Loading

添乗員同行ツアー企画(ツアーリーダー:松井章)

添乗員同行ツアー企画

南米に精通した添乗員(ツアーリーダー)が同行するグループ・ツアーです

個人旅行ではなかなか行けない奥地へも、グループツアーであれば行くことができます。

現地ガイド通訳も添乗員がしますので、安心して旅行をお楽しみいただけます。

添乗員同行ツアーは、アンディーナトラベル・クラブで会員限定ツアーを企画しています。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。
★アンディーナトラベル・クラブ★

同行添乗員(ツアーリーダー):松井 章

お仲間と一緒に歩くグループ旅行

海外の山をお仲間だけで歩くのは、一生の思い出となるでしょう。お仲間同士で、オリジナル・プランの貸し切りツアーを一度ご経験されれば、次回もまたグループで旅行したくなるほどの特別な旅行です。
「山の会」やクラブなどで、普段一緒に野山を歩いているお仲間同士でトレッキングをすれば、より想いをトレッキングに集中できるでしょう。パッケージされたトレッキングでは、どのような人と旅をするのかも未知数ですので、グループでのトレッキングがより充実した結果を残せます。
トレッキングの内容や日程も全て、企画段階から参加者の経験・体力をお聞きしながら、グループ独自のオリジナル・プランを作成していきます。

海外トレッキングに行こう!!

南米パタゴニアやアンデス山脈、ヒマラヤ山脈では、初心者でも楽しめる「山歩き」のコースがたくさんあります。一番大切なことは、体力や経験に合わせて、適切な日程をコーディネートすることです。現地トレッキング会社との長年の信頼関係オーダーメイド手配します。
<関連ページ>
「海外トレッキングに行こう!!」

安心のツアーリーダー(添乗員)同行

ご旅行の旅程管理を始め、トレッキングの行程管理を、同行するツアーリーダー(添乗員)が行います。また、ツアーリ-ダーは、現地スペイン語ガイドの通訳もします。トレッキングでは、出発直前の荷物の仕分けなど煩雑な作業が多いので、ツアーリーダーが細かい段取りを行い仕切ります。
※ツアーリ-ダー・・・旅行の旅程管理(添乗員業務)と、トレッキングのグループ・リーダー業務の両方を行うので、弊社トレッキング・ツアーでは同行添乗員を「ツアーリ-ダー」と呼んでいます。

●パルスオキシメーターの携帯
宿泊高度が標高3500m以上の日が含まれるトレッキングでは、ツアーリーダーはパルスオキシメーターを携帯します。参加者の毎日の血中の酸素飽和度と脈拍を測定・記録して、一人一人の健康状態を把握します。
 ※パルスオキシメーターとは、指先から血中酸素飽和度と脈拍を測定する医療機器です。

●衛星携帯電話の所持
トレッキング地域に携帯電話の電波が届かないエリアが含まれる時には、ツアーリーダーは衛星携帯電話を持参します。人工衛星へ直接アクセスすることで携帯電話の電波が届かないエリアでも通話可能です。現場での使用は緊急時に限ります。
 ※北極と南極を除く全世界をカバーするインマルサットを、弊社では利用しています。

安全第一のプランニング

企画の段階から参加者の経験・体力を細かく把握して、無理のないトレッキング行程をご提案します。参加者の足並みに合わせたトレッキングを企画できるのが、グループ旅行の強みであり、より安全性を高めます。

ツアーの出張説明会を開催

トレッキング・エリアの決定の前に、ご希望があれば出張説明会を開催します。現地の美しい写真をスライドでご覧いただきながら、トレッキングの詳細をご案内します。また、トレッキングの出発間際にも、ご希望があれば説明会を開催します。より具体的にトレッキングに必要な荷物や現地状況をお話します。
※出張エリアは関東がメインですが、ご希望があれば、日本中どこにでも出張します。

日帰りハイキングからテント泊トレッキング、そして撮影旅行まで

南米アンデスの各山岳エリアに精通していますので、ご希望や体力・経験に合わせて、“日帰りハイキング”から“テント泊縦走トレッキング”そして撮影旅行まで企画します。参加者全ての経験・体力を踏まえてオリジナル・トレッキングを企画するので、パッケージよりも安全なトレッキングをお楽しみいただけます。

地元ならではの「食」を楽しむ

山歩きだけではなく、南米各地それぞれの“食”もお楽しみください。トレッキング以外の日程では、各地の郷土料理をお楽しみいただきます。トレッキングでも日本食を用意することで、なるべく体力や気力を落とさないように努力します。

関連ページ

モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島... 草原にたたずむモアイは、どこか寂し気に遠くを見ている。モアイの頭の上には、ハヤブサが止まっていた。獲物を見つけるのに、モアイの頭の上はちょうど良い物見台なのだ。ときおりハヤブサが鋭く鳴く声を聴きながら、草に埋もれて風に吹かれるモアイを見ていると、そこには寂しさとは異なる爽やかな無常感をさえ感じる...
丘の上から望む南極の絶景と、雪の華“氷雪藻”... ダンコ島の標高300mほどの山頂に登ると、南極大陸の氷河と海が織りなす絶景が広がっていた。 山頂部にもやはり多くのペンギンがいる。 小さななペンギンがこの山頂にたどり着くには、いったい何時間歩いて来たのだろうか。 大変な苦労をしてペンギンが山頂を目指す理由は不明そのものだ。 一つ...
【グアテマラ】朝のコーヒーと、ケツァール... まだ時差ボケの私は、朝早くから起きました。 こんな時こそコーヒーだ!と思い、グアテアラで買ったコーヒーを淹れました。 袋を開けると、さすがはコーヒー農園で買ったコーヒーだけのことはあり、香りが良いです。 豆を挽くのもご機嫌です。 気になるお味は、もちろん美味しいです。 気持ちは贅沢な朝でした。 上...
ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々... 拡大と縮小を繰り返すレンソイス砂漠の畔。砂漠と文明の隙間に細長く伸びるオアシスは、上空から望めば緑の帯のように見えます。 緑の帯は、広大で豊かなカシューナッツの林です。乾季は収穫の季節です。カシューナッツの林を開墾して、マンディオカ(キャッサバ)が植えられています。ほとんど世話をする必要もなく...
パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」... パタゴニアの名峰:パイネ・クエルノ パタゴニア・パイネ国立公園(チリ)のクエルノ峰は、チリ・パタゴニアを代表する名峰です。 クエルノを始め、グランデ峰、トーレス・デル・パイネ峰などを、どのような角度で望むかにより、訪れる場所や方法も異なります。 「クエルノ」は、スペイン語で「角」を意味...
世界的な美食「ペルー料理」のスター:ガストン・アクリオの偉業... 世界のグルメから注目されるペルー料理を牽引するカリスマ・シェフ ペルーで知らない人はいない、という地位まで上り詰めたシェフ『ガストン・アクリオ』。 1994年にリマにAstrid & Gastonをオープンして以来、ペルー料理の魅力を海外にアピールし、また国内では再認識する活動を続けている。...
PAGE TOP