Loading

「海外トレッキング」に行こう!!

海外トレッキングに行こう!

「海外で山歩き」と聞くと、命がけの冒険のように敷居を高いイメージがあるかもしれません。実際には、海外には、もちろん南米アンデス山脈には、体力や経験に合わせて、初級者から上級者まで様々な難易度のコースがあります。
もしアンデス山脈で歩いてみたいと思ったら、どこの山を歩こうかと考えてみましょう。手配は様々・千差万別ですが、初心者の方でも必ず安全に歩ける手配ができます。見てみたい山があるときには、観光で立ち寄るだけで妥協せずに、まずは専門の山岳旅行社にご相談ください。

<関連ページ>
個人旅行
添乗員同行ツアー
撮影旅行(フォトツアー)

日本の旅行会社に依頼する意味とは

日帰りのオプショナル観光と違い、山を歩くためには現地トレッキング会社とのコミュニケーションが重要です。インターネットという便利なツールがありますが、現地トレッキング会社に直接依頼すると、なかなか上手く行かないケースがでるかもしれません。
自分の体力や、海外旅行の経験と山歩きの経験を踏まえて、見たい山を前に実際は何ができるかは、日本の旅行会社と話しながら、時にはご来社いただき詰めていくと、現場でも整然と山旅に集中できるオーダーメイド手配をできるでしょう。
山歩きにはリスクがありますので、現場で解決できない事態にならないために、経験豊富な日本の旅行会社が手配するのがお勧めです。現地トレッキング会社とも長年の信頼関係があるので、安心・確実な手配ができます。

トレッキングの種類

トレッキングには、体力や経験に合わせて、「日帰りハイキング」「ロッジ泊トレッキング」「テント泊トレッキング」の3種類があります。
ホテルをベースに専属トレッキング・ガイドと歩きたい方には、「日帰りハイキング」を手配します。南米は道路網が発達しているので、名峰の近くまで車で接近できることも多いです。
「ロッジ泊トレッキング」は、山中のロッジに宿泊しながら縦走するトレッキングです。山小屋といえでも、ホテルに近い設備を備えていて、プライベートなスペースも十分あり快適であったりします。
「テント泊トレッキング」は、南米アンデス山脈やヒマラヤ山脈では、現地側ですべての装備を準備しています。その日の歩行に必要なものだけを担ぎ、テント・マット・テーブル・椅子・トイレ・食料などは、現地スタッフやロバで搬送するようなキャラバン型のトレッキングが一般的です。個人装備の一部もポーターやロバで運ぶことになります。これらのロジスティックの手配をうまく運行するためには、現地トレッキング会社と日本の旅行会社が連携する必要があります。

トレッキングに最適な装備とは

トレッキングや現地の気候の内容に合わせて、必要な服装や装備の「リスト」を予めお渡しします。現地お持ちの装備で良いかどうかなど、納得いくまでご相談いただき、疑問無しに旅立てるでしょう。
快適なトレッキングができるようにサポートするシステムがありますので、ぜひ弊社をご利用ください。

関連ページ

パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展... パタゴニア中のほぼ全ての土地が私有地として分断された時代を経て、今は牧場が解体されて行く時代だ。 国際競争の激化による羊毛価格の下落は、牧場の経営に大きく影響している。化学繊維の発達により羊毛のニーズが減っていることもある。 また、羊の飼育過剰により土地の荒廃(砂漠化)が進んでいたことも大き...
テント泊トレッキングの装備④:ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?... ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ? テント泊トレッキングで、ロバ、リャマ、あるいはポーターに預ける荷物は、どのようなバッグが良いでしょう。 それは、トレッキングのコースやスタッフの手配内容で千差万別ですが、総じて下記の二つのどちらかで良いでしょう。 ダッフルバッグ ダッフルバッグは...
パタゴニアのダム建設計画が着工延期:チリ... 「イドロ・アイセン」計画とは、チリの中部パタゴニア(アイセン地方)のベイカー川とパスクア川に、32億ドルの投資により計5基のダムを建設する大計画です。このダムは水力発電用として建設され、発電した電力は2000キロ北にある首都サンティアゴに供給される予定です。この長大な送電線の敷設のために森林も破...
紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森... パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にて、紅葉に紅く染まるブッシュは、ほとんど全てが南極ブナです。 地形に合わせて、高さ20mの森を形成したり、風の強い場所ではハイマツのように小さく育つこともできます。 氷河が溶けた水は鉱物を含み濁っているものの、この南極ブナにより濾過されて、森の中の小川は...
クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力... クリスティーナ牧場の小さな船着場に着くと、宿泊者専用のメイン・キャビンへ、大草原の中を歩いて行く。 ボートに乗っていた大半の乗客は日帰りのツアー客だ。グループ用の別棟で食事をしてアクティビティを楽しむらしい。 宿泊用の部屋は3棟のキャビンにわずか6部屋しかないので、ハイシーズンは連日満室とな...
ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...
PAGE TOP