Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの朝日と夕日:オーロラのように揺らめく幻想


世界がこの世ならぬ幻想的な表情を見せてくれるのは、朝日の黎明と夕日の黄昏の瞬間ではないだろうか。

パタゴニアでは、独特な暴風が作り出す雲が、ときにオーロラのように空を演出してくれる。それはあまりにも幻想的で、言葉を失うほどに「この世ならぬ」という形容が大げさでないことを知るでしょう。

僕たちが見ている世界の表情はあまりにもごく一部なのだが、微細で豪快な地球の息吹はいつも寛大で、その気になればいつでもその一瞬に立ち会わせてくれる。

ある朝日や夕日を見て、人生が変わってしまうような深い衝撃を受けることだってあるのだ。

耳が痛くなるほどに張り詰めた静寂の中で、光と闇が織りなす壮大な劇に立ち会う。

必要なことは、寒さや静寂の中で、ひたすら待つことだけなのだ。

南米の伝統料理:エンパナーダ

乾季ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地へ

関連記事

  1. パタゴニアのシンボル:カラファテの花①

    2015.09.01
  2. フィッツロイ山麓・ビエドマ氷河ハイキングの魅力

    2014.04.04
  3. 「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検

    2016.03.16
  4. モノクロームの世界:嵐に訪れる一瞬の奇跡(パタゴニア)

    2017.11.20
  5. パタゴニアで、カヤックを漕ぐ

    2013.12.06
  6. パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ>

    2017.04.26
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事


PAGE TOP