Loading

PHOTO-BLOG

《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島

南米最高峰アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰テレバカ登頂 13日間

◆2018年2月7日発 アンディーナトラベル・クラブ会員限定ツアーの特別企画です。
◆詳しい日程表と料金表は、お問い合わせください。

南米最高峰アコンカグアでは、南壁の展望にこだわった、テント泊トレッキングをします。宿泊高度は約3300mで、一日当りの歩行時間は約5~6時間です。山歩きの経験は必要ですが、ハードなトレッキングではなく、海外トレッキング中級者向けの内容です。ネパール・ヒマラヤでいえば、エベレスト街道のナムチェ往復トレッキングと同程度です。
アコンカグア展望チャンスを最優先に考えたトレッキング日程です。共同装備・個人装備はロバが運びますので、日帰り装備で歩きます。カメラ機材のポーターを希望の方には、常に横を歩くポーターも手配可能です。

後半は、イースター島へ。最高峰の山頂から太平洋を望むハイキングの歩行時間は約3時間、ハイキング以外でも、モアイの海岸で朝日や星空を望みます。
日数は日本発着13日間です。

前半の「アコンカグア展望トレッキング」と後半の「イースター島」から構成されています。チリのサンティアゴ基点のツアーですので、前半か後半のどちらか片方だけのご参加(途中参加・または途中離団)も可能です。

ご興味ある方は、トラベル・クラブにご加入のうえ、お問い合わせくださいませ。
●トラベルクラブ会員ページ:http://www.andina-travel.com/travelclub

アコンカグア入域に伴う健康状態と旅行保険

アコンカグア入域の許可証の取得に当たり、「健康に関する質問書(日本語)」を各自ご記入いただき、弊社が英語に翻訳して現地国立公園に提出します。国立公園に提出する前に、アコンカグアの山岳ガイド事務所のスタッフも確認します。
また、ベースキャンプのコンフルエンシアでは、常駐の医師によるメディカル・チェックがあります。ベースキャンプ到着時の体調によっては、万が一ですが、常駐医師の指示により対象者だけは下山を余儀なくされる場合もあります。ツアーリーダーは高所順応とお客様の健康管理に最大限努力いたしますが、万が一の事態の際には、同行させるスタッフ(別料金)を雇い下山を余儀なくされる場合もございます。
この事態を避けるために、「健康に関する質問書(日本語)」を基に、弊社は山岳ガイド事務所を通して、国立公園局への連絡を密にしています。また、トレッキング前日の午後は、高所順応日として休憩時間に充てています。
「海外旅行保険」の詳細も国立公園に提出いたします。万が一の際には、弊社指定の海外旅行保険にご加入いただくと、帰国後の対応も弊社がサポートできますので、なるべく弊社指定の海外旅行保険にご加入いただければと存じます。

関連ページ

古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸... 古代の海洋文化圏を軸に結ぶ太平洋のルート ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3つを結ぶ広大なエリアが、ポリネシアと呼ばれる地域です。マゼランやクック船長が来るはるか数百年、あるいは千年以上も前に、すでにポリネシア人はイースター島に到着していました。 海を渡ってきたことは確かですが、西洋...
南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング... 約2500mの大岩壁を望む 「アコンカグア山頂の嵐(チボル・セケリ著)」は、学生時代の愛読書の一つであった。山頂部の嵐の描写とともに、人間の心理や葛藤を、最高峰アコンカグアという山を舞台に書き上げた名作だ。南米大陸への憧れや方向性を決定的にするようなインパクトのある本であった。 南米最高...
南米最高峰アコンカグアへ④:アンデス高原の花畑... 巨大なアコンカグアの迫力を前に、山々の展望に目を奪われるが、ふと目を地面に落とせば、そこには花々の世界があった。 2月のアコンカグア山麓は盛夏で、花の季節は過ぎているが、それでもあちこちに花が咲いている。 一番目を引いたのは、シレンゲの白い花だろうか。びっしりと細かい針に覆われた少し危険...
南米最高峰アコンカグアへ①:オルコネス谷... 「アンデス山脈の盟主」南米最高峰アコンカグア(6962m)は、威風堂々とした巨大な山容が特徴だ。 アルゼンチン・チリ国境付近の山麓、オルコネス谷は遠望ながらも、その巨大さに圧倒されるだろう。 オルコネス谷(2800-3000m)から望むアコンカグアの展望は、前衛峰や左右の谷に隠される...
南米最高峰アコンカグアへ③:オルコネス氷河から南壁の大絶壁へ... 朝日の最初の光線がアコンカグアを照らすと、黎明に浮かぶ山頂部は一瞬で橙色に燃えるように輝いた。 静かな朝だが、上空は風が強いのだろう。山頂部に雪煙が舞っている。 日の光はますます力を増して、ベースキャンプに日が差すと、水たまりの氷はみるみる融けて、気温は一気に上がっていく。 ベース...
モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島... 草原にたたずむモアイは、どこか寂し気に遠くを見ている。モアイの頭の上には、ハヤブサが止まっていた。獲物を見つけるのに、モアイの頭の上はちょうど良い物見台なのだ。ときおりハヤブサが鋭く鳴く声を聴きながら、草に埋もれて風に吹かれるモアイを見ていると、そこには寂しさとは異なる爽やかな無常感をさえ感じる...

オーダーメイドの額装写真-アートパネル:パタゴニア

パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

関連記事

  1. アルゼンチン:ツーリストへの免税で目指す観光立国

    2017.04.20
  2. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  3. アタカマ塩湖のフラミンゴとリカンカブール山

    2015.07.06
  4. フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

    2017.08.01
  5. パタゴニアから

    2013.01.10
  6. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP