Loading

PHOTO-BLOG

《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け


パタゴニアで迎える朝日。
暴風が吹き荒れる薄明の時間、風に吹き飛ばされそうになりながら、崖の上の展望台に登った。空からは風の轟音が鳴り響いているが、天気は上々で雲間から星も見える。
朝日が昇ると、高積雲のレンズ雲が鮮やかに彩られた。世界が橙色に染まる一瞬は、いつも荘厳でどこか神秘的だ(チリ・パイネ国立公園)

関連ページ

パタゴニア専用ページ:フィッツロイ&パイネ国立公園トレッキング
山岳写真撮影ツアー:専用ページ

関連ページ

パタゴニア開拓史:大草原パンパを旅する牧童・ガウチョ... パタゴニアの大草原・パンパ パタゴニアの東半分に広がる大草原・パンパにいると、あまりにも大きな空はまるで世界を覆っていることに気付く。 都市部や山岳地帯とも異なり、パタゴニアの草原は地平線のどこまでも続き、空はのしかかるように広い。 その大草原の広さは、約20年以上も前に長距離バスで、...
フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)... フィッツロイ山群を遠望する展望台で、夜明けを待つ。 天候がめまぐるしく変わるフィッツロイ山群では、夜明けのわずかの時間の中で、主峰のフィッツロイ峰とセロトーレ峰の両方を望むには、何日も通う粘り強さも必要だが、“運”も重要な要素となってくる。 山や氷河に引けを取らない主役となるのが“雲”だ。 ...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...
パタゴニアで、カヤックを漕ぐ パタゴニアでのアウトドア・スポーツは、カヤックもお勧めです。近年では、カヤックを催行するツアーも現地では行われています。 上の写真では、大きな氷塊の左下にカヤックが二艇いるのが見えるでしょうか? 氷塊は、ウプサラ氷河から流されてきた氷河の一部です。 氷河の近くで漕ぐのは、氷河が崩れた時の波で危険で...
12/10開催「“南米アンデスの山旅”スライドショー」... 厳選ネイチャーフォト・スライドショー 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈に広がる多彩な景観の一部を、弊社代表・松井が撮影した写真をとともに、大画面でご案内します。 次の旅先に、南米アンデス山域を検討するきっかけになればと思います。 「厳選ネイチャーフォトのスライドショー 南米アンデス...
『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作... ジム・ブランデンバーグの傑作「白いオオカミ」 「白い狼」と聞いてすぐにイメージできる人はそういないだろう。 北極の環境に適応した狼の希少種・白いオオカミは、北極点からわずか800キロのカナダ・エルズミア島に生息する。一年の大半が雪で覆われる土地も、近年の温暖化の影響は免れないだろう。すで...

「南米最高峰アコンカグア」登山ツアーの手配

中世スペインとアラビア文明の衝突:ピレネー山脈トレッキングの魅力

関連記事

  1. ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング

    2017.11.11
  2. パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

    2018.06.14
  3. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
  4. フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

    2014.04.04
  5. 目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

    2018.03.23
  6. パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

    2015.02.09
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP