Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

乾季の始めはアンデスの花の季節

6000m級の氷雪峰が屹立するペルー・ブランカ山群は、乾季の初めの数週間ほどが花の季節です。アンデス高原に咲くワイルドフラワーは一斉に咲き乱れ、青や黄色などの花があちこちに咲くので、乾燥したアンデス山脈で最も美しい季節でしょう。

青や紫のルピナスは、この季節のアンデス山脈を象徴する花の一つ。

ルピナスといえば、ニュージランドをイメージされるが、ニュージランドではルピナスは外来種です。アンデスに咲くルピナスは原種です。
派手ではないが可憐に咲き、アンデスの高峰をバックに風に揺れる景色は、私が大好きな景色なのだ。

ブランカ山群で、「花」と「山岳展望」をテーマに1週間ほど巡る旅は、あまりメジャーな場所ではありませんが、山を愛する人は必ず気に入るでしょう。

体力や経験、趣向に合わせて、トレッキングから撮影旅行まで、きめ細かくカスタマイズできるのは、ブランカ山群のもう一つのメリットです。

関連ページ:ペルー専用ページ

関連ページ

ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
ブランカ山群・ウルタ谷で望むアンデスの大展望... 展望台の背後に聳える、コントライェルバス、ウルタ、チェキアラフの峰々も素晴らしい。ワスカランとチョピカルキを撮影した後には、これらの山も撮ることになる 雨上がりの空気は澄んでいて、雲が山から退いた瞬間に、空や雪のコントラストが美しく映える。 8月頃の乾季終盤は晴天率は上がるが、大気には少し靄...
《山岳写真》ペルー・ブランカ山群の名峰ワンドイの朝日... 長大な南米のアンデス山脈の中で、最も氷雪の峰々が集中するのが、6000m峰を約30座も有するこの“ブランカ山群”だ。 ピラミダルな山容で独特な迫力を放つ名峰ワンドイは、ブランカ山群を代表する山の一つだ ワンドイの美しさは、山頂部の氷の襞にある。 “ヒマラヤ襞”ならぬ“アンデス襞”が...
ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場... ブランカ山群に沿って南北に細長く伸びる広い谷のことを「ワイラス回廊」と呼ぶ。 深く細いヤンガヌコ谷から出て、ワイラス回廊のユンガイ村に出ると、天気は一変して晴れ上がった。 気温も上がり過ごしやすくなる。 先住民の村が、なぜワイラス回廊に集中するかも理解できる気がする。比較的に安定して温暖な...
アンデス山脈の黄昏:氷雪峰の魔法の色彩 -ペルー・ブランカ山群... ペルー・ブランカ山群:名峰ワンツァン(6395m)の夕景 刻々と変化する氷雪峰の色彩変化を見つめるのは、この上ない喜びだ。 それはとても原初的で純粋な感嘆なのだと自身で感じることができるだろう アンデス山脈でひときわ高峰が集まるペルー・ブランカ山群では、朝夕の薄明・薄暮の黄昏時が特にダ...
ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...

パタゴニアの草原に宿泊-クリスティーナ牧場(エスタンシア)

写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

関連記事

  1. インカトレイルの入山許可証について

    2013.05.28
  2. ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村

    2015.07.28
  3. 聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ

    2015.07.30
  4. 《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群

    2017.04.24
  5. 「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞

    2017.10.30
  6. ペルー・マチュピチュ遺跡:2019年からの入場制限

    2018.08.13
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP