Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態

南米の4種類のラクダとは

「南米のラクダ」といえば、リャマやアルパカをイメージされるが、南米には4種類のラクダが生息している。

アンデス山脈の高原(アルティプラーノ)に生息するのが、リャマ・アルパカ・ビクーニャの3種類で、それぞれ生息する標高を住み分けている。最も高所に順応しているビクーニャは4000-5000mに住む希少なラクダなのだ。

▲アルパカ(ペルー)

もう1種類のラクダは、海抜0-1000mの低地に住む「グアナコ」だ。アルゼンチン、チリの草原に広く分布して、主にパタゴニアに生息している。低地に住むラクダとはいえ、乾燥と低温を好む点は他の3種類と同じだ。

緑豊かな場所には馴染まず、ラクダは荒野に適応することで進化してきたストイックな動物だ。ユーラシア大陸に生息するラクダと近縁で、そもそもラクダの祖先は北米らしい。
今では北米にラクダは生息していないので、拡散した先、中央アジアと南米で別々の進化の道を歩み、繁栄してきたのだ。

パタゴニアの草原のシンボル

広大なパタゴニアの荒野を悠々と歩くグアナコの姿は、パタゴニアにいれば誰もが見る景色だ。
牧羊の発展に伴い、グアナコの草原は、大牧場(エスタンシア)として有刺鉄線によりくまなく分割されてしまった。羊の好むコイロン草はグアナコの好物でもあることから、害獣として乱獲された時代の始まりだ。
絶滅を危惧された時代を経て、今ではグアナコは牧場の中も闊歩している。
あまりにも広大なパタゴニアの草原では、草は無限に生えていて、羊とグアナコは十分に共存できると、ようやく人は理解できたわけだ。

今では、どこかユーモラスな表情を浮かべながら、のんびりと草を食む姿はパタゴニアのシンボルなのだ。人をあまり恐れないが、人との一定の間合いがあり、それよりも中に踏み込んでしまうと駆け足で逃げてしまう。その時にグアナコが本気で走ると馬並みに機敏なことを知るものだ

群れで生きるグアナコの生態

グアナコはハーレムを形成して群れで生活している。数十頭もの群れで移動生活をしている。群れの中に身を置くと、草を食む音やじゃれあう音や声が聞こえてきて、思った以上にグアナコの群れは賑やかだ。
見晴らしの良いところには、見張り番をする役のグアナコがいて、敵が近づくと警戒音を発して注意を呼び掛ける。一定の秩序があり、まるで示し合わせたかのうように、人には計り知れないコミュニケーションを取りながら群れは移動を続ける。

“はぐれ”グアナコも時々目にする。おそらく群れを追われた雄のグアナコだ。秋の繁殖期には雄同士の喧嘩を目にするが、負けたグアナコは群れを追われて“はぐれ”グアナコと化すわけだ。
人間社会でいえば、いわばフリーランスに当たるグアナコは、自分の面倒を自分で全て見るわけで、端から見ていてもその孤独さを感じてしまう。
群れに勝者として返り咲いて欲しいものだが、群れからの保護を離れたグアナコの生存はなかなか厳しいだろう。

グアナコの唯一の天敵:ピューマ

動物の種類が少ないパタゴニアで、彼らの唯一の天敵はピューマだ。体長2~3mに達する彼らの主食がグアナコなのだ。

パタゴニアの草原のある部分には、グアナコの死骸を多く見受けることがある。そこはピューマの縄張りなのだ。広大な縄張りのどこかで、ピューマは息をひそめて我々さえをも監視しているのだろう。人に危害を与えることはないので心配は無用。私が知っている限りでは、人を襲った例は一つだけだ。その時はグアナコの毛皮を被っていたので、グアナコと間違えられて襲われたらしい。
人の前にめったに姿を現さないほどに用心深いが、おそらく彼らは岩陰に身を潜めて、縄張りに侵入してきた人をじっと見ている。

グアナコの楽園・パイネ国立公園

チリの「パイネ国立公園」は、グアナコの楽園として知られる。グアナコはおそらく自分たちが最も安全な場所を本能的に知っているのだろう。パイネ国立公園には実に大量のグアナコが生息している。ここでは、人とグアナコの間合いはさらに小さいので、ゆっくり身をかがめていれば、数メートル傍まで接近することも可能だ

保護されていることを知ってか知らずか、国立公園内ではグアナコもまた寛容に人を受け入れる

グアナコの墓場

いつかパタゴニアの草原を車で移動しているときに、近くにグアナコの墓場があると聞いたことがある。アフリカ象の墓場のように、グアナコもなぜかある特定の場所で死を迎えるらしい。

そんなグアナコの墓場がこの先にあるのだと、遠く地平線を指さされたことがある。アルゼンチンの南部パタゴニア、カラファテからエルチャルテン村に走る一本道を疾走しているときのことだ。

今でもその墓場の真偽は分からないのだが、いつかグアナコが最後を迎える墓場を目にしてみたい。

そんな絵空事のような話も、パタゴニアでは実際にあり得そうなほどに、現実と空想が交わる不思議な空間でもあるのだ。

パタゴニア関連ページ

関連ページ

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...
3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間... 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】 「パタゴニア フィッツロイ展望トレッキング&ペリトモレノ氷河 10日間」(3/19~3/28) パタゴニアの秋の初め、3/19出発10日間で「フィッツロイ展望トレッキング」ツアーを企画しています。10日間という短期間ながら、フィッツロイ展望のた...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...
パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁... パタゴニアに自生するイネ科の植物・コイロンが、羊の好物であることを発見されて以来、パタゴニア中のほとんど全ての土地がパッチワーク状に区切り分配されていく。 19世紀後半の開拓時代の初期、最初に羊をもちこんだのはイギリス人であった。当時のアルゼンチン政府はまだパタゴニアの価値に気付かず、手つかず...
パタゴニア開拓史:大草原パンパを旅する牧童・ガウチョ... パタゴニアの大草原・パンパ パタゴニアの東半分に広がる大草原・パンパにいると、あまりにも大きな空はまるで世界を覆っていることに気付く。 都市部や山岳地帯とも異なり、パタゴニアの草原は地平線のどこまでも続き、空はのしかかるように広い。 その大草原の広さは、約20年以上も前に長距離バスで、...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...

海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡

関連記事

  1. アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは

    2015.02.23
  2. シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ

    2018.08.07
  3. 「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

    2013.01.27
  4. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

    2015.10.30
  5. パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

    2015.09.09
  6. 南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

    2015.09.22
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP