Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓


南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。

ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。
一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。

パタゴニアの森を埋め尽くす南極ブナ「レンガ」

南極地方とも呼ばれる寒冷なパタゴニア地方では、動植物の種類はとても少ないのが特徴です。
パタゴニアの森では、ほぼすべての木が「南極ブナ」の木です。南極ブナには土壌に合わせて3種類ありますが、その中で最も繁栄しているのが「レンガ」です。繁栄の秘訣は、「レンガ」は環境に順応して姿を変えることです。風が強い場所ではハイマツ状に育ち、風が吹かない谷では樹高20mほどの森を形成します。

秋の始まりを告げる南極ブナ

フィッツロイ山麓のエルチャルテン村周辺では、秋の到来は南極ブナが伝えてくれます。森の木々は徐々に黄色へと変化していきます。フィッツロイ直下の尾根を見上げれば、ハイマツ状の南極ブナの木々が黄色から橙色へと変化しています。
この色彩の線が、秋の到来を示すラインで、日に日に標高を下げて近づいてきます。秋の到来を目で追うことができるのです

パタゴニアの紅葉はじっくりと一か月ほどかけて進みます。黄色の木々は、徐々に橙色に変化していきます、朝晩の冷え込みも厳しくなるころです。
夏の森に漂っていた活気はなくなり、森には静かに風にこすれる音だけが響きます。欧米人のバケーション・シーズンも終わり、この頃には訪問するトレッカーも減るのです。

この時期、ハヤブサの仲間である「カランチョ」の求愛シーズンです。運が良ければ求愛のポーズを見ることができるでしょう。

紅く燃える盛秋のパタゴニア

じわじわと色を変化させてきた南極ブナがいよいよ紅く染まる時期を迎えます。橙色から赤色へと変化する盛秋はわずか1週間ほどでしょう。
短い日数で一気に赤くなり散ってしまいます。この短い期間に、山も望めるような好天に恵まれたなら、とても運が良いのです。

南極ブナのレンガが森全体の植生のほとんどを占めるので、紅葉も鮮やかに、森全体を赤に染め上げます。

森そのものが赤く染まるこの季節、壮大な針峰フィッツロイの山麓の赤い絨毯を望めたならば、それは一年で最も美しい絶景であると言い切れます。
この時期、雨が雪に変わることが多く、朝目覚めると雪が積もっていたりします。それでも陽が差すと雪はみるみる溶けてしまいます。

一日の中に四季があると言われるパタゴニアですが、日本同様にパタゴニアの四季もまた春夏秋冬の季節ごとの美しさがあるのです

深紅に色づいた紅葉は、暴風が吹くたびに葉は一気に落ち、冬へと向かいます

パタゴニア関連ページ

パタゴニア関連ページはこちら↓

関連ページ

姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア... パタゴニアに自生する南極ブナは、その環境に合わせて姿を変える。 標高が高く風通しの良い場所では、ハイマツのように地を這い低く小さく育つ。紅葉で色づくのも、まずは背の低い南極ブナからだ。 生息環境に適した場所では、南極ブナは森を形成して20メートルほどの高さに成長する。強烈な嵐の日も、この...
パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け... フィッツロイBCで迎える朝日の時間は、一日で最も美しい時間です。 僕自身も、神々しいフィッツロイの色彩変化を毎回見るたびに、これでおしまい、という覚悟で見るようにしていますが、幸いにも何度も見ることができています。 朝日で紫色にフィッツロイが染まると、“フィッツロイ劇場”のスタートで...
パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ... 南北1800キロの大草原『パンパ』 パタゴニアの草原はとてつもなく広い。南北約1800キロに渡り、延々と荒涼とした草原が広がる。大草原「パンパ」は一見すると何もない荒野だが、ラクダ科のグアナコや小型のダチョウ・ダーウィンレア、そしてピューマが生きる野生動物の土地でもある。そして、150年ほど前...
劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて... 満点の星空 朝、テントから顔を出すと、早朝のまっくらなフィッツロイの様子を見ていると雪が降り始めました。シンシンと降る雪は1cmくらい積もったのではと思います。 雪が止み、雲はぐんぐんと晴れて行き、天気予報通りの晴れに急転。日が差し始めると、驚くほどの速さで雪は消えてしまいました。 このよ...
パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日... パタゴニアの先住民・テウエルチェ族は、フィッツロイを“チャルテン(煙を吐く山)”と呼んでいました。 そして、ヨーロッパの探検家や開拓民も、つい100年ほど前まではフィッツロイを活火山と考えていました。 それほどに、フィッツロイの峰々は雲に覆われることが多い山です。 フィッツロイを望...

パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

関連記事

  1. 森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

    2015.08.26
  2. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
  3. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
  4. 目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

    2018.03.23
  5. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  6. いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓

    2014.04.17
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP