Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓


南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。

ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。
一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。

パタゴニアの森を埋め尽くす南極ブナ「レンガ」

南極地方とも呼ばれる寒冷なパタゴニア地方では、動植物の種類はとても少ないのが特徴です。
パタゴニアの森では、ほぼすべての木が「南極ブナ」の木です。南極ブナには土壌に合わせて3種類ありますが、その中で最も繁栄しているのが「レンガ」です。繁栄の秘訣は、「レンガ」は環境に順応して姿を変えることです。風が強い場所ではハイマツ状に育ち、風が吹かない谷では樹高20mほどの森を形成します。

秋の始まりを告げる南極ブナ

フィッツロイ山麓のエルチャルテン村周辺では、秋の到来は南極ブナが伝えてくれます。森の木々は徐々に黄色へと変化していきます。フィッツロイ直下の尾根を見上げれば、ハイマツ状の南極ブナの木々が黄色から橙色へと変化しています。
この色彩の線が、秋の到来を示すラインで、日に日に標高を下げて近づいてきます。秋の到来を目で追うことができるのです

パタゴニアの紅葉はじっくりと一か月ほどかけて進みます。黄色の木々は、徐々に橙色に変化していきます、朝晩の冷え込みも厳しくなるころです。
夏の森に漂っていた活気はなくなり、森には静かに風にこすれる音だけが響きます。欧米人のバケーション・シーズンも終わり、この頃には訪問するトレッカーも減るのです。

この時期、ハヤブサの仲間である「カランチョ」の求愛シーズンです。運が良ければ求愛のポーズを見ることができるでしょう。

紅く燃える盛秋のパタゴニア

じわじわと色を変化させてきた南極ブナがいよいよ紅く染まる時期を迎えます。橙色から赤色へと変化する盛秋はわずか1週間ほどでしょう。
短い日数で一気に赤くなり散ってしまいます。この短い期間に、山も望めるような好天に恵まれたなら、とても運が良いのです。

南極ブナのレンガが森全体の植生のほとんどを占めるので、紅葉も鮮やかに、森全体を赤に染め上げます。

森そのものが赤く染まるこの季節、壮大な針峰フィッツロイの山麓の赤い絨毯を望めたならば、それは一年で最も美しい絶景であると言い切れます。
この時期、雨が雪に変わることが多く、朝目覚めると雪が積もっていたりします。それでも陽が差すと雪はみるみる溶けてしまいます。

一日の中に四季があると言われるパタゴニアですが、日本同様にパタゴニアの四季もまた春夏秋冬の季節ごとの美しさがあるのです

深紅に色づいた紅葉は、暴風が吹くたびに葉は一気に落ち、冬へと向かいます

パタゴニア関連ページ

パタゴニア関連ページはこちら↓

関連ページ

地平線まで白い大氷原に辿り着く パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 大陸氷床に上がると、世界は実にシンプルとなる “見る”と“聴く”という感覚も極端に単調となり、ある意味では研ぎ澄まされると思う 見ると言っても、大氷原にある色は白と青がほとんどで、 聴くと言っても、足音と風の音だけが聴こえる とても美しい所だが、苛烈なの...
「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲... かつて先住民に「煙を吐く山」という意味で、フィッツロイは“チャルテン”と呼ばれていました。そして、大航海時代に訪れたヨーロッパ人も、フィッツロイを活火山と考える時代が長く続きました。 晴れていたフィッツロイの山頂部に小さく湧いた雲は、いつまでも消えず徐々に大きくなり、フィッツロイを覆っていくこ...
パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ... 天気の良い初秋のある日、はやる気持ちを抑えて、チャルテン村を出発します。 今年から、トレイル入口にはレンジャーが常駐して、入山者の確認をしています。 チャルテン村から望めるフィッツロイ峰は山頂部のみです。 トレイルに入ると、まずは気持ちの良い南極ブナの原生林を歩き、ぐいぐいと標高を...
南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」... 南極ブナの森に生きる大型キツツキ パタゴニアのマゼラン・キツツキは、南米で一番大きなキツツキだ。 南極ブナの森だけに棲息する。 フィッツロイ山麓では、割と簡単に見つけることができる。 誰もいない森の中でじっとしていれば、コツコツと木を突く音が聞こえてくる。 木の幹に潜む虫を捕らえるため...
パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る... 世界3番目の氷塊:パタゴニア南部氷原 パタゴニア南部氷原は、世界で3番目に大きな氷の塊だ。 南極やグリーンランドに次ぐ大きさと言われると、とてつもない巨大な氷の塊であることが分かるだろう。 幅30キロ、長さ300キロほどの細長い谷が、深さ1500mほども氷で埋め尽くされている。その巨大...
フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)... フィッツロイ山群を遠望する展望台で、夜明けを待つ。 天候がめまぐるしく変わるフィッツロイ山群では、夜明けのわずかの時間の中で、主峰のフィッツロイ峰とセロトーレ峰の両方を望むには、何日も通う粘り強さも必要だが、“運”も重要な要素となってくる。 山や氷河に引けを取らない主役となるのが“雲”だ。 ...

パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

関連記事

  1. 北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③

    2015.10.14
  2. ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー

    2014.07.17
  3. 2011パタゴニア旅行 ⑥ヘルシンガー牧場(その二)

    2012.02.12
  4. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  5. パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング

    2016.03.25
  6. 南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

    2017.12.23
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP