Loading

PHOTO-BLOG

お勧めの秘境クルーズ:ガラパゴス諸島、南極大陸、アマゾン

秘境ネイチャー・クルーズの魅力

アンディーナトラベルで手配する秘境クルーズは、乗客30~100人の中型船ネイチャー・クルーズです。乗客が少ないことから機動力があるので、1日をたっぷり現地の自然体験を満喫します。

ガラパゴス諸島「レジェンド号」


3泊4日、4泊5日、6泊7日で、ガラパゴス諸島を巡ります。ガラパゴス諸島では、1日2回のアクティビティをメインに一日を過ごします。
各島を効率的に訪問して、イグアナやペンギン、アオアシカツオドリなどの野生動物を間近で観察できるのが魅力です

1島滞在で日帰り観光する場合やアイランドホッピングに比べて、クルーズ船は夜間の眠っている間に移動を済ませているのが、「クルーズ船」が圧倒的に良い理由となるでしょう。

関連ページ

南極半島クルーズ


南米最南端から往復する南極クルーズは、12~14日間がメインとなります。南極大陸では1日2回のアクティビティをします。上陸する場合には野生動物の観察をしながらハイキングをします。
ペンギン、アザラシの観察を始め、氷河のダイナミックな風景に圧倒されるでしょう。

世界中からツーリストが訪れる南極クルーズは非常に混んでいるので、2018~2019年シーズンは既に満席で、次のシーズンである、2019年11月~2020年3月シーズンが販売開始されています。

関連ページ

アマゾンクルーズ「デルフィン号」と「アリア号」


アマゾンの玄関となる町、ペルーのイキトスを基点に、3泊4日または4泊5日でアマゾンを巡ります。5星のサービスで巡るアマゾン・クルーズの魅力は、やはり効率的に巡れることが大きな魅力です。
アマゾンの過酷な環境を旅行するのはなかなか大変ですが、クルーズではエアコンの利いた環境で快適・清潔に過ごせるのも魅力です。

1日2回のアクティビティでは、上陸してハイキングしたり、ボートから野生動物を観察したりします。クルーズ船はアマゾンの奥地へと入り込むので、絶滅危惧種のピンクイルカも観察することができるでしょう

関連ページ

関連ページ

ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村... アンデスの農作業は、ほとんどが手作業だ。 鍬で土を掘り返したり、トウモロコシの皮を剥く作業を少しだけ手伝ったが、大変な重労働であった。 わずかでも、その土地の土や植物に触れあうと、見える世界も少し変わる気がした。 ミスミナイ村では、ハイキング、織物体験、農業体験、ホームステイ、乗馬体験...
効率的な南極旅行:飛行機と船で行く「フライ&クルーズ」... 最短日程で行く南極 世界最後の秘境として人気の「南極大陸」は、一般的には南米最南端の町から12~14日間で往復します。日本発着では最短でも2週間以上を必要とすることから、やはり世界で最も遠い旅行先です。 近年、この南極へ「飛行機」と「船」で往復する6日間のプランが人気です。日本発着でも1...
アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ... アンデス高原鉄道のアンディアンエクスプローラ号にて。 展望車両で景色を眺めていると、民族音楽(フォルクローレ)の楽団が音楽を奏で始めた。ケーナとチャランゴの音色は、どこか哀愁を漂わせていて、アンデスの高原(アルティプラーノ)の風景にピッタリと合う。 音楽と風景の不可分の関係性を、フォルク...
インカトレイルの魅力② サヤクマルカ遺跡~マチュピチュ遺跡... 2泊目のパカマヨ・キャンプでは、インカの遺跡である段々畑(アンデネス)の段にテントを張ります。 3日目は、飛脚(チャスキ)の休憩所であったルンクラカイ遺跡を通りルンクラカイ峠を越えると、徐々に道はインカ道らしく整備されてきます。 城塞都市としての機能があったと言われるサヤクマルカ遺跡。高台にありま...
【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日... ペルー・アマゾンの夕日 ほぼ赤道直下のアマゾンでは、年間を通してほぼ同じ時刻、日の出は6時、日没は18時頃です。 パタゴニアやアラスカのような緯度の高い極地の朝日や夕日は、ときに何時間もかけてじわじわと変化していきます。 それに比べると、赤道直下の朝日や夕日はとても短く、しかし一瞬に燃...
ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する... ペルー・ブランカ山群の魅力は、ヒマラヤ並の山岳展望が望めることに加えて、人々の生活風景を撮影できることも魅力です。 アンデスの山麓の村々では、民族衣装を着た人々が今も街を行き交います。 写真を撮られることに慣れない人々ですので、笑顔を撮るチャンスを作るには、 少し長めの日程を取り...

《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング

雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来

関連記事

  1. ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)

    2016.07.03
  2. ペルー・インカを象徴する花:国花カントゥータ(ハナシノブ科)

    2018.04.16
  3. 天敵がいない野生動物の楽園:ガラパゴス諸島レジェンド号クルーズ

    2018.07.09
  4. マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ

    2015.08.05
  5. ブランカ山群を歩く【ペルー・アンデス】

    2012.05.16
  6. ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望

    2017.04.29
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP