Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

乾季の始めはアンデスの花の季節

6000m級の氷雪峰が屹立するペルー・ブランカ山群は、乾季の初めの数週間ほどが花の季節です。アンデス高原に咲くワイルドフラワーは一斉に咲き乱れ、青や黄色などの花があちこちに咲くので、乾燥したアンデス山脈で最も美しい季節でしょう。

青や紫のルピナスは、この季節のアンデス山脈を象徴する花の一つ。

ルピナスといえば、ニュージランドをイメージされるが、ニュージランドではルピナスは外来種です。アンデスに咲くルピナスは原種です。
派手ではないが可憐に咲き、アンデスの高峰をバックに風に揺れる景色は、私が大好きな景色なのだ。

ブランカ山群で、「花」と「山岳展望」をテーマに1週間ほど巡る旅は、あまりメジャーな場所ではありませんが、山を愛する人は必ず気に入るでしょう。

体力や経験、趣向に合わせて、トレッキングから撮影旅行まで、きめ細かくカスタマイズできるのは、ブランカ山群のもう一つのメリットです。

関連ページ:ペルー専用ページ

関連ページ

ペルー・アンデス:ブランカ山群のワラスから、秘境ワイワッシュ山群へ... ペルー・アンデス山脈の秘境・ワイワッシュ山群へ ブランカ山群の山中でじわじわと宿泊高度を上げる時間をかけた高度順応を経て、弊社オーダーメイド手配の撮影行はいよいよワイワッシュ山群を目指します。 ブランカ山群の拠点ワラスから、豪華キャンプのスタッフとともに、丸一日の悪路を経て、ワイワッシュ...
ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)... ペルー・アンデス:ブランカ山群とは 南米大陸の長大なアンデス山脈の中で、最も氷雪峰が集まる山群が、ペルー・アンカシュ県ワラス近郊の「ブランカ山群」です 6000m峰が林立し、名だたる名峰が集中することから、「南米の屋根」と呼ぶに相応しいエリアです。 基点となる町・ワラスは、標高30...
《ペルー・アンデス》ブランカ山群の名峰ワンツァンの大氷壁... ブランカ山群:ワンツァン峰の大氷壁 氷雪峰が林立するペルー・ブランカ山群の中でも、見事なまでに巨大な氷壁を擁するのがワンツァン峰(6395m)です。 壮麗な氷壁には、ヒマラヤ襞のような美しいアンデス襞が浮き立ちます。 標高差1500mほどの大氷壁の表情は実に様々で、朝日・夕日・星空など...
ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
雲間から現れるチョピカルキに舞うコンドル... 山の写真を撮るためには、待てる時間を作ることがとても重要だ。 高所順応を兼ねて、つづら折りの道を約4,900mの峠まで一気に上がる。 車道が年々良くなっていくので快適だ。 標高3,000mのワラスを基点に、大展望の峠まで車で行けるのは、ブランカ山群の強みだろう。 ワスカランとチョピカルキ...

パタゴニアの草原に宿泊-クリスティーナ牧場(エスタンシア)

写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

関連記事

  1. ペルーを代表する国民飲料「インカ・コーラ」とは

    2017.08.05
  2. ペルー:10ドルで、原生自然の保護「カーボン・オフセット」

    2014.10.30
  3. 【ペルー】ブランカ山群トレッキングの魅力

    2013.05.31
  4. インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ

    2015.03.14
  5. ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」

    2016.05.21
  6. オーロラのような幻想的な雲:パタゴニア・フィッツロイ峰の夕日

    2018.06.17
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP