットボートで滝壺近くに入るオプショナル・ツアーを加えることも可能です。
 

アマゾン

◆アマゾン川

世界最大の流域面積を誇るアマゾン川は、世界最大の熱帯雨林を保有する貴重な原生自然が広がる地域です。ジャングルには今も未開のインディオが生活をします。雨季には水位が平均8m上昇し、陸地が極端に少なくなります。ジャングルを歩行するには困難が多く、アマゾン流域では船が重要な交通手段となっています。

 ◆マナウス

20世紀初頭に天然ゴムの「ゴム景気」により繁栄したマナウスは、今も当時の雰囲気を残します。市内には、パリのオペラ座を模したアマゾナス劇場は、当時の繁栄の象徴となっています。日系の移民がマナウス周辺のゴム産業や農業で果たした功績は大きく、ブラジル社会に根付く礎となりました。活気のある市場では、アマゾン川産の様々な魚やフルーツを見ることができます。アマゾン観光の基点となる町です。
 

◆二河川合流地点


マナウスの港からボートで数キロの地点で、ネグロ川とソリモインス川が合流しています。この2河川が合流する所から、アマゾン川となります。ネグロ川の水はジャングルのタンニンで赤黒く透明で、ソリモインス川の水はアンデス山脈の雪解けの土砂で濁っています。この2つの色の違う川は、数キロにわたり、色が混じりあわずに流れています。
 

◆ジャングルロッジ滞在、またはアマゾン・クルーズ

マナウスから、クルーズ船に乗り、ジャングル・ロッジへ移動します。ジャングル・ロッジでは、専属ガイド(英語)が、ピラニア釣り、ハイキング、ボート・ツアー、サンセット・ツアー、ナイト・サファリなどにご案内します。3~4日間滞在するプランから、さらに長く滞在するプランも可能です。滞在期間が長い方が奥地のロッジに行けるので、野生動物観察のチャンスは大きくなります。
 

パンタナール

世界有数の大湿原のパンタナールは、標高100m前後の盆地状に低地に位置します。面積は、日本の本州ほどの大きさです。盆地状の地形に、雨季には大量の水が流れ込むことから、乾季の始めの時期には巨大な氾濫原となります。希少な野生動物の宝庫として有名な地域です。約80種の哺乳類、約50種の爬虫類、約650種の鳥類、約250種の魚類が確認されています。パンタナールを代表する野生動物は、カピバラ、バク、アリクイ、カイマン、アナコンダ、オマキザル、ジャガー(希少動物)、オオハシ、ヘラサギ、スミレコンゴウインコです。乾季の始めには多数の野生動物を観察できます。
 
<ジャングル・ロッジ>
カンポ・グランジから約6時間かけて、湿原の中のロッジへ移動します。ロッジに3連泊して、周辺の野生動物を観察します。その時期に合わせて各アクティビティに専属ガイドがご案内します。アクティビティは、ハイキング、カヌー、4WDツーリング、ナイト・サファリ、ピラニア釣り、乗馬などがあります。各アクティビティはお客様のご希望を基に、当日の気象条件によって専属ガイドが決定します。

地理と気候

南米大陸の約半分を占めるブラジルの面積は約23倍です。気候区分は、地域によって大きく異なります。簡単には、中西部にはパンタナール湿原や大草原が広がる平地が多く、北部はアマゾン川の流域の人跡未踏の熱帯地域です。

 ◆レンソイス

1~6月の雨季に砂漠にしみ込んだ水が、乾季のはじめ(7~8月)に湧き出すことで、無数の湖が現れます。9月から水はひき始めて枯れてしまいますが、魚やカメや植物が生息しています。乾季の間、どのように動植物が生息するのかは、いまだ謎に包まれています。ベストシーズンは、7~8月です。9月からは徐々に湖は枯れていき、10月には完全に干上がって砂漠となります。 

◆アマゾン川流域(マナウス)

赤道直下に位置するため年間を通して雨が多く高温多湿な地域です。雨季は12~5月、乾季は6~11月にあたります。3~7月には、アマゾン川は最高水位に達します。水位の高い時期は、ボートでジャングル奥地に入り込み、ジャングルで野鳥を簡単に観察できます。水位の低い時期は野生動物の観察に適し、ジャングル・ハイキングや釣りに適した時期になります。 

◆パンタナール湿原

雨季と乾季の2つのシーズンに分かれます。雨季は12~3月にあたり、乾季は5~9月にあたります。最も水位が高いのは、雨季が終わり、乾季の始めの時期、5~6月です。雨季と乾季の水位は2mほどの差があり、最高水位時には高台の丘が島のように点在して浮かびます。
ベストシーズンは、7~10月の水位が下がり始める時期です。数が少なくなる沼や川に動物が集まるために、野生動物の観察が容易になります。8月にはブラジルを象徴する花、イッペーが一斉に黄色い花を咲かせます。

  PAGETOP