Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

世界3番目の氷塊:パタゴニア南部氷原

パタゴニア南部氷原は、世界で3番目に大きな氷の塊だ。

南極やグリーンランドに次ぐ大きさと言われると、とてつもない巨大な氷の塊であることが分かるだろう。
幅30キロ、長さ300キロほどの細長い谷が、深さ1500mほども氷で埋め尽くされている。その巨大な氷原から溢れ出した氷が「氷河」となり、有名なペリトモレノ氷河のように高さ50-60mの劇的な末端部の氷壁を形成しているのだ。

南部氷原は荒々しい針峰群の裏側にあるので、その姿を望むには、峠を越えてアプローチする必要がある。今も未踏のエリアが大半を占めるほどで、南部氷原をテーマにパタゴニアを巡ることは一生を懸けることを意味するだろう。

チャルテン村を起点に、フィッツロイ山群を1周するルートは、パタゴニア南部氷原を歩く貴重なルートだ。片道だけでも約3日間かけて、氷河を遡るハードなルートだが、山上では地平線まで真っ白な絶景が広がる。“天上の楽園”とも言える絶景だが、その絶景を享受できるかどうかは、天候が味方するかどうかにもよる。運を天に任せて、激烈なパタゴニアの気候に翻弄される、パタゴニアの究極的なトレッキング・コースかもしれない。

名峰フィッツロイとセロトーレは、望む角度が刻一刻と形を変わるので、いろいろな表情を見せてくれる。セロトーレ峰の西面の直下ではキャンプするのだが、ここはフィッツロイ山群の核心部ともいえる。この秘められた山域を訪れるのは年間で50-100人もいるかどうかというほどだろう。

山麓と氷原を往復する道のりは、氷河創生の歴史を歩いて追体験できる貴重なルートだ。山上の雪原には、スノーシューで歩くほどの雪原が広がる。ここは「ビエドマ氷河」の源流域に当たる。太平洋から偏西風で流れ来る湿った空気がフィッツロイ山群に当たり、膨大な降雪が常に供給されるのだ。降り積もり、自身の雪の重さで、下部は圧縮されて密度の濃い氷が生まれる。下に行けば行くほどに、氷の中の酸素は押し出され圧縮されて、氷河特有の青い氷が生まれるのだ。
その氷が押し出されるように動き始めるのが上流域に当たる。雪原の表面は割れ目(クレバス)が目立つようになる。クレバスが増え始め歩行困難になると、氷河に押し出された土砂の堆積(サイド・モレーン)に上陸だ。氷河の中流~下流域は、広大なパタゴニア南部氷原から溢れ出した氷河が、一本の細い谷に流れ込む。上下左右で圧縮された氷河は撹拌されながら、荒々しく割れて、まさに氷の河となり湖に注ぎ込む様は、上空から鳥の目で望めば、それは青い蛇のように見えるだろう。
最後は花崗岩の岩が積もる荒涼としたガレ場のサイドモレーンを歩き、氷河が湖に崩れ落ちる末端部に到着する。

全8日間の行程で歩き、いわば氷河創生の数万年の歴史を追体験できるわけだ。

これほどのロマンがどこにあるだろうか。

パタゴニア関連ページ

関連ページ

マルコーニ氷河の末端部から、パタゴニア氷原へ登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 大陸氷床から流れ出す氷河の一つ、マルコーニ氷河を目指して、エレクトリコ川を遡る エレクトリコ川の深い谷も、数万年前の氷河の爪痕だ。硬い花崗岩をえぐりながら下流へ幾筋もの谷が流れる。 氷河に磨かれた花崗岩には、いくつもの引っ掻いたような線を見...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア... フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。 気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。 雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。 そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も...
青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)... パタゴニアの大氷河:ビエドマ氷河へ 空よりも青い氷河の「青色」は、グレイシャー・ブルーと呼ばれる。 それは宝石のサファイアブルーのように深くて、自ら発光するような青色です。 思わず嘆声を上げてしまうような奇跡の絶景と感動を、どうしたら伝えることができるだろうか。 パタゴニアは数百...
フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア... フィッツロイを取り巻く雲が一度山頂に張り付けば、なかなか剥がれないものだ。 そんな時には、ほんの一瞬でも山頂が顔を出したなら運が良いだろう。 たとえチャルテンで晴れていても、フィッツロイやセロトーレの山頂の天候とは異なるので、一瞬を待ってじっくりと望める時間が欲しいものだ ...

パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設

貿易風とアマゾンが作る奇跡の絶景:レンソイス砂漠

関連記事

  1. パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り

    2015.10.05
  2. ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」

    2018.03.12
  3. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
  4. パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬

    2018.03.16
  5. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  6. パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ

    2015.04.18
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP