Loading

旅創りのコンセプト

“南米アンデス”の専門旅行社として、「秘境探訪」「トレッキング」「写真撮影(山岳写真)」などの「体験型」の旅をオーダーメイド手配しています。手配地域は、パタゴニアを中心に、ペルー、ボリビアなど、中南米全域をカバーしています。

南米アンデスの秘境専門で、『体験型』の旅をオーダーメイド手配

観光旅行から一歩踏み込んだ『体験型』の旅行をプロデュースします。南米各国のパートナー会社との長年の取引で蓄積した経験と信頼で、安全な旅を専属ガイド同行で手配します。「秘境探訪」「トレッキング」「写真撮影」をテーマとした旅行は、誰もが体験できる旅です。弊社スタッフがお客様の経験・体力・趣向をお聞きして、安全管理も整った最適な旅をご提案します。「秘境探訪」では、ペルー・アマゾンクルーズやウユニ塩湖、アタカマ高地、エンジェルフォールへ。「トレッキング」では、パタゴニア、ペルー・ブランカ山群、ブラジル・レンソイス砂漠、ベネズエラ・ロライマなどへご案内します。

①南米アンデスの「体験型」旅行をコンセプトに、南米の魅力を伝えます

アンディーナトラベルがご案内する旅行は、南米の全ての源であるアンデス山脈を軸に「体験型」旅行をコンセプトとして、「秘境探訪」「トレッキング」「写真撮影(山岳写真)」にご案内いたします。

②世界観は、‟地の果て”という「何もない世界」に行くこと

南米のいたる所、そして地球のいたる所に、この茫漠ともいえる“何もない世界”が広がっています。むしろ、その茫漠とした何もない世界“地の果て”が、地球の大部分を占めている。今わたしたちがいる世界とは全く異なる、そんなもう一つの世界に身を置いてみる。

その地球を感じてる時間は、きっと生命観に関わる重要なことなんだろうと思っています。パタゴニア、レンソイス、ウユニ塩湖など、南米各地の“地の果て”は、この“何もない世界”をじっくり体感する場所です。

③オーダーメイドの旅創り

アンディーナトラベルは、オーダーメイドの旅創りをサポートしす。一人旅やカップルの個人旅行、お仲間同士のグループ旅行など、旅行相談から手配まで、旅の全てをコーディネートします。

お客様のイメージや希望と、弊社の知識や経験をマッチさせて、旅行を作り上げるのが弊社の役目です。きめ細かなサービスと手配で、旅行計画からご帰国まで、お客様の満足度向上を常に最優先とします。

④安心のサポート体制

安心して旅行をお楽しみいただくために、現地手配会社と緊密に連携した体制で、ご旅行をサポートします。弊社は旅行を企画するにあたり、万全の安全対策と緊急連絡体制の構築に常に取り組んでいます。

万が一の場合には、弊社と現地手配会社は、24時間連絡が可能な緊急連絡体制を敷いています。お客様が安心して現地を旅行するために、安心な現地サポート体制を常に追求していきます。
安全への取り組み

関連ページ

アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②... 土の中でじっくりと火を通すこと、30分。 「パチャマンカ」は、まさに大地を窯とした、ダッチオーブンならぬ“アースオーブン”です。 いよいよ、土を掘り返します。 何層にも積み重ねた大地の窯を掘り返すのは、汗だくで行う重労働です。 表面の土を掘り返してから、まず最初に出てくるのは...
レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)... 水晶の白い砂漠に湧き上がる入道雲 レンソイス砂漠で大きなもうひとつの存在は、入道雲でしょう。 地平線にとてつもなく巨大な雲がもくもくと迫ることはよくあります。 “砂漠”に“雲”を連想させることは難しいのですが、水分が豊富なレンソイスは大気も割と湿っているのです。 “水”と“砂漠”とい...
刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③... ウユニ塩湖の上でキャンプする、という地の理を活かして 移り変わる時間で変化する「色彩」の変化を楽しみたい 小さな定点観測を決め込み、じっくりとウユニ塩湖に取り組むのも デラックス・キャンパーだからできる特権だ。 黎明から日の出、薄暮から日没、そして満天の星空まで 乾季にはマイナス1...
パタゴニアの民族史① 22時頃、カラファテの遅い日没 パタゴニアの歴史は、もしも欧米人による侵略を基準に考えたのなら、まだたった400年の歴史です。そして、開拓されてからはたった100年ほどしか経っていません。短い歴史ではありますが、その100年にはとても多くの物語があり、パタゴニア史を魅力的なものにしています。先住民...
乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」... 夜の暗闇が訪れると、チチカカ湖の夜空は満点の星空だった。 東の空に“天の川”が現れると、宿の庭に三脚を据えて、じっくりと星空に向き合う。 その前の夕食時に、ボリビア産の“Aranjuez”というワインをいただいたので、3杯ほど飲んでいた。高所なので酔いの回りが早く、おかげで星空撮影の時に...
PAGE TOP