Loading

PHOTO-BLOG

オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲

世界がこの世ならぬ幻想的な表情を見せてくれるのは、朝日の黎明と夕日の黄昏の瞬間ではないだろうか。

パタゴニアでは、独特な暴風が作り出す雲が、ときにオーロラのように空を演出してくれる。それはあまりにも幻想的で、言葉を失うほどに「この世ならぬ」という形容が大げさでないことを知るでしょう。

僕たちが見ている世界の表情はあまりにもごく一部なのだが、微細で豪快な地球の息吹はいつも寛大で、その気になればいつでもその一瞬に立ち会わせてくれる。

ある朝日や夕日を見て、人生が変わってしまうような深い衝撃を受けることだってあるのだ。

耳が痛くなるほどに張り詰めた静寂の中で、光と闇が織りなす壮大な劇に立ち会う。

必要なことは、寒さや静寂の中で、ひたすら待つことだけなのだ。

パタゴニア関連ページ

関連ページ

フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
降雪を繰り返し秋と紅葉が深まる:パタゴニア... 日一日と秋が深まり、森林限界から徐々に紅葉のラインが下がって来る。 極北の紅葉とは違い、パタゴニアの秋のペースはとてもゆっくり移り変わります。 この時期には既に雪は何度も降ります。朝までしんしんと降り積もった雪も、太陽が出るとみるみるうちに融けて行きます。 その繰り返しの後、雪の融けないあ...
フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア... フィッツロイを取り巻く雲が一度山頂に張り付けば、なかなか剥がれないものだ。 そんな時には、ほんの一瞬でも山頂が顔を出したなら運が良いだろう。 たとえチャルテンで晴れていても、フィッツロイやセロトーレの山頂の天候とは異なるので、一瞬を待ってじっくりと望める時間が欲しいものだ ...
パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために... 幻想的なフィッツロイ峰の朝日と夕日 パタゴニアの名峰フィッツロイは、その圧倒的な存在感に涙を流す人もいるほどで、それは神様に近いほどなのだ。チャルテン村に暮らす人々は、フィッツロイを毎日仰ぎ見て、飽きることなく見入ってしまう。そんな場所に自由に住めるアルゼンチンの人々が羨ましくてしょうがい。 ...
パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)... 暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。 特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。 雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。 ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。 ...
パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由... フィッツロイ峰でキャンプをお勧めする理由 フィッツロイ峰を目にすると、感動して涙を流す人がいる。 このことが決して大げさでないことは、フィッツロイの目の前に立てばすぐに分かるでしょう。 フィッツロイ峰のハイキングでは、直下のトレス湖を目指して、約8時間のハードなハイキングがちょっとした...

南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

関連記事

  1. フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア

    2015.06.03
  2. 【パタゴニア】フィッツロイ山群ハイキング + エスタンシア滞在の魅力

    2013.11.13
  3. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
  4. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
  5. フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む

    2015.05.06
  6. クッションような灌木が花で覆われる:マタ

    2015.08.22
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP