Loading

旅創りのコンセプト

“南米アンデス”の専門旅行社として、「秘境探訪」「トレッキング」「写真撮影(山岳写真)」などの「体験型」の旅をオーダーメイド手配しています。手配地域は、パタゴニアを中心に、ペルー、ボリビアなど、中南米全域をカバーしています。

南米アンデスの秘境専門で、『体験型』の旅をオーダーメイド手配

観光旅行から一歩踏み込んだ『体験型』の旅行をプロデュースします。南米各国のパートナー会社との長年の取引で蓄積した経験と信頼で、安全な旅を専属ガイド同行で手配します。「秘境探訪」「トレッキング」「写真撮影」をテーマとした旅行は、誰もが体験できる旅です。弊社スタッフがお客様の経験・体力・趣向をお聞きして、安全管理も整った最適な旅をご提案します。「秘境探訪」では、ペルー・アマゾンクルーズやウユニ塩湖、アタカマ高地、エンジェルフォールへ。「トレッキング」では、パタゴニア、ペルー・ブランカ山群、ブラジル・レンソイス砂漠、ベネズエラ・ロライマなどへご案内します。

①南米アンデスの「体験型」旅行をコンセプトに、南米の魅力を伝えます

アンディーナトラベルがご案内する旅行は、南米の全ての源であるアンデス山脈を軸に「体験型」旅行をコンセプトとして、「秘境探訪」「トレッキング」「写真撮影(山岳写真)」にご案内いたします。

②世界観は、‟地の果て”という「何もない世界」に行くこと

南米のいたる所、そして地球のいたる所に、この茫漠ともいえる“何もない世界”が広がっています。むしろ、その茫漠とした何もない世界“地の果て”が、地球の大部分を占めている。今わたしたちがいる世界とは全く異なる、そんなもう一つの世界に身を置いてみる。

その地球を感じてる時間は、きっと生命観に関わる重要なことなんだろうと思っています。パタゴニア、レンソイス、ウユニ塩湖など、南米各地の“地の果て”は、この“何もない世界”をじっくり体感する場所です。

③オーダーメイドの旅創り

アンディーナトラベルは、オーダーメイドの旅創りをサポートしす。一人旅やカップルの個人旅行、お仲間同士のグループ旅行など、旅行相談から手配まで、旅の全てをコーディネートします。

お客様のイメージや希望と、弊社の知識や経験をマッチさせて、旅行を作り上げるのが弊社の役目です。きめ細かなサービスと手配で、旅行計画からご帰国まで、お客様の満足度向上を常に最優先とします。

④安心のサポート体制

安心して旅行をお楽しみいただくために、現地手配会社と緊密に連携した体制で、ご旅行をサポートします。弊社は旅行を企画するにあたり、万全の安全対策と緊急連絡体制の構築に常に取り組んでいます。

万が一の場合には、弊社と現地手配会社は、24時間連絡が可能な緊急連絡体制を敷いています。お客様が安心して現地を旅行するために、安心な現地サポート体制を常に追求していきます。
安全への取り組み

関連ページ

乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
ペルー:コンドルが舞う谷、コルカ・キャニオンへ... コンドルが舞う姿を間近で見るために、世界中からツーリストが“コルカキャニオン”へやってきます。 これほど至近距離でコンドルを見ることができるのは、広い南米でもおそらくここだけでしょう。 天候や風など、コンドルが現れるために必要な自然条件はもちろんあるのですが、圧倒的な高確率でコンドルを見るこ...
水晶の砂粒:ブラジル・レンソイス砂漠の白砂の秘密... アマゾンから運ばれた水晶とレンソイス砂漠 レンソイスの白砂は、純度の高い石英、「水晶」です。 この砂の出所は、レンソイス砂漠から100キロほど南のパルナイーバ川です。 上流から流されてきた土砂の中に、石英が含まれています。 土砂は数万年の年月をかけて波にもまれながら、まるく削られて石英だ...
海外旅行をさらに楽しくする体験:トレッキング... 海外トレッキングで、山や砂漠や草原を歩く。 それは経験豊かな人だけができる特別なこと、そのような敷居の高いイメージが、海外トレッキングにはあるでしょう。 実際にそうなのだろうか。 トレッキングと一言でいっても、山歩きのコース・レベルは千差万別です。 ペルー・インカトレイルだけを見てみても...
パタゴニアの民俗史③ 大開拓時代の到来... 19世紀終盤から始まる「大開拓時代」ともいえる、パタゴニアの転換期は、最も躍動的であった時代です。まだ未知の山域が広がり、その山域に踏み込む人もなく未知は未知として残り、少しずつ羊のための牧場開拓地が広がっていきます。 19世紀終盤から20世紀前半にかけてのパタゴニアは、伝説・情熱・冒険に満ちた時...
パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...
PAGE TOP