Loading

PHOTO-BLOG

インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く

トレッキング4日目:壮大な遺跡群を歩く

トレッキング最終日は、夜明けに前に起きて、朝日を待ちたいところです。

稜線のキャンプは、インカトレイルで最も展望の良い立地だからです。
ビルカバンバ山群の最高峰サルカンタイ峰(6264m)とウマンタイ峰(5459m)が朝日に照り輝く瞬間は、プユパタマルカにキャンプしなければ望めない特別な展望です。

朝日と氷雪の峰々を望みながら朝食を食べて、いよいよトレッキング最終日の始まりです。

意気揚々とスタッフ達も出発します。
キャンプの真下にあるプユパタマルカ遺跡を見学しながら、少しづつ標高を下げて森の中へ。ここからは山の展望はなくなり、森の中を遺跡見学しながら歩きます。

ここまで来ると、古道の出来はさらに堅固なのとなり、当時の職工たちの執念が伝わってきます。たとえ行く手に大きな岩があったとしても、道は避けることなく、巨岩を階段状に削りながら道は進みます。インカ時代の人々の頑固さをきっと感じることでしょう。

密林に埋もれて、まだ発掘されていない遺跡が顔を覗かせている部分もあります。マチュピチュ遺跡も含めて、まだ当時の遺跡の全容は掴めていないのです。


“太陽の畑”を意味する日当たりの良い斜面の「インティパタ遺跡」も、全容が掴めない巨大遺跡の一つで、密林から一部だけ顔を出しています。
遺跡内の階段を歩き、インカトレイルをさらに奥へ。

お昼前に到着するのが「ウィニャイワイナ遺跡」です。
遺跡を見学する前に昼食を食べて、いよいよ最後の「ウィニャイワイナ遺跡」を見学します。見事な段々畑は半円状に広がります。遺跡の段々畑は下は森に覆われていますが、谷底まで続く巨大な遺跡です。

ウィニャイワイナ遺跡の見学後、いよいよインカトレイルの最後の部分です。最後は、じわじわと登る石段を一歩一歩登ります。ストーリー性までも考えて作られたインカトレイルでは、この最後の登りで景色を見せないのも一つの仕掛けなのかもしれません。

石段のかなたに「門」が見えてきたら、インカトレイルのゴールも間近です。「太陽の門(インティプンク)」をくぐると、目の前にマチュピチュ遺跡が現れます。
4日間かけて歩いた末に現れるマチュピチュ遺跡は感動的で、ときに涙を流す人もいるほどです。

「太陽の門」から望むマチュピチュ遺跡の背後には、巨大なワイナピチュ峰も見えます。「太陽の門」からマチュピチュ遺跡までは、感動の余韻にひたりながら、約40分ほど歩き、トレッキングは終了となります。

この日はマチュピチュ遺跡内に入る時間はありませんので、シャトルバスでマチュピチュ村へ下ります。

先に到着したポーター達が、荷物をホテルに届けているはずです。

4日間のテント泊トレッキングの達成感とともに、まずはシャワーを浴びて、ビールを飲みたいところです。
マチュピチュ村は標高2400mで低いです。インカトレイルで慣れた体には高山病の恐れもないので、ビールの味も格別でしょう。

関連ページ

ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む... マチュピチュの背後に聳えるワイナピチュ峰をよく見ると、断崖の上部は遺跡で覆われているのが分かる。 巨大な宗教施設であるマチュピチュにとって、ワイナピチュはご神体のような存在なのだろう。 ワイナピチュ峰は標高差約300mを登ることになる。直登なので見た目ほどには山頂まで時間はかからない。 ...
ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」... マチュピチュ遺跡への基点:クスコ 標高3400mに位置する、インカ文明の古都クスコは、南米の中で最も魅力のある町の一つです。 丁度良い規模の町にぎっしりと魅力が詰まっているところが、他の中南米の“古都”とは一味違うところでしょう。 マチュピチュ遺跡への通過地点として、クスコを急ぎ足で通...
マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」... マチュピチュ遺跡で、ハイキングをするとしたら、誰でも歩けるコースがあります 1.5~2時間でショート・ハイキングできる「太陽の門」往復がお勧めです。 インカトレイルの終着点である「太陽の門」~マチュピチュ間は、インカ道でも最も精巧な箇所。 参道のような佇まいです。 目...
マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石... 石組みの精巧さの違いで、その建物の重要度が分かる。 神殿などでは、クスコと同じく、針一本をも通さないほどに見事に組み合わされている。 マチュピチュで、そういった宗教的な施設と見られる場所には、巨石がある。巨石を削ったり、あるいは巨石に一体化するかのように石組みを重ね、元々の地形を尊重して...
アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明... アンデス先住民のカラフルな民族衣装 アンデスの民族衣装はなぜ心を打つのだろうか。 ケーナやチャランゴのリズムとともに、街を往来するカラフルな民族衣装の人々は、アンデスの文化そのもので、魔力のような魅力を秘めています それはとても普遍的で、何度訪れても目を奪われてしまう インカの都...
先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...

インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く

南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

関連記事

  1. アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色

    2015.08.08
  2. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
  3. ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ

    2017.12.11
  4. 【ペルー】クスコ滞在も楽しむ

    2013.07.17
  5. アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

    2018.05.08
  6. ペルー料理:アンデスの食材・スーパーフード「キヌア」とは

    2018.05.23
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP