Loading

PHOTO-BLOG

ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて

圧倒的に広い南米大陸の大地

南米大陸で巡り合わせた風景は、空も山も大きくて、人の存在は圧倒的に小さいものだ

日本の風景や生活に“渇望”される何かが、南米の風景には秘められているのだろうか。その曖昧模糊な乾いた無意識が、異次元的なスケールと麗しい生命の営みが織りなす南米的な風景に惹きつけられるのかもしれない。

壮麗なペルー・アンデス山脈

ペルー中部のアンデス山脈には、南米の中で最も美しく壮麗な山々が集中している。

ペルーのスイスとも言われる町「ワラス」は、5000-6000m峰が連なる「ブランカ山群」と「ワイワッシュ山群」の基点となる町だ。ワラスの町からは、ペルー最高峰ワスカラン峰(6768m)を間近に望む。大地の恵みの象徴的な山が町の横に鎮座している。

山麓に暮らす多くの人々の生活は今もなお、山から流れ出す恵みが生活・農業の生命線だ。そして、思いのほか人が多く住むことに気付くだろう。それだけの生活を養う恵みをもたらすほどに、アンデス山脈は豊穣なのだ。
その大地の恵みを最大限に活かして共生する仕組みは、インカ文明、そしてインカ以前から営々と受け継がれた文化が築き上げた知恵の結晶なのだ。古代から受け継がれたキヌアやルピナス、ジャガイモの畑が、山麓の斜面をパッチワーク状に彩る。

壮麗な氷雪をまとう峰々を背景に、アンデスらしい生命の営みや自然の摂理をいくつも垣間見ることができる。太平洋から流されて来る入道雲と青い空、収穫期を迎え金色に輝くキヌアの畑、カラフルな民族衣装をまとう先住民ケチュア族の人々。アンデスらしい要素が凝縮した風景が広がる。

そんな風景を見るのであれば、ワラス周辺のブランカ山群だけではなく、クスコ近郊で言えばアウサンガテ山群やウルバンバ山群、ビルカバンバ山群がある。マチュピチュ遺跡のインカトレイルやレインボーマウンテンもこれらの山群にあるのだ。

ボリビア:チチカカ湖から望むレアル山群の絶景

チチカカ湖の東側は、ボリビアだ。チチカカ湖に海軍を持つ内陸国のボリビアは、アンデスの山の国だ。
チチカカ湖の太陽の「島」からは、巨大な湖の向こうに屏風のようなレアル山群を望める。

インカ文明発祥の地と言われる聖なる島は、車道がないほどに素朴な島で、この島に宿泊して、アンデス山脈を展望するのも楽しい。
朝日や夕日の美しさは秀逸だ。夜は星空をレアル山群を撮影できる。

遠くラパスの方を望めば、霊峰イリマニも望める。ボリビア・アンデス山脈の穴場のような場所なのだ

アンデス山脈の“天蓋”とも呼ぶべき山岳展望地を訪ねる「アンデス山脈の巡礼」の旅は。いかがだろうか。

関連ページ

関連ページ

ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁... ブランカ山群の名峰:ワンツァンの大氷壁とラフコルタ谷 南米随一の山岳展望を誇るブランカ山群。 大氷壁をたたえるワンツァンの迫力は、ブランカ山群でも群を抜く山岳写真の撮影には最適な絶景だ。 ワンツァン(6395m)の氷壁は圧巻だ。 左右に屏風のように広がる氷壁は見事なアンデス襞をたたえ...
アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色... アンデス高原鉄道・アンディアンエクスプローラ号は町に入ると、鉄道は速度を緩めて徐行する。 線路の両側はギリギリまで露店の軒先が伸びていて、油断すると展望車両の乗客は接触してしまいそうだ。 鉄道が通り過ぎると、何事もなかったように線路を人々が行き交う。なかには風呂敷を広げて露店を再開する人...
マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー... マチュピチュの日の出は少し遅い。 周囲はもっと標高の高い山々に囲まれて、マチュピチュは深い谷の中腹に位置するからだ。 早朝の夜明けの後、太陽が東の山の端から顔を出すまでは、少し静かな時間がある。 ひとたび陽光がワイナピチュ峰の山頂を照らすと、遺跡に陽が届くのは早い。 斜光線に照らされ...
ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)... ワスカラン北峰も、山頂部だけ雲から姿を現した。 丸くどっしりとした存在感を持つのが北峰だが、左の南峰の方が山容が派手で美しい。 明け方まで見えていたワンドイは、日の出の頃から厚い雲の中に姿を隠してしまった。ピスコとチャクララフも雲に隠れていて、とうとう姿を現さなかった。 上空の風は強い...
ペルー・ブランカ山群:グランピングの快適な宿泊設備... アンデス山脈でゴージャスなグランピング:ブランカ山群&ワイワッシュ山群 ペルー・ワラスを基点に、ブランカ山群とワイワッシュ山群で催行する「デラックス・キャンプ」の大きなポイントは、ホテルのような快適性を目指していることです。 各自シングル利用の大型テントは、高さ180cm以上あるので、屈...
ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)... ペルー・アンデス:ブランカ山群とは 南米大陸の長大なアンデス山脈の中で、最も氷雪峰が集まる山群が、ペルー・アンカシュ県ワラス近郊の「ブランカ山群」です 6000m峰が林立し、名だたる名峰が集中することから、「南米の屋根」と呼ぶに相応しいエリアです。 基点となる町・ワラスは、標高30...

「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング

関連記事

  1. ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

    2015.07.16
  2. ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)

    2016.06.21
  3. 6月24日は、「太陽の祭(インティライミ)」の日です。

    2013.03.05
  4. マチュピチュを歩いて感じる旅①

    2012.03.28
  5. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
  6. 世界のペルー料理:ウルバンバ谷の美食レストラン

    2016.06.22
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP